働く母ちゃん

ワーママとして3歳の息子の子育てや仕事、趣味のことなど雑多に書いてます。最近は息子の影響で鉄子になりつつあります。海外ドラマではGOTにはまってます。

Amazonのトラブル対応がすばらしかったお話

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

以前の更新から1ヶ月以上あいてしまいましたが、仕事が忙しかったり、年末年始は購入した一眼レフにはまっていたりとバタバタしてました。

購入した一眼レフについては今度まとめて記事にしようと思いますが、今回一眼レフ購入にあたり周辺機器を揃える中でトラブルに見舞われてしまいました。

よくある頼んだ製品と違う製品が届くやつです。

Amazonのレビューではよく見てましたが、まさか自分に起きるとは…これまでたくさん頼んで起きなかったのが奇跡なのかは知りませんが、年始早々やられてしまいました…頼んだものと違うものが届いた時どうすればいいんだ!!と困ったので自分の備忘録としても残したいと思います。


頼んだ製品はこちら。

新しく買った一眼レフにWi-Fi機能がなかったので、メモリーカードに機能付きのものを新たに購入しました。…が届いた品物を開けるとまさかのiPhoneの透明ケース…??

※イメージ

困ったのでさっそくAmazonへ問い合わせ。Amazonのアプリの三本線から

カスタマーサービス

1番下までスクロールして
カスタマーサービスに連絡

電話でのお問い合わせ

これはEメールでもいいですが、私は結構早めに解決したかったので電話にしました。そして今すぐ掛けてもらうを選択して数秒後に掛かってきました。(それにも驚き)

電話口の声のすてきなお姉さんに事情を説明。

その時聞かれたのが間違って届いたものがどんなものだったかということ。届いた時の袋はないですか?と聞かれたので捨てたけど袋をゴミ箱から拾ってきました。そしてその袋にあったバーコードに書かれていた番号を話すと理解していただけました。

今回のトラブルは、出品者は別の会社であり、Amazonはその出品者から物を受け取って配送するだけで、中身の確認までは行っていなかった製品だそうです。まあ仕方ないな…と思い、新たに製品を注文するか、でもまた同じトラブルは嫌だ…とお姉さんに相談したら、Amazonから販売している製品がありますよ、と言われました。

電話をしながらAmazonでその製品を確認すると私が買った時より高い…!!これはどうにかならないのか?差額の料金はどうなるのか?と聞いたら「ちょっとお待ちください」と言って1分後くらいに

「差額はその製品を購入いただければAmazonのポイントとしてお引きいたします」と。*1

すばらしい…!!ということで電話口で確認しながら再購入手続き。そして間違って届いた製品の返品手続きをシステム的に済ませていただいて、私の方での返品方法を教えてもらいました!その間約10分。

年末にAmazonではない全然別のサービスでカスタマーサービスに問い合わせたことがありますが、その時のトラブル時の対応方法に雲泥の差を感じました。Amazonの場合、よくある問い合わせで対応方法がマニュアル化されてるのも大きいのだとは思いますが、こういったトラブルがあった時にストレスなく手続きできるのは大変助かります。

この後届いたものの返品手続きを私の方でやります。自宅への引き取りサービスもありましたが、早く返品したかったので、私はコンビニでの手続きを選びました。

Amazonへのお願いとしては、この返品を出品者にフィードバックしてもらうことでしょうか。

今回のトラブルから学んだ教訓

  • 届いたものは頼んだもので間違いないかすぐ確認
  • 確認が終わるまで届いた時の箱や袋はすぐ捨てない
  • 間違ったものが届いたらすぐAmazonに連絡

年始早々トラブルに見舞われたものの、気持ちよく解決できてよかったです。

スポンサーリンク

*1:なんでも使えるポイントとしてついたわけではなく、特定製品、つまり今回はAmazonから販売している頼んだものと同じ製品に対してのみ適用されるポイント