働くダラ母

趣味の海外ドラマと時々仕事、家事、育児を綴るダラなワーママブログ。

NYガールズダイアリー 〜大胆不敵な私たち〜 シーズン1第5話 ネタバレ感想

初めて次回が気になる終わり方をした!第5話ネタバレ感想です〜

. ※こちらはアメリカ版なので字幕なしですね…

各回のネタバレ感想記事はこちら↓

目次

ストーリー

ジェーンは元銀行員からストリッパーになった女性の記事を書いたが、プライバシーを侵害されたといって訴えられてしまう。
自分の記事のなにがいけなかったのかわからないジェーンはやきもきする。
リチャードが担当となり示談交渉することになって不満に思うジェーン。
示談交渉の場で話すなと言われていたにもかかわらず、ストリッパーを見下す偏見のある発言をして示談が破断してしまう。
サットン経由で女性の息子が不当に学校を退学させられたことを知ったジェーンは自分が偏見的な発言をしたことを認め、直接女性に謝りに行く。
次の示談交渉の時、女性は現れず記事を削除することで示談に応じると言い、ジェーンは受け入れる。

サットンはオリヴァーの助手として契約書にサインをしようとするが、初任給が安すぎて保留してしまう。
オリヴァーに交渉するも、助手の給料としては平均的だと言われてしまう。
悩むサットンはジェーンとキャットに給料を主張すべきだと言われるが、すでに前職のアシスタントには別の人がやって来ているから辞めたら生活ができないと2人とケンカしてしまう。
翌日サットンに謝ったジェーンとキャット。
交渉がダメなら家賃タダで住ませるから交渉してくるよう励まされる。
サットンは初任給が上げられないならランチの補助と残業代、出張費の手当てが欲しいことと3ヶ月後に評価して欲しいことを伝える。
オリヴァーはその要求を飲み、無事サットンは助手になれた。

キャットはセックスはしないもののアディーナの一晩を過ごす。
しかしアディーナには付き合っている彼女ココがいた。
別れるというアディーナだが、中々うまくいかず、アディーナとの電話中に間違ってアディーナとのことをスカーレットのTwitterアカウントでツイートしてしまう。
ジャクリーンにバレただけで済んだが、キャットはジャクリーンに心配される。
キャットがアディーナと過ごしている時にココから2回も電話がかかってくる。
ココが気になってSNSで検索してしまったキャットは煮え切らないアディーナに対してもう無理と言ってしまう。
アディーナは直接会いに来て話をするが、キャットはアディーナと話をせずに帰してしまう。
しかしモヤモヤしたキャットはスカーレットのイベントで元気をもらい、アディーナに会いに行く。
自分の発言を謝ったキャットだったが、アディーナはココと寄りを戻すと言う。

スポンサーリンク

感想

初めて気になる終わり方した上にモヤモヤする〜!!
キャットは不安になって突き放したんだろうけど、これだとまあアディーナも困るよね。
アディーナが煮え切らないのもどうかと思うけど。
同性愛関係なく恋愛でよく見る場面。
さてさてどうなる!?
ジェーンは自分が偏見を持たないと思ってたけど、その偏見を認められたのはよかった。
私も自分は偏見を持たないようにしようとは思ってるけど、結構後から思うと偏見だったと思うことがあるからちゃんと自分の誤りに気付いたり反省できるようにならないといけないと改めて思ったな。

このドラマを観る方法

2018/12/19時点でHulu独占配信。
Huluで観るのが1番よいかと思います。
私もオスマン帝国外伝が終わって退会しましたが、Huluに再加入しました。
NYガールズダイアリーが終わったらまた辞めるつもりです。
2週間無料トライアルもあるので、興味を持った方はどうぞ。↓

スポンサーリンク