働くダラ母

趣味の海外ドラマと時々仕事、家事、育児を綴るダラなワーママブログ。

NYガールズダイアリー 〜大胆不敵な私たち〜 シーズン1第6話 ネタバレ感想

第6話は自分の健康について考えさせられる回でした。
ではネタバレ感想です!

. ※こちらはアメリカ版なので字幕なしですね…

各回のネタバレ感想記事はこちら↓

目次

ストーリー

ジェーンは乳がんの遺伝子検査についての取材をジャクリーンより命じられるが、憂鬱だった。
理由は自分の母親を乳がんで幼い頃に亡くしていたからだった。
遺伝子検査を勧める医師に会ったジェーンは強く検査に反対する姿勢で取材に挑む。
その際、自分の家族について聞かれ母親が乳がんであることを告げると医師からは遺伝子検査を勧められる。
会社に戻ったジェーンはジャクリーンに取材のことを聞かれ、母親を幼い頃に亡くしたことから乳がんや病院が怖いことをまくし立て、自分はジャクリーンの駒でしかないと暴言を吐いてしまう。
落ち着くために散歩に出るように言われたジェーンは失業を恐れるが、ジャクリーンからとある場所に来るように誘われる。
そこはジャクリーンの家だった。
ジャクリーンは自分のことを話し、ジェーンにも話すように言う。
打ち解けたジェーンはジャクリーンに自分の恐怖に立ち向かうために情報を得ることを勧める。
ジェーンは遺伝子検査を決意し、取材に行った病院で検査を受ける。
結果、遺伝子検査結果は陽性だったが、健康であるためリスクは高いがなにかしらの対策を打つことになる。

乳がんのキャンペーンとして乳首の写真をインスタグラムに上げたキャットはインスタグラムの規約に触れるためやめるように役員会から言われる。
女性の乳首は違法じゃないと訴えるキャットだが、聞き入れてもらえない。
パリに行ってココとよりを戻しているアディーナとは友達関係を続けていたキャットは、アディーナからの写真にヒントを得て彫像や男性の乳首をインスタグラムに上げる。
しかし、再び役員会からやめるように言われ、ジャクリーンから乳がんに向き合おうとする女性の恐怖は本人にしかわからないと諭され、その女性であるジェーンが身近にいるだろうと言われてジェーンの側に寄り添う。

サットンはオリヴァーの助手として初仕事の日を迎えるが、コーヒーを買ってくるなどの雑用を頼まれて不満気。
そこにオリヴァーが使いたかったネックレスを貸してくれない問題が起き、なんとかネックレスを手に入れてみせるとオリヴァーに言う。
サットンはそのネックレスを持つ会社の友達に服と交換して借りるが、ジェーンがジャクリーンに怒られたショックを電話して来た際にタクシーに忘れてしまう。
タクシー会社に電話するも会社や車種も特定できないため見つからなかったところにアレックスがやって来て監視カメラを確認すればいいとサットンは思いつく。
アレックスと一緒に監視カメラがあるクリーニング店に交渉しに行くも難航。
しかしなんとか説得に成功し、タクシー会社と車種が判明、ネックレスを手に入れる。
喜びを分かち合うアレックスとサットンだが、サットンと電話してサットンのところまでやってきたリチャードと会ってしまう。
リチャードと付き合っているのかと問うアレックスに、サットンは内緒にして欲しいと言うが、付き合ってなかったらサットンにキスしたのに、と告白する。
無事オリヴァーにネックレスを渡したサットンはオリヴァーに褒められる。

スポンサーリンク

感想

ジェーンの母親のことを吐露する場面、私もうるっと来てしまった。
ジャクリーンに楯突くところも、私もやりたい!って思うくらい。
でもジャクリーンめっちゃいい上司だから楯突くことはなさそう笑
乳首を出す出さないの問題、日本では合法だとしても今の風潮だったら絶対乳首は出さないだろうなぁ、と。
乳首を出す出さないの差別についてもあんまり差別だと考えたことなかったから、やっぱり育ってきた文化的背景って刷り込みになっててダメだね。
いろんな見方ができるように成長していきたいなと思う。

このドラマを観る方法

2018/12/19時点でHulu独占配信。
Huluで観るのが1番よいかと思います。
私もオスマン帝国外伝が終わって退会しましたが、Huluに再加入しました。
NYガールズダイアリーが終わったらまた辞めるつもりです。
2週間無料トライアルもあるので、興味を持った方はどうぞ。↓

スポンサーリンク