働くダラ母

趣味の海外ドラマと時々仕事、家事、育児を綴るダラなワーママブログ。

NYガールズダイアリー 〜大胆不敵な私たち〜 シーズン2第5話 ネタバレ感想

サットン、不幸続きだね…
ゴールデンウィークで時間がなかなか取れず更新が遅くなったけど、第5話のネタバレ感想いくよー!

. ※こちらはアメリカ版なので字幕なしですね…

シーズン1のネタバレ感想記事はこちらからどうぞ。

目次

ストーリー

ジェーンはベンと楽しいひと時を過ごす。
ライアンからの情報で面接が決まったジェーン。
面接でも好感触だったため期待するが、ライアンから多様性の問題で不採用になったと伝えられる。
そのことで愚痴を言うジェーンに、キャットは強者の理論だと言って喧嘩になる。

キャットはSNSの部門立ち上げのメンバーを探していたがこれといった人材が見つからない。
そんな時オリヴァーからアドバイスを受けてTwitterで人材を探す。
するとフォロワー数も多く、鋭い視点を持ったアンジーという女性が見つかる。
直接会って気に入ったキャットは会社に推薦するも、大卒ではないことを理由に断られる。
しかし諦めきれないキャットはジャクリーンとリチャードに頼んで役員に直談判することになる。
ただ、急に役員会に出ることになったため現職を辞められないアンジーは困ってしまう。
そんな中キャットとの気まずさをどうにかしたいと思ったジェーンはサットンに事の次第を聞き、アンジーが役員会に出られるようアンジーの仕事を変わることにする。
アンジーは無事役員会に出て自分をアピールし、スカーレットの採用では大卒である必要がなくなった。

ジェーンはキャットに自分が強者の側にいたということを自覚したと謝罪し、キャットもジェーンが就職のことで真剣に悩んでいたことに対して謝罪して励ます。

そんなキャットはアディーナが不在の中、アディーナの友達のレイラからギターを取りに行くと言われる。
アディーナが不在だと伝えるも関係ないと言われ、キャットはレイラと身体の関係を持つ夢を見てしまう。

サットンはバーで出会ったディロンという男性と一夜を共にし、ディロンをジェーンとキャットに紹介する。
しかしその場でディロンが既婚者だと判明し別れることになる。
ショックを受けたサットンはネットでディロンのことを検索すると奥さんを見つけてしまう。
このまま関係を持ったことを言えないのはつらいと思ったサットンは奥さんに連絡を取り、直接会って事実を話す。
ディロンからはストーカーだと説明を受けた奥さんはサットンが伝えてくれたことに感謝し、その場を後にする。
傷心のサットンはリチャードを見つけるが、リチャードは楽しそうに女性と歩いていた。

スポンサーリンク

感想

ジェーンとキャットの多様性についての会話、本当にその通りなんだよね。
有色人種は就職などで差別されるのが当たり前。
日本にいる限りはあまり感じないことだけれども、女性というだけで仕事で不当な目にたくさん遭ってきたので、ジェーンの言葉を男性に言われたらキャットのように言い返したくなる気持ちはよくわかる…
このドラマ、本当に根深い問題にまで切り込むからただの女性向けの「恋!仕事!」って感じになるだけのドラマじゃなくて大好き。
いろんな人に観て欲しい。
サットンはつらいねー…
前回のコカインの件、あれで終わりなのかな??
まあ不幸続きだからうまくいって欲しいけど…

このドラマを観る方法

2019/3/29時点でHulu独占配信。
Huluで観るのが1番よいかと思います。
私もオスマン帝国外伝が終わって退会しましたが、Huluに再加入しました。
NYガールズダイアリーが終わったらまた辞めるつもりです。
2週間無料トライアルもあるので、興味を持った方はどうぞ。↓

スポンサーリンク