働くダラ母

趣味の海外ドラマと時々仕事、家事、育児を綴るダラなワーママブログ。

感想 『ルパパトキュウ』は爆笑必至の映画でした

異例の10連休だったゴールデンウィークはワンオペもありつつも細々といろんなところに行きました。
そんな中5歳の長男と行ったのが『ルパパトキュウ』の映画。(正式名称は『ルパンレンジャーVSパトレンジャーVSキュウレンジャー』長いね…)
期間限定上映の本作。
Vシネを映画館で観たのは人生初。
それくらいルパパト好きなのはこれまでもブログで少しだけ書いてます。

えーこ@ルパパトロス on Twitter: "ルパパト ファイナルライブツアー 感想 #ルパパト #FLT ネタバレほぼなしの感想書きました!ほんと、もう1回観に行きたいー!! https://t.co/FBn0UmgFz6"

ファイナルライブツアーも終わってルパパトロスがひどい中、ルパパトの新作が観られるとのことで喜んで行ってまいりました映画館!
ちょうどこの日は新高輪プリンスホテルで行われる仮面ライダージオウスペシャルイベントに行くことになっていたので、そのイベントの前に…と品川で観てきました!
映画公開初日だったこともあり、客席は満席。
グッズもいろいろ売り切れてましたが、パンフレットをゲットできたのはよかった!
パンフレットはインタビューや写真もよくて買ってよかったです〜

ネタバレをちょこっと含めつつ感想を語って行きたいと思います。

あらすじ

魁利(かいり)、透真(とおま)、初美花(うみか)が、並行宇宙からきたホシ☆ミナト一味に誘拐された!? 偶然誘拐現場に居合わせた国際警察だが、突如空から落ちてきたラッキーに邪魔され救出に失敗! 犯行現場にはミナトの忘れたギターだけが残されていた……。

公務を妨害したとして逮捕されたラッキーは、自分は救世主=宇宙戦隊キュウレンジャーだと名のり地球の危機を訴えるが、その言葉に耳を貸してもらえることはなかった。そして、圭一郎(けいいちろう)、咲也(さくや)、つかさ、ノエルが誘拐事件解決に向けた取引を行う最中、なぜかステイタス・トリプルのギャングラー怪人リルス・リピッグまでもが出現。魁利たちは救出するものの、身代金代わりのミナトのギターをリルスに奪われてしまう。謎が渦巻くこの事件の背後には、宇宙幕府ジャークマターのドン・アルカゲの姿があった!

ドン・アルカゲはギターに隠された“ジャークマターの埋蔵金”が持つ恐るべき力を我が物にするため、リルスと手を結んだのだ。地球を窮地に陥れる悪の連合が結成される一方、ルパンレンジャー、パトレンジャー、そしてキュウレンジャーたちの逆転の秘策は……まさかの“ナシ”!? 3大スーパー戦隊の戦いの行方は!?

↓より引用。
Vシネクスト『ルパンレンジャーVSパトレンジャーVSキュウレンジャー』新情報が一挙公開!魁利たちがまさかの“警察チェンジ”!? | 電撃ホビーウェブ

このあらすじで大体話がわかっちゃう感じですね。

キュウレンジャーとルパパト視聴歴

感想を語る前に私の視聴歴を話しておきますね。

特撮で言うと仮面ライダーAmazonプライムで過去作もそれなりに履修済な私なのですが、スーパー戦隊は全く履修しておりません。
リアタイ(リアルタイム視聴)を始めたのも実は『宇宙戦隊キュウレンジャー』から。
そして…キュウレンジャーファンの方にはごめんなさい!!
キュウレンジャー、最初は楽しく観てたんですけど、どうしてもあの「よっしゃラッキー!!」ですべて終わらせる感じが私には合わず…
どうしても特撮と言えど脚本にある程度の納得感が欲しくて途中で脱落してしまいました。
ただ長男がずっと観てたのでながら観することもたまにあった程度の視聴歴です。

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』はファイナルライブツアーに遠征するほど大好きでした!(もちろん脚本の粗があったところはあるものの、私としては目を瞑れるほどのレベル)
そんな私のこの映画の事前イメージは、キュウレンジャーメンバーは相変わらずわちゃわちゃ楽しい感じだろうなと予測がついたのですが、あの面子にどうやって警察のメンバーや透真は絡むのか…!?というところが気になっていました。

わちゃわちゃキュウレンジャーとうまく絡むルパパトメンバー

いやー楽しかったね!
キュウレンジャーは脚本の整合性を無視すればメンバーの仲の良さや楽しそうなところはこちらも観ていて楽しいのでおもしろくなるだろうと思ってましたが、ルパパトメンバーもうまく絡んでて「脚本家の荒川さんさすが!」と思いました。
特にパトレンの頭かたーい圭ちゃん。
なんでも「よっしゃラッキー!!」で済ますラッキーとうまく絡めてたと思います。
圭ちゃんがラッキーの無謀な行動を止めるところや説教をするところもお互いがキャラクターの"らしさ"を出せていました。
ルパンレンジャー側の透真もちゃんと?ツッコミを入れてて、まーたそのツッコミがおもしろくてお互いがいい相乗効果を出せてる作品だな〜と感じました。
これは双方の戦隊のキャラクターをよく知ってないとできないことで改めて脚本家の方はすごいな、と思った次第です。

スポンサーリンク

気になった点

ただ…ごめんなさい。
やっぱりどうしても気になった点があって。
それはルパンレンジャー側がパトレンジャーに変身するところ。
予告で変身するのはわかっていたのですが、実際観てみて「その場面で変身するのはなくない!?」って思っちゃって…
ちょっと強引過ぎたのでは…?

でもこの場面が引っかかるならジュウオウザワールドの登場についてはどうなのよ!?と質問がありそうですが、いえね、あれだけ唐突になんの脈絡もなく出てきたらぶっ飛び過ぎてて笑うしかないよね、と。
まああくまで個人的な感想なんですけど、ジュウオウザワールドについては話の流れ無視なのね!というのがありありとわかったのと、ジュウオウジャー未履修なんで受け入れられたかな…という感じです。
いやむしろジュウオウザワールドは映画館のお客さんを大爆笑の渦に巻き込んでましたからね。
…ということでジュウオウザワールドは気になるを通り越して大爆笑でした。

全体の感想

いや〜ブログのタイトルにも書いたけど、大爆笑でした。
長男も大爆笑。
細かい設定が盛り込まれててもう1回観たいレベル。
長男ももう1回観たいって言ってた。
なので特典付きDVDの購入決定!

絶対本編では出てこないでしょ、っていうような妄想シーンも本当によくできてて、その組み合わせもまた最高!
今思い出しても笑える。
メンバーが多い映画(出演は19人、ルパパトのXを2人換算すると20人!)なのでまたDVDが届いたらじっくり別の人や細かいところも観ようと思います。

観られる方はぜひ!
観られない方はDVDで!!
おすすめです!!

スポンサーリンク