働くダラ母

趣味の海外ドラマと時々仕事、家事、育児を綴るダラなワーママブログ。

NYガールズダイアリー 〜大胆不敵な私たち〜 シーズン2第8話 ネタバレ感想

今回は私が通ってきた道の話だったから「悩むよね!」と共感しやすかったな。

. ※こちらはアメリカ版なので字幕なしですね…

シーズン1のネタバレ感想記事はこちらからどうぞ。

ストーリー

ジェーンはベンとのセックスでゴムが破れてしまい、緊急アフターピルを服用するが副作用に苦しんでしまう。
その副作用のために病院へ行ったジェーンは子どもを産むかどうか考えるべきだと言われる。
実はガンの遺伝子検査で一部陽性が見つかっていた。
急に子どもを産むのか、卵子を凍結するか、卵巣を全摘するかといった選択を考えなくてはならなくなったジェーンは混乱してベンにも冷たく当たってしまう。
今回のことで若い働く母親のことを記事にしたいと思ったジェーンは『子どもはアクセサリーか?』といった題材で取材をするが中々記事にできない。
ジャクリーンに理由を問われたジェーンはジャクリーンに正直に話す。
ジャクリーンから無理をしなくてもいいと言われたジェーン。
ベンにも話をすることを決意する。
ベンは話を聞いて事の次第に混乱を隠せない。
恋人として接して欲しいと言われるが医者としていろいろ話してしまう。
ジェーンはサットンやキャットと話をし、自分が病気の時の母親しか知らずどんな母親になればいいかわからないから記事が書けないのだと気づく。
ジェーンは兄に電話して、どんな母親だったか聞くことで記事を書き始められる。

サットンはオリヴァーが不在の間に予算会議に出席して予算の10%削減をOKしてしまう。
オリヴァーから怒られたサットンはオリヴァーが撮影したいカフェでどうにか予算を削って撮影できないか考える。
カフェで交渉したが断られ困っていたが、サットンは骨董市で似たような品物を買って撮影スタジオに作ることを思いつく。
ジェーンとキャットに協力してもらって実現できたサットン。
オリヴァーは喜ぶも、また予算を削減されると言う。

キャットは役員のクレオに頼まれてスキンケア会社のInstagramに出演することになる。
キャットは喜んで引き受けるも、スカーレットと同じ出版社に原稿を売り込みに来ていたライアンからスキンケア会社が人種差別と反LGBT団体に寄付をしている暴露記事が出ると聞く。
Instagramへの出演を断ろうとしたキャットだったが、契約上断ると違約金を求められることがわかる。
キャットはInstagramのストーリーを撮影したが、その内容はスキンケア会社の商品を褒めると同時にその会社がやった寄付を皮肉る内容だった。
クレオとジャクリーンから呼ばれたキャット。
クレオからはその内容を咎められるがジャクリーンは雑誌として公平であるべきで品位を失うべきではないとクレオに言う。
キャットは相談しなかったことをジャクリーンに謝るが、ジャクリーンからは気にし過ぎず力強い意見をこれからも発信して欲しいと言われる。

スポンサーリンク

感想

今回、ジェーンは大変な現実を突きつけられたね…
私も25歳の頃はいろいろ悩んだなー。
アメリカは日本みたいな結婚出産早くしないと!的なのはあるのかな?
その辺がわからないけどいろんな生き方は日本より認められてる…?
このドラマを観てるとそういった社会的背景を知りたくなる。
今回ジェーンがインタビューした人の話はすごくわかる内容が多かったな〜
やっぱり子どもを持つ親が思うことは似通ってくるのかね?
病気のことがあると子どもを持つか否かにどうしても直面せざるを得なくて大変だと思う。
恐らくそうやって病気で出産を諦めた人だっているだろうし…
子どもを持つことが正解なわけではないけれども、持てなくなる未来が見えてるとそりゃ悩むよね…
でもお母さんの話を聞けてジェーンが少しは落ち着いたみたいでよかった。

そしてキャットは相変わらずすごいな〜と思った。
あんな皮肉めいたものよく言えるな、と。
そういったところを現実に私はできないので尊敬する。

このドラマを観る方法

2019/3/29時点でHulu独占配信。
Huluで観るのが1番よいかと思います。
私もオスマン帝国外伝が終わって退会しましたが、Huluに再加入しました。
NYガールズダイアリーが終わったらまた辞めるつもりです。
2週間無料トライアルもあるので、興味を持った方はどうぞ。↓

スポンサーリンク