働くダラ母

趣味の海外ドラマと時々仕事、家事、育児を綴るダラなワーママブログ。

NYガールズダイアリー 〜大胆不敵な私たち〜 シーズン2第9話 ネタバレ感想

あー恋模様に変化が!?

. ※こちらはアメリカ版なので字幕なしですね…

シーズン1のネタバレ感想記事はこちらからどうぞ。

ストーリー

ジェーンはベンから医学情報をまとめた冊子を受け取り気分が乗らない。
ショックを受けた時に寄り添ってくれるライアンの方がいいと言い、やけくそになる。
そんな時パリに行くためにパスポートを作る必要があるサットンは翌朝までに出生証明書の原本がないと行けないとわかり焦る。
母親に会いたくないサットンはどうにか別の方法で得ようとするか無理なことがわかり、母親が不在の間に家に忍び込むことに決める。
ジェーンとキャットを連れて家に到着するが、昔はあった合鍵がなく、母親がよく現れるバーに行くことになる。
久しぶりに母親と対面したサットン。
母親はバーで呑んだくれているわけではなく働き始めたのだと言うがサットンは母親が変わるわけがないといって対話をしようとしない。
サットンは母親から鍵を借り家に到着すると、キレイに整理整頓された部屋を目の当たりにし、驚く。
ジェーンやキャットからも母親は変わったのではないかと言われたが、昔変わったと思って信じようと思った度に裏切られたことから信じられないと言う。
しかし少しは変わった片鱗が見えたサットンはバーに戻り鍵を返して母親と話をする。
母親はサットンのInstagramを見て変わろうと思ったと言い、まだ変わり始めたばかりだけど今度こそ変わるから信じて欲しいと言う。
サットンはすぐには無理だ、と言うと母親は少しでも変わる姿を見てくれればいいと言う。
そんなサットンの姿を見たジェーンはベンからもらった医学情報を読み、ベンに卵子を凍結することを決めたと伝える。
その帰り道、ライアンと会ったジェーンはライアンから友達以上の関係になりたいと伝えられ戸惑う。

キャットはスカーレットのウェブサイトのリニューアルに向けて忙しくしていた。
そんな中、ジャクリーンがワンマンだと叩く記事が書かれる。
ジャクリーンは平気だと言うが、ウェブサイトのリニューアルでコメント欄を閉じることに関してキャットが反対しても聞き入れない。
キャットはサットンの出生証明書を取りに行くために付き合っている際、ウェブサイトのコメント欄を閉じたことがSNSで叩かれていることを知る。
ジャクリーンと話をし、翌朝対応することに決まる。
キャットはこれまでの諸々のことを鑑みてアディーナとすれ違うのは嫌だからもう女遊びはやめるとジェーンに宣言する。
翌日ジャクリーンはコメント欄の閉鎖が誤りであったことを認め、キャットに謝罪しウェブにも謝罪文を載せる。
リチャードはジャクリーンらしい、と言うが上が問題視していることも伝える。
キャットはアディーナに女遊びをやめることを伝えるが、アディーナは仕事が忙しくなってきておりキャットの想いはすれ違ってしまう。

スポンサーリンク

感想

ジェーン、ライアンと付き合っちゃうのー!?
私は断然ベン推しなんですけど…
まあよく「女は解決法が欲しいんじゃない!共感して欲しいんだ!」なーんて言うけどさ、まさしくそれ、って感じだったよね、ジェーン。
まあ女なんて一括りで言えないことではあるし、男でもあるあるな事象なんだけど、単に共感して欲しい期間にしてもらえなかっただけで、ベンは自分にできることをしてるしどうすればいいかわかんなかったんだよね。
でも結局はベンの持ってきた解決法を考えなきゃならないし、ショックから現実逃避したかっただけなんだよね、ジェーンは。
わからんでもないし、ベンももうちょっと慰めてあげなよ、と思うけどライアンより私はベン派…
まあジェーンの決断次第なんだけどさ…

サットンは母親のこと少し進みそうでよかった。
親との関係って難しい。
私もいろいろあって今だにダメなところあるもんね。
もちろん表面上はうまくやってるけど、サットンみたいにそれすら難しいこともある。
親との関係で成功体験がないからね…
うまくいってくれるといいなぁ…
ただリチャード、彼女と一緒に住み始めそうでもうサットンとは寄りを戻さないのかな…?

キャットもなんだかんだ好きなことしておいてやっぱりアディーナ!っていうのはちょっと調子よすぎでは…?と思う。
私がアディーナの立場でも恋愛経験が少ないからって遊ばせるのも嫌だし…
私とは価値観が合わない。
うまくいくといいけどね…
不穏。

このドラマを観る方法

2019/3/29時点でHulu独占配信。
Huluで観るのが1番よいかと思います。
私もオスマン帝国外伝が終わって退会しましたが、Huluに再加入しました。
NYガールズダイアリーが終わったらまた辞めるつもりです。
2週間無料トライアルもあるので、興味を持った方はどうぞ。↓

スポンサーリンク