働くダラ母

趣味の海外ドラマと時々仕事、家事、育児を綴るダラなワーママブログ。

NYガールズダイアリー 〜大胆不敵な私たち〜 シーズン3第8話 感想

うーん…パメラの件は佳境だけど…これがジェーンの今後に結びつくのか??

※こちらはアメリカ版なので字幕なしですね…

シーズン1のネタバレ感想記事はこちらからどうぞ。

シーズン2はこちら。

ストーリー

ジェーンはモデルたちを説得し、パメラの件を写真つきの記事にすることが決まる。
口が硬い写真家の候補としてアディーナが上がるも、キャットの件で気まづいジェーンは迷う。
しかし他に適任がおらずアディーナに決める。
キャットはアディーナからの連絡に忙しいから会えないと返すが、ジェーンの件でスカーレットに来ていたアディーナに会ってしまう。
一緒にティアもいたため気まずくなったキャット。
キャットはまだアディーナを引きずっていることをジェーンとサットンに話す。
パメラの件でアディーナと話していたジェーンはキャットとの別れについて率直に聞き、アディーナが別れたことを後悔していることを知る。
アディーナの気持ちを聞いたジェーンはどうすべきかサットンに相談。
サットンは「もしキャットの運命の相手だったらどうするのか」と言って打ち明けるよう勧める。
結局その気持ちをキャットに話したジェーン。
キャットはそれを聞いて悩み、ティアになにかを話そうとするがやめてしまう。
キャットはティアが帰った後、アディーナと公園で散歩する。
ジェーンの撮影は成功するが、以前のハッキングの件でメールが漏れ、パメラ側に情報が渡っているためすべての工程を早めることになる。

サットンはデザイナーの研修でなかなか賞をもらえないことを嘆く。
高いミシンを使うことが賞に繋がるとの話を聞くが、お金がなくて手が出せない。
リチャードは気を利かせて高級ミシンを買うが、サットンは受け取りを拒む。
サットンは食事も割り勘なことをリチャードは気にしており、少しは頼って欲しいとリチャードは言うがサットンは頑なに拒む。
しかしデザイナー研修の同僚が彼氏に思い切り甘えていることを知り、自分も甘えてみようと思ったサットンは自分が甘えられない理由をリチャードに語る。
サットンは母親がお金をすべて男に頼りきりだったことが嫌だったと話す。
リチャードはお金以外にもサットンから受け取っているものがたくさんあると言い、サットンは素直にミシンを受け取る。

スポンサーリンク

感想

ここ数話、毎回似たような感想になってるけど、単なるお仕事・恋愛ドラマになってて「う〜ん…」と思ってしまう。
自分がジェーンたちと同年代なら共感して観れた部分も、年代も違うからあんまり楽しみに感じられず…
このドラマは女性の生きにくさとか社会問題に取り組んでたのがおもしろかったけど、その辺が最近ないんだよね。
サットンのミシンの件も2回目なのもマンネリ感…
まだママのことを引きずってるのもわかるし、割り勘も共感できるけど…
私が観たいのはそこじゃない…
ジェーンの件も今までいろんな問題でいろんな記事を書いてたけど、パメラの件を追ってるからそういったこともなくなって…
ライアンのこともマンネリというか、これ以上あんまり問題も起きそうにないしね。
シーズン4が決まってるみたいだけど、このまま続くと視聴を切るかもしれない。
とりあえずシーズン3は完走予定だけども。

このドラマを観る方法

2019/3/29時点でHulu独占配信。
Huluで観るのが1番よいかと思います。
私もオスマン帝国外伝が終わって退会しましたが、Huluに再加入しました。
NYガールズダイアリーが終わったらまた辞めるつもりです。
2週間無料トライアルもあるので、興味を持った方はどうぞ。↓

スポンサーリンク