働くダラ母

趣味の海外ドラマと時々仕事、家事、育児を綴るダラなワーママブログ。

オスマン帝国外伝 〜愛と欲望のハレム 〜 シーズン3 第3話〜第7話 ネタバレ感想

いや〜オスマン帝国外伝の醍醐味がこれでもか!と感じられるシーズン3の始まり!!

※シーズン3その他のネタバレ感想はこちら↓

※シーズン1ネタバレ感想はこちら↓

※シーズン2ネタバレ感想はこちら↓
poupe.hatenadiary.jp

オスマン帝国外伝(シーズン3)を観るには?

実はYouTubeで全話無料で観られるっぽいです!全部トルコ語だけど…トルコ語なんぞさっぱりわからん!!でもどんなドラマか雰囲気だけ観たい!と言う方も以下の公式YouTube動画の第1話を観てみてください。

YouTubeを観て興味を持った方、どうやって観られるか?ですが、2019/08/09時点でシーズン3はチャンネル銀河を除きHulu独占配信のため他では観られません。
Amazonでレンタル!と思いましたが、日本Amazonではシーズン1のDVDは発売されていますがシーズン2・3は発売されておらず、もちろんシーズン3はレンタルもされていないようです。

なので、シーズン1から一気に観るにはHuluで観るのが1番よいかと思います。
オスマン帝国外伝が始まると加入しますが、シーズン3が終わったらまた辞めるつもりです!
2週間無料トライアルもあるので、興味を持った方はどうぞ。↓

スポンサーリンク

ネタバレ含むストーリー

第3話

ギュルフェムの訴えで後宮にスレイマンの乳母のアフィフェがやってくることが決まる。
アフィフェはハフサですら気を使う人物だった。
そしてスレイマンはヒュッレムに寝所について口を出すなと釘をさす。
ハティジェ達が敵対してきたことで、ヒュッレムはハフサの部屋に引っ越す強硬策に出る。
それを知ったハティジェ達はヒュッレムのところへ乗り込み、ヒュッレムとハティジェは激しい口論をする。
ハティジェは自分と同じ思いをすることになるとヒュッレムに告げ、ヒュッレムはハティジェにイブラヒムとニギャールの愛について語って対抗する。
しかしハティジェは怯まず、イブラヒムとは離縁しないと言う。
ハティジェはその場を去るが、マヒデブランやギュルフェムに離縁を止めるのはヒュッレムの野望を阻止するためであり、イブラヒムを許すわけではないと言う。
ヒュッレムの元の部屋を訪れたスレイマンはヒュッレムがハフサの部屋に移ったことを知り、そこへ向かう。
ヒュッレムは子ども達のためだと言うが、スレイマンは空室のままにすると言う。
しかし寝所のことは口に出すなとスレイマンから言われたことを逆手に取り、ヒュッレムは後宮のことは口に出して欲しくないと言う。
そしてハフサの部屋を出て行けというのであれば後宮を出て行くと脅すが、スレイマンは出て行くがいいとヒュッレムに告げる。
レイマンとメフメト、ミフリマーフは狩猟の館へ出かけるも、そこにはヒュッレムの姿はなかった。
子ども達が出かけたことを知り、急いで後を追うヒュッレムは奴隷として売り飛ばされた女性、(フズルに目を掛けられていた)フィルーゼ達がいじめられているところに出くわし、スンビュルがその女性達を買い取ることになる。

イブラヒムにはスレイマンからスレイマンの窮地を救った甲冑が届けられた。
レイマンの意図を訝しむイブラヒムだが、マトラークチュからいい意味だろうと言われる。
タフマースブの群臣達からの願いを聞くイブラヒムだったが、その群臣の1人の口の利き方を咎めて1人殺してしまう。

ニギャールはイブラヒムの手下の手引きで逃げようとするが、ハティジェにバレて捕まってしまう。

ムスタファは悪徳官僚を処刑する。
そしてムスタファにはマヒデブランが後宮の管理職を追いやられたことが伝えられる。

第4話

メフメトとミフリマーフがスレイマンと乗馬に出かけた先にヒュッレムも到着し、ハフサの部屋をもらうことを許してほしいと願うが今夜部屋を明け渡すようにといってスレイマンは断る。
そんな中乗馬中に馬が暴れて怪我をしたミフリマーフをリュステムが助ける。
ミフリマーフは軽傷で済んだが、自分の部屋にヒュッレムが戻ってくると知り嘆き悲しむ。
そこへスレイマンがやってきて、ミフリマーフが泣きながらこの部屋がいいと訴え、その結果ヒュッレムがハフサの部屋を使い続けることが決まる。
私のために部屋を使うことを許してくれたのね、とヒュッレムが言うも、スレイマンはミフリマーフのためだと冷たくあしらう。
ヒュッレムに部屋を与えることにハティジェは反対するが、ヒュッレムとのことに口を出すなとスレイマンに一蹴されてしまう。
そんなハティジェはイブラヒムが奇襲にあった連絡を受け気分が悪くなり倒れてしまう。
そこへヒュッレムに救ってもらったフィルーゼが現れ、不思議な呪文と手技でハティジェを落ち着かせる。
ハティジェがフィルーゼを呼び出し、その呪文について聞いているところへスレイマンがやってくる。
フィルーゼは水をスレイマンに持って行くよう命じられるが、スレイマンの指輪を見て自分の見た夢を思い出す。
その夢の中ではスレイマンの手がフィルーゼを触り、そしてフィルーゼが短刀を持って誰かに襲いかかろうとしていた。
また、フィルーゼは首の後ろに刺青があり、なにかを隠し持っていた。
ハティジェはスレイマンにヒュッレムの部屋のことで口答えしたことを謝り、イブラヒムとは離縁しないことにしたことを伝える。
そんなハティジェにスレイマンはイブラヒムは軽傷だったことを伝える。
ヒュッレムはリュステムにイスケンデル宛の手紙を託し、ミフリマーフを救ってくれたお礼をする。
そんな中後宮にアフィフェがやってくる。
ハティジェはアフィフェにヒュッレムのことを伝え、後宮に秩序を取り戻すよう依頼する。
アフィフェは早速言い争いをしていたファトマとギュルシャーに足打ちの刑を与え秩序を守らないと罰が待っていることを示す。

イブラヒムはよさそうな詩人を見つけるが、イスケンデルが目をかけていると知り嫌な思いになる。
レイマンは出征を決め、出征中は帝国をムスタファに任せることにする。
その頃ムスタファは狩の途中でヘレナという女性に出会い、気になっていた。

ヒュッレムはニギャールをハティジェ邸宅から逃がそうと画策を始める。

スポンサーリンク

第5話

アフィフェが到着して警戒を強めるヒュッレムは敵対するとわかりつつも仲良くしたいと申し出る。
ハティジェはアフィフェにスレイマンのためのささやかな宴を開くように命じる。
アフィフェ付きのキラズは宴のための側女を選び、ハティジェはそこにフィルーゼも入れるように進言する。
ヒュッレムはスレイマンとの仲を修復しようと木曜の夜にスレイマンの寝所へ向かうが、スレイマンは不在だった。
その頃スレイマンはフィルーゼがハープを弾いているところを目にしていた。
レイマンが寝所に戻り、ヒュッレムが一緒に過ごそうと言うが、スレイマンはヒュッレムを受け入れず政務があるからと言って断り、ヒュッレムはショックを受ける。
宴が翌日に控えたところ、スンビュルが宴が開催されることを知りヒュッレムに報告する。
ヒュッレムはアフィフェの寝床を訪れ、宴について問う。
アフィフェは翌朝に報告に伺おうとしていたと言うが、ハフサには許可を求めたのではないかとヒュッレムは問う。
しかしアフィフェはヒュッレムは母后ではないから許可は必要ないと言う。
ヒュッレムは怒り、翌日の宴は中止だと言い放つ。

イブラヒムの元にフズルが到着し、フズルを海軍提督として認める。
フズルはイブラヒムにイタリアの絵画をプレゼントする。
イブラヒムは絵画を気に入り、絵画に描かれていた世界一の美女であるジュリアを連れてきてスレイマンにプレゼントしたいとフズルに言う。
そしてフズルにはジュリアを連れて来いと命じた。
イブラヒムはペルシャへの攻め方を部下達と相談していた。
意見が分かれるものの、イブラヒムの方針でバグダッドに向かうことで決定する。
イスケンデルの元にヒュッレムから手紙が届き、ハティジェが離婚を撤回したため、遠征から戻る前にイブラヒムを亡き者にしろと書かれていた。
イブラヒムは夜、ハティジェを想ってバイオリンを弾いていたところ、ペルシャの刺客に襲われそうになったが、イブラヒムが気に入った軍人かつ詩人のタシュルジャルが救う。

ムスタファはヘレナに会いに行くが、冷たくあしらわれる。
ヒュッレムはニギャールを救おうと手配するが、逃げ出そうとした矢先にニギャールが産気づいてしまう。

第6話

ヒュッレムから宴を中止するように言われたアフィフェだったが、スレイマンに許可を得て準備を始める。
様子を探るスンビュルとギュルシャーだったが、アフィフェに邪魔されて詳細を知ることができない。
フィルーゼは自分で服を加工し、踊りをスレイマンに披露すると紫の手巾が落ちてきてスレイマンに気に入られたことがわかった。

イブラヒムはペルシャ兵に命を狙われたことでイスケンデルを疑う。
否定するイスケンデルだったが、実はイスケンデルが仕組んだことだった。
イスケンデルはペルシャ情勢に詳しいウラマーを使ってイブラヒムを殺そうとするが、ウラマーは望んでおらず、イブラヒムを失脚させるためにバグダッドではなくタブリーズに向かわせようと画策する。
その頃イブラヒムは自分の命を救ってくれたタシュルジャルを側近にし、信用できないイスケンデルを側に置かないようにしようとしていた。

ムスタファに皇帝代理となるよう依頼する書簡がスレイマンから届くが、遠征したかったムスタファは不満顔だった。
ヘレナを想うムスタファは市場で偶然ヘレナに出会う。
ヘレナの忘れ物を預かっているから以前出会ったところに来て欲しいと伝えるムスタファ。
そんなヘレナは別の男性から求婚されていたが、断っていた。

ニギャールのお産はへその緒が巻きついて難産になり、お産中にニギャールは気を失ってしまう。
ニギャールが目を覚ますと産婆が産まれた娘は死産だったと伝えるがニギャールは信じず、一目でいいから会わせてほしいとハティジェに訴えるも娘は埋葬したと伝えられる。
ヒュッレムはペルチェムにニギャールの様子を報告させ、死産だったことと近く処刑されることを聞く。
ニギャールを連れてくることができず苛立つヒュッレム。
その話をリュステムが立ち聞きしていた。

第7話

ニギャールは自殺をしようとするが止められる。
しかしその後庭に連れていかれ、剣を振り下ろされる。

ヒュッレムはマヒデブランから紫の手巾をもらった側女がいることを知り動揺する。
レイマンの元へ行き、これまでのことを謝って今夜待っている、今夜来なければ自分に太陽は昇らないと言うが、スレイマンは何事もヒュッレムのせいではないと優しく諭す。
宴に出た側女達に紫の手巾をもらった側女は誰かヒュッレムやスンビュルは尋ねるが、顔を隠していたためわからないと言う。
そして夜になり、顔を隠したフィルーゼが寝所へ向かう。
ギュルシャーはイブラヒムの部屋から覗くものの顔が覆われておりわからない。
寝所を覗こうとするが鍵が掛かっていた。
鍵を探していると、そこに鍵を持ったアフィフェが現れた。
フィルーゼはスレイマンと愛を語り夜伽を勤める。
その頃ヒュッレムは部屋で1人涙していた。
ハティジェ達はスレイマンに気に入られたフィルーゼをヒュッレムから守るため、フィルーゼを安全な場所に匿うことを画策し、フィルーゼをミフリマーフ付きにする。

イブラヒムの元にタフマースブがカスピ海へ行ったとの情報が届く。
タブリーズを攻める絶好の機会だとウラマーは話し、会議を開いてタブリーズを攻めることに決まる。
イスケンデルはタブリーズ攻撃を反対するが、イブラヒムは聞かない。
その頃イスケンデルからスレイマンに手紙が届き、イブラヒムが自身を君主とした新国家をペルシャに築こうとしていることを報告する。
レイマンは戻ってきたフズルに新国家の件を確認し意見を聞く。
フズルは新たな君主が力を持つと危険だと言うが、スレイマンはその新たな君主がイブラヒムの場合はどうだと問う。

ムスタファはヘレナと会う。
最初は嫌々だったヘレナも満更ではなく接するようになるが、ムスタファは自分の本名や身分を隠してイブラヒムと名乗る。
ヘレナは絨毯織では自分の技術はあるが、悪徳商人に牛耳られて適正な価格で買い取られないと話す。
法官に言うべきだとムスタファは言うが、法官ともグルだと言う。
そこへ悪徳商人でありヘレナに求婚しているアッバスが現れ、ヘレナを連れて行こうとする。
ムスタファはそれを阻止するが、余計に面倒になったとヘレナに言われる。

スポンサーリンク

感想

第3話

いや〜これぞオスマン帝国外伝!!
女の激突!!
激しい口論!!
嫌味の応酬!!

すばらしい!!

前回も書いたけど、シーズン1のハティジェからこうなるなんて誰が予想した?
いや、誰も予想できなかった。
ハフサより経験から学んでやることが賢い。
レイマンのこともよくわかってる!!
ハフサは自分の息子かわいさに色眼鏡で見てたところあったけど、ハティジェはさすが妹。
よくお兄さんのことわかってらっしゃる!!
強敵だね〜
ヒュッレムのために離婚も辞めちゃうんだもん。
すごい。
ヒュッレム四面楚歌。
レイマンにまで見放され気味。
まあ、確かにどう見てもわがままが過ぎるわな。
レイマンの言うこと聞かないし。
そこにどうやらフィルーゼが恋敵となりそうだから…
そんな恋敵を拾った上に、スレイマンと冷めてるところに入り込まれたら…やばいよね?
シーズン2のイザベルみたいにやきもきさせられるのかな…
まあ今回はヒュッレムの自業自得なとこあるけどね…
まあー、それにしてもおもしろいわー!!
この女の戦い!
シーズン3は楽しめそう!

第4話

レイマンとヒュッレム、心の距離ができてきてるなー
そしてフィルーゼは何者…
怪しさ満点だけど、スレイマンが気に入りそうな展開よね…
またヒュッレムが苦しむのか…
まあそうしないとドラマがおもしろくならないんだけどさ。
そしてアフィフェ強い。
確実にヒュッレムと敵対するの見え見え。
あとリュステムとギュルシャーってなにかあるの??
なんか意味ありげな視線送ってたけど。
ファトマは相変わらず態度悪いしイライラするから、ギュルシャーと2人まとめていなくなって欲しい…
今回のおしおきはいい気味だと思ってしまった私は心が醜いのだろうな…

第5話

あーあーあーあー…
ヒュッレム、傲慢になっちゃったから肝心のスレイマンの心が離れちゃったじゃないかー…
この辺、ツイッターのフォロワーさんとこんな会話をしました。

しかもハティジェやマヒデブランもそのことを知ってるので、ダメじゃん…
あんまり傲慢になりすぎると、スレイマンの心を失ってすべてをなくすぞー
しかもフィルーゼという女の影が迫ってるのに…
そしてジュリアという人も来るの?
まだまだいろいろありそうね!

そしてムスタファ、あなたストーカーかしら?
マルコチョールもだけどこのドラマちょいちょい現代に当てはめるとやばい行動があるんだよね…
そしてヒュッレム、切札のニギャールも手に入れられず…
ニギャール死ぬの…?

第6話

あー…
予見していたことが起こってしまったね…
それにしてもフィルーゼはスレイマンに気に入られるための術を心得てたとしか思えないほどのあの服と踊りがすごい。
ヒュッレムが気に入られた時より魅力的だな!と私は思った。
あの衣装が似合ってたし、顔を半分隠すと妖艶に見えて気になるよね〜
これでスレイマンの寵愛はフィルーゼに移るなぁ…
ヒュッレム嫉妬だらけの時がやってくる…
同時にフィルーゼの命の危機も…

ニギャールの娘は本当に死んだの?
ハティジェがなにか隠してる気がするんだけど…
だって自分だって子どもを失ったことが2回もあって辛い思いをしてるから…
本当に死産ならしょうがないけど、子どもは生きてたらハティジェは殺さないんじゃないかな、と勝手に思ってる。
あんだけ気性が激しくなって、夫の不倫相手の子といえど…

第7話

ニギャール、あそこで止めたってことは死んでないよね!?
ヒュッレムとうとう…
ヒュッレムが謝った時は少し優しい笑顔を見せたけど…
もうフィルーゼにメロメロ(死語)っすねぇー、スレイマン
あの感じ久しぶり!
ハティジェもヒュッレムの邪魔が入ることがわかって対応してて賢い。
さてさて…今後どうなる…

ムスタファはかなりの少女漫画ー!!
身分を隠しちゃって…
シーズン2のマルコチョールパートみたい。

※イブラヒムとヒュッレムが恋仲になっているらしいドラマからは想像もつかない漫画、気になります↓

※シーズン3のその他ネタバレ感想はこちら↓

※シーズン2のネタバレ感想はこちら↓

※シーズン1のネタバレ感想はこちら↓

スポンサーリンク