働くダラ母

趣味の海外ドラマと時々仕事、家事、育児を綴るダラなワーママブログ。

ポロス 〜古代インド英雄伝~ 第21話〜第25話 ネタバレ感想

ラチとやっぱりいい感じ!
でもインドの王になると結ばれなくなったりする…?

その他のネタバレ感想はこちら↓

ネタバレ

第21話、第22話、第23話、第24話、第25話のネタバレになります。
簡易的に書いておりますので悪しからず。

リプダマンは奴隷を殺さずに、夜に殺すとダスユの女王に告げる。
プルはラチと潜水競争をし、川に沈めた宝石を見つけてプレゼントする。
喜ぶラチ。
ダスユに帰った2人はスメルとふざけ合うが、そこへハスティが怒りながらやってくる。
プルが理由を聞くと、ハスティはリプダマンはプルばかりを贔屓すると言い、奴隷を連れてリプダマンが北へ行ったと言う。
なぜリプダマンと一緒に行かなかったのか問うプルにハスティは断られたと答える。
プルはリプダマンの後を追い、奴隷を火葬場の木に括り付けて薬を飲ませようとするリプダマンを見つける。

その頃パウラヴァ国ではバムニ王がペルシャとの仲を取り持つため被害に遭った商人ファルスに被害の2倍の補償をしていた。
そしてダスユの調査を命じた。
しかしシヴダッドはバムニ王が嫌うため奴隷のことは伏せていた。
そして奴隷を連れ去ったことから、ダスユの人間がパウラヴァに来るのではないかと睨んでいた。

プルは王妃の命令で奴隷を殺さなければならないものの、プルからの説得に折れて殺すのをやめる。
プルは王妃を説得すると言い奴隷を連れて戻る。
リプダマンを責める王妃だが、プルは自分の責任だと言い、責任を持って奴隷をパウラヴァ国に送り届けると宣言する。
しかし王妃は何度でも殺すように命じると言う。
理由をプルに問われた王妃は、ダスユの居場所を知られたら民を守れないからだと言う。
しかしプルはこれまで危険を冒してきたダスユが、居場所を知られてしまうことを恐れては元も子もないと話す。
ラチもプルに賛成し、王妃は自分が保守的になっていたことを認める。
そしてプル、スメル、ラチに奴隷を家に送り届けるよう命じる。
しかしリプダマンはパウラヴァ国に戻すタイミングではないと思い、プルを行かせないようにプルの同行を反対する。

その頃パウラヴァ国ではおもちゃ職人の夫が行方不明だと言う女性が現れる。
カニシカはその女性を宮殿に置いてダスユをおびき出そうとするが、シヴダッドは宮殿に置くとバムニ王に知られるため反対。
今後はシヴダッドの命により動くことを命じる。

リプダマンの提案でプルの代わりにハスティが行くことに決まる。
喜ぶハスティだが、プリタは心配して反対する。
すべてプルのせいだと思ったプリタは、プルが来たことで平穏な日々がむちゃくちゃになったこと、息子のハスティを奪うなとプルに言う。
ショックを受けるプル。
王子であることを告げようとしたその時、リプダマンが現れ2人の会話を止める。
そしてプルが離れた後プリタはリプダマンにこれまでの不満を爆発させる。
いずれバムニ王に会えるのならば王子であることを告げればいいと言うプリタに対し、リプダマンはプルの秘密は守れと言う。
ハスティの将来を心配するプリタに対し、リプダマンはいずれバムニ王がどうにかしてくれる、と語る。
2人の言い争いを近くで聞いてしまったプルは、自分が2人の子どもではないこと、そして母親が死んだことを知ってしまう。
ショックを受けるプル。
そのまま海に入って行ってしまう。

その頃アレクサンドロスはフィリッポス王不在の中やってきた数千のトラキア軍に数百の軍で立ち向かい、接戦していた。
トラキア軍が来ることに恐れるマケドニアの民だったが、オリュンピアスはアレクサンドロスの勝利の祝いの準備をしろと命じる。
そしてトラキア軍に痛手を与えたアレクサンドロス
皆殺しにしろ、と軍に命じていた。
トラキア王を捕らえたアレクサンドロストラキア王を殺さず連れ帰った。

プルの元にラチがやって来る。
プルが悩んでいることに気づいていたラチはその悩みを聞き出そうとするが、パウラヴァに同行できないことだとはぐらかすプル。
そんなプルは理由もないのにラチがプルの元へ来るはずがないと言い理由を聞く。
ラチはプルが心配なのを誤魔化してパウラヴァにはプルが必要なことを訴える。
そしてプルはハスティの代わりにパウラヴァへ行くことを決意。
ハスティにお前は行くなと言うも、ハスティは拒否する。
ハスティとプルは掴み合いの喧嘩になり、その場へリプダマンとプリタがやって来る。
2人の姿を見たプルはハスティの手首をわざと折ってパウラヴァへ行けないようにする。
プリタはプルを殴るが、プリタの思い通りになったと伝える。
リプダマンは俺が悪いと言い、運命に抗わずにパウラヴァへ行けと伝える。
パウラヴァへ行く途中もリプダマンとプリタが話していたことが頭から離れないプル。
スメルにも突っかかるプルに対し険悪な空気をどうにかしようとラチがいろいろ話し、とうとうプルにも笑顔が戻る。

スポンサーリンク

感想

第21話

やっぱり王の素養があるんだよね、プル。
そしてプルとの差を感じるハスティ。
つらいよね…
でも実際は片や王様の子だからさ…
まあ知らないから余計しんどいんだけど。
立場が人を決めると思ってる節があるハスティ、今後一皮剥けるといいな。 そしてリプダマン、本当に奴隷を殺しちゃうの…?
まあプルが止めるだろうけど。
それでパウラヴァに行って一波乱…かな?

第22話

プルはすごいなー
説得の仕方が本人に響く形でできるのはなかなかない。
立場が上の人間にも相手の本質を突いて納得させ、自分の思い通りにする。
私もそんな力があれば…

そんな中シヴダッド、笑った顔がかわいいね。
いつも睨んでる顔しか見てなかったから新鮮。
シヴダッド役の人、演技がうまくてすごいと思う。
あんなにムカつく感じはするのにどこか憎めないキャラクターを表情豊かに演じてて嫌いになれないキャラになってきちゃった。
弟ラブだしね。
まあやってることは悪どいし、アヌスヤ王女を死なせたことは許せん!

第23話

いやー…
これはきっつい…
自分の親だと信じてた人が親ではないと知ること…
しかもプルのせいで不幸になったとまで言われてるからねぇ…
私がアヌスヤ王女の立場ならこの状況を見て悲しんでたと思う。
アヌスヤ王女、ほんとに死んだのかなぁ…
ぜひにともバムニ王、アヌスヤ王女、プルで再会して幸せに暮らして欲しい…
異母兄弟のカニシカ王子はなんであんな風に育ったんや…
シヴダッドの影響?
同じ兄弟なのにこうも違うとはね…

第24話

久しぶりに出てきたアレクサンドロス
相変わらずのオリュンピアス。
お金を掛けてるだけあって全然チープな戦いの場面ではない。
ポロスとの戦いも期待できる作り。

第25話

いやー…
プリタの苦しみもプルの悲しみもどっちもわかって辛いわぁ…
あのプリタに対するプルの態度…
ハスティは心配されてて、自分は実の子じゃないから…っていうあの顔…
ハスティがまた真実を知らないからこそつらい…
ラチ、プルが悩んでることを気づいてるみたいだからプルはその悩みを吐き出して欲しいな。
まあそんな簡単に言える悩みじゃないよね…
そしてとうとうパウラヴァに。
絶対なんかあるわー
どうなるんだろ!

『ポロス』を観るには?

2019/09/05時点ではHulu独占配信。
観るならHuluですね。
1話約30分と非常にテンポよく観ることができるのでおススメです!

2週間無料トライアルもあるので、興味を持った方はどうぞ。↓

スポンサーリンク