働くダラ母

趣味の海外ドラマと時々仕事、家事、育児を綴るダラなワーママブログ。

オスマン帝国外伝 〜愛と欲望のハレム〜シーズン3 第83話〜第87話 ネタバレ感想

あと10話…
そして今のヒュッレムとのお別れも近いのね…

※シーズン3その他のネタバレ感想はこちら↓

※シーズン1ネタバレ感想はこちら↓

※シーズン2ネタバレ感想はこちら↓
poupe.hatenadiary.jp

オスマン帝国外伝(シーズン3)を観るには?

実はYouTubeで全話無料で観られるっぽいです!全部トルコ語だけど…トルコ語なんぞさっぱりわからん!!でもどんなドラマか雰囲気だけ観たい!と言う方も以下の公式YouTube動画の第1話を観てみてください。

https://youtu.be/SdeCtflj514

YouTubeを観て興味を持った方、どうやって観られるか?ですが、2019/08/09時点でシーズン3はチャンネル銀河を除きHulu独占配信のため他では観られません。
Amazonでレンタル!と思いましたが、日本Amazonではシーズン1のDVDは発売されていますがシーズン2・3は発売されておらず、もちろんシーズン3はレンタルもされていないようです。

なので、シーズン1から一気に観るにはHuluで観るのが1番よいかと思います。
オスマン帝国外伝が始まると加入しますが、シーズン3が終わったらまた辞めるつもりです!
2週間無料トライアルもあるので、興味を持った方はどうぞ。↓

スポンサーリンク

ネタバレ含むストーリー

第83話

2年間行方不明だったニギャールが帝都に舞い戻る。
故郷に戻ったかと思われていたが、故郷に居つけず、エスマヌルやイブラヒムの家族を探したが会えなかった。
お金もなくなったニギャールはマトラークチュに宿を見つけてもらい、シャー達の元へ行く。
ヒュッレムとリュステムに恨みを募らせていたニギャールはシャーとハティジェにリュステム暗殺の提案をする。
ミフリマーフはアイシェのためにエミネという乳母を雇う。
お乳の出が悪かったミフリマーフは安堵するが、エミネはシャーの手先でリュステムやミフリマーフのことを逐一報告していた。
ヒュッレムも頻繁にミフリマーフの元を訪れ会話をするが、ミフリマーフは産後鬱のせいか元気がない。
そんな中メフメト、セリム、バヤジトの赴任をルトフィーが申し入れスレイマンも快諾。
ヒュッレムはリュステムと結託してムスタファがイェニチェリに金貨を配った話をしたが、赴任の件を聞いて驚く。
ヒュッレムは赴任の話を止められないと知るや、リュステムに命じてムスタファを追い出してメフメトをマニサに赴任させる方法を考えろと言う。
シャーとハティジェがミフリマーフの元を訪れる。
シャー達と一緒にリュステムとミフリマーフの屋敷に来たニギャールは身を潜め夜を待つ。
その日、ミフリマーフが不安を覚えヒュッレムに屋敷に宿泊してもらう。
シャーが一抹の不安を覚える中ニギャールが向かったのはリュステムの元ではなくヒュマーシャーの元だった。

そんな中ハンガリーが政情不安となり、スレイマン達はその対応を検討する。
レイマンはルトフィーに命じて密かに遠征の準備をさせる。

第84話

ニギャールはヒュマーシャーを誘拐する。
大捜索が始まりギュルバハルがニギャールのピアスを見つけてニギャールの捜索が行われる。
ミフリマーフは不安から倒れてしまう。
ヒュッレムはシャー達の仕業だと見てシャーのいる屋敷に乗り込み悪事を暴くと言ってその場を去る。
ニギャールの行動を知ったシャーはニギャールの口封じのためにメルジャンを通じてニギャールを殺す手はずを整える。
ニギャールは逃げようとするが捜索隊に段々と追い詰められ、見つかって崖まで追い詰められる。
ニギャールは最初ヒュッレムとリュステムを殺そうとしたと告白。
しかしヒュマーシャーを見て決意を変えヒュマーシャーをエスマヌルと呼び、自分の娘として育てようとしていた。
そんなニギャールを見てマトラークチュはエスマヌルを探し出すことを約束。
ヒュマーシャーに罪はないと説得し、ヒュマーシャーをリュステムに返すことに成功。
メルジャンからの命令で弓を引く兵士が狙う中、ニギャールは自ら崖に飛び降りる。
ヒュマーシャーは無事宮殿に戻り喜ぶミフリマーフ。
ヒュッレムはニギャールの告白から裏にシャーとハティジェがいるに違いないとスレイマンに疑念を植え付け、スレイマンも疑うことになる。

ヒュッレムはルトフィーの排除も目的にムスタファを蹴落とす策をリュステムと練る。
しかしムスタファはルトフィーとのやり取りもシャーとマヒデブランを通じて行うため通じていることの証明が難しい。
ヒュッレムはマニサにメフメトを赴任させるための策をリュステムに練らせ、うまく行くかわからないがと言ってリュステムは策を実行に移す。
オーストリア大使がブダのいざこざの件でルトフィーを訪れるがルトフィーは門前払い。
リュステムはオーストリア大使から話を聞き、スレイマンに奏上できるのはルトフィーかムスタファしかいないと言う。
ムスタファは弟達の赴任県が決まり自分がまだ1番皇帝の座に近いと知ってホッとする。
ルトフィーにリュステムと和解しようとヒュスレヴは提案するがルトフィーは却下する。
そしてヒュスレヴから苦情が来てると言われた売春酒場の摘発に益々力を入れる。

第85話

リュステムは屋敷に戻り、ミフリマーフに生かされていると感謝する。
ミフリマーフを訪れたシャーは幸せではないのではないかと問うがミフリマーフは満足していると答えるもその顔は暗い。

レイマンはブダの状況を鑑み遠征を決める。
そこへリュステムからオーストリア大使がムスタファを訪れたと報告が入る。
レイマンやルトフィーすら謁見させないのにムスタファに会いに行ったことをスレイマンは激怒。
ヒュッレムはムスタファは謁見させないのではないかとフォローする。
その頃ムスタファはオーストリア大使に会うがオーストリア大使の申出を一蹴する。
リュステムは各種策を巡らせ、ある1人の修道士をスレイマンの元へ差しむける。
その修道士は注意しければ家族に不幸が訪れるという示唆をし、その場を去る。
レイマンと一緒にいたジハンギルがヒュッレムにそのことを報告し、ヒュッレムはほくそ笑む。

またリュステムはルトフィーに関する噂を流す。
それは売春酒場を摘発するのはルトフィーが性的に不能だからだという噂だった。
市場に来たルトフィーはその噂を耳にし激怒。
見せしめに売春酒場で働いていた女性の恥部を焼き切る命令をして実行される。
そのことがスレイマン、シャーの耳に入り双方が激怒。
シャーはルトフィーを責めるが、ルトフィーは皇帝の絶対代理人であるから命令は許さないとシャーに反論。
シャーは逆らえば離縁すると言ったことを忘れたのかと言い、ルトフィーの態度に離縁を告げる。
するとルトフィーは激昂し、シャーを叩きつける。
さらにシャーを叩こうとしたところへメルジャン達宦官が入ってきてルトフィーを止める。
庭に出たルトフィーとメルジャンが言い争ってる姿をスレイマンが目撃。
メルジャンからシャーを殺そうとしたと報告を受けシャーにスレイマンが直接確認する。
シャーが認めると、スレイマンはルトフィーに大宰相を解任し地下牢へ入れると宣言。
その後、スレイマンはルトフィーを斬首刑にすると言う。
エスマハンは斬首刑を避けて欲しいとシャーに懇願する。
ハティジェ達は騒動を聞きつけてシャーを心配する。
ハティジェは自分が呪うと言ったせいではないかと不安になる。

レイマンはムスタファやルトフィー達の行動が奢りからくることに対する不安をマルコチョールに吐露。
マルコチョールはスレイマンは悪くなく、スレイマンから生かされていることを自認しない周りが悪いのだとフォローする。

スポンサーリンク

第86話

シャーの懇願により、ルトフィーは斬首刑を免れ追放処分となる。
次の大宰相の座は誰かとざわつく中、リュステムが呼び出される。
レイマンはリュステムが差し向けた修道士の言葉が気になり、ムスタファがヒュッレムとその子ども全員を殺す夢を見ていた。
レイマンはリュステムにムスタファのことで知っていることがあれば話せと言い、リュステムは周りの者がムスタファを操ろうとしていると言う。
そして暗にマニサにいることはスレイマンにとっての危機だとほのめかす。
その後御前会議が開かれ、大宰相が発表される。
結果、スレイマン宰相が選ばれて驚くヒュスレヴとリュステム。
レイマン宰相は1人残るように言われ、ムスタファを帝都に召喚するよう命じられる。
ムスタファの元にフズルがやってくる。
それはスレイマンに命じられて帝都に一緒に来るようにといったものだった。
不安を覚えるマヒデブラン。
シャーやハティジェの元へ行くが、居ても立っても居られず宮殿へ向かう。
ムスタファはスレイマンの元へ参上し、オーストリア大使の件について弁明。
しかしスレイマンは3度もスレイマンに相談しなかったことを責める。
ムスタファはそれらを教訓にすると言うが、スレイマンはムスタファにブダ遠征中は帝都を守ることを命じ、そして遠征後はアマスヤ県軍政官に任じると言う。
理由を問うムスタファ。
レイマンはムスタファがマニサで経験を積んでいるから重要なアマスヤを任せると言うが、ムスタファは信じられない。
ショックを受けたムスタファはイブラヒムに昔言われたことを思い出す。
ムスタファからアマスヤのことを聞いたマヒデブランは取り乱し、ヒュッレムの元へ向かうがヒュッレムは応対しない。
マヒデブランは泣き崩れ、ヒュッレムに呪詛を投げかける。
一方その頃宰相達にもムスタファへの命令が伝わり、リュステムとフズルは険悪な状態となる。
その後スレイマンはメフメト、セリム、バヤジトを呼び出しメフメト以外は赴任すること、メフメトは遠征に同行してその後の赴任地が変わったと伝える。

第87話

ヒュッレムはメフメトの赴任地がマニサになったことを喜び、お祝いのお菓子を配る。
メフメトはムスタファのことが気になるが、ミフリマーフは今ならヒュッレムの気持ちが分かると言って子ども達が心配であることを告げる。
メフメトは直接ムスタファに会いに行き、赴任地の変更は本意ではなかったことを伝えるが、そのことでマニサに赴任になったことを知りムスタファとマヒデブランはショックを受ける。
マヒデブランは理由を問いにスレイマンの元へ訪れるが、スレイマンへヒュッレムのせいだろうと言ってしまい怒りを買う。
不満をシャーやハティジェにぶつけるマヒデブラン。
遠征まではなにもするなとシャーに念を押される。
ブダ遠征への準備が整い、スレイマン達は出発する。
そしてセリムとバヤジトも赴任地へ出発する。
メフメトはムスタファのことを気遣ってスレイマンに話をするが、誰も傷つけることは無理だと言う。
ムスタファ人気の後の赴任に心配になるムスタファは、イリヤスという名の兵士にメフメトが来ることを楽しみにしていると言われ気をよくする。
そんな中ヒュッレムの元にセリムが重い病で伏せっているとの手紙が届く。
ヒュッレムはムスタファに黙ってセリムの元へ向かうが、ムスタファはヒュッレムを呼び戻すよう命じる。
しかしミフリマーフがヒュッレムを行かせてやって欲しいとムスタファにお願いし、ムスタファは承諾する。

スポンサーリンク

感想

第83話

ニギャール、回を追うごとに残念にしかなってってない…
ヒュッレムとリュステムを恨んでたけど、そもそも今ニギャールが生きてるのはハティジェから救った2人のお陰よ??
それ忘れてない??
あんなに聡明で素敵だったニギャール…
イブラヒムを好きになってからどんどんダメな女になってって…
で、リュステム殺さずアイシェどうするつもりよ?
あれかな?
エスマヌルの代わりに自分が育てるのかな?
でもシャーもリュステム暗殺させてどうすんの…
シャーと一緒に屋敷に入ったなら疑われるんじゃ?
エミネが簡単に屋敷に入り込めたことも踏まえ、いろいろガバガバなのはまあ今に始まったことじゃないね!

そして赴任の件、どうやってマニサからムスタファ追い出すんだろ…
ムスタファへの悪意の吹き込み方がリュステムが増えたことでさらにうまくなってたのはウケたw

第84話

あぁ…
ニギャール…
さすがにこれだけ長くニギャールのことを見てきたからウルっと来たわ。
どうしてこうなっちゃったかねぇ…
あのシーズン1の出来る女のニギャール…
ヒュッレムと喧嘩しながらも味方して楽しくやってたのに…
マトラークチュが言ってた通り、これはニギャールが選んだ道だったんだよね。
イブラヒムを選んだ時点で死ぬことは決まってた。
でもせめてエスマヌルと幸せに暮らせればよかったね…
今日は悲しいわ…

ジハンギル大きくなったね!
まあ2年も経てば当然か。
ムスタファ排除、うまくいくかな…?
あとルトフィーはなんであんなに売春酒場に執着するんだ…

第85話

畳み掛けにきてるねー
シーズン3ももう終わるのね…
いやでもこんなあっさりルトフィーが退場するのはびっくり。
やっぱりジワジワヒュッレムが夫婦仲を割いてきたのが効いてるね。
でも結果、皇女の夫達は権力を持つ奢りに負けて全員スレイマンから処刑されたわけか…
ベイハンはわからないけど、皇女達もその原因は作ってるよね。
皇女を持ち出して夫達の自尊心を傷つけたんだから。
でもそれには気づかない皇女達…
ミフリマーフも同じになるのではないかと一抹の不安を覚える。
リュステムが調子に乗らなきゃいいけど…
ヒュスレヴはいい人そうだからそうならずに一介の宰相で不幸にはならないで欲しいな…
まあハティジェと結婚した時点で難しいのかもだけど。
シャーはルトフィーを失ったので一気に形成逆転されちゃったね。
ヒュッレムの天下が来るか?
シャー達はどう戦うんだ?

第86話

あらー…
でもまああの予言のせいはあったにせよ、マジでムスタファは反省してないよね。
レイマンが言う通り3回目だし。
教訓にするって言ってもしてないし。
ただの狼男化してる。
さすがにムスタファの行動はないな、って思うのでスレイマンが県を変えたのは衝撃かもだけど、奢りというか自分が後継ぎだと思って態度が大きくなってるのは現れてるよね。
そりゃスレイマンは警戒するわ。
プラスメフメトはそんなこと一切してないし。
ムスタファにも原因があるから擁護できないなー
マニサにはもしかしてメフメトが赴任するのかな?
そんな流れだったよね。

あと気になったこと。
不自然にヒュッレムが中盤から出てこなくなったけどもしかして今のヒュッレムは今日が最後だったの…?
寂しすぎる…

第87話

やっぱりヒュッレム出てこないから昨日で最後だったんだ…
覚悟はしてたけど寂しすぎる。
これまでのヒュッレムがすごいハマり役だっただけに違う人になるのが信じられない。
本当に寂しい。
そして脚本の人大変だったろうなぁ…

メフメトとハティジェになんか怪しげな人が近づいてるけど大丈夫?
メフメトはムスタファでいうタシュルジャルみたいな存在ならいいんだけど、シーズン3も終わりに近づいてるからなにか起きそうで…
あぁ、あのヒュッレムでメフメト勝利の雄叫びを聞きたかったなー
撮り直ししてくれないかなー、本当。
残念すぎる…

※イブラヒムとヒュッレムが恋仲になっているらしいドラマからは想像もつかない漫画、気になります↓

※シーズン3のその他ネタバレ感想はこちら↓

※シーズン2のネタバレ感想はこちら↓

※シーズン1のネタバレ感想はこちら↓

スポンサーリンク