働くダラ母

趣味の海外ドラマと時々仕事、家事、育児を綴るダラなワーママブログ。

ポロス 〜古代インド英雄伝~ シーズン3 第6話〜第10話 ネタバレ感想

プル、ペルシャ行くの!?

シーズン3その他のネタバレ感想はこちら↓

シーズン2のネタバレ感想はこちら↓

シーズン1のネタバレ感想はこちら↓

ネタバレ

簡易的に書いておりますので悪しからず。

第6話

「アレクシェナダラ」の予言をみんなが不思議に思う中、そこに巫女の弟子が現れる。
巫女の弟子はアレクサンドロスペルシャを攻め、その後インドの征服を目論んでいることを伝える。
驚くインドの人々。
その後全員で集まり対策を練るが、異邦人は信用できないと言うアンビ王とシヴダッド。
しかしプルが導師の予言を持ち出し、対策すべきだと訴える。
バムニも同調し、インドで連合軍を作るべきだと言う。
そしてプルは敵を知るためにペルシャへ向かうと宣言する。

アレクサンドロスペルシャ人の遺体を川に流し、恐怖心を植えつけようとする。
クレイトスがペルシャの残党を殺そうとするところを止め、残党のペルシャ兵は精鋭だと言って家族を含めてマケドニアに取り込むと言う。
するとペルシャ兵は同調し、アレクサンドロスに従うことにする。

第7話

プルはペルシャへ行く必要性を訴えるが、バムニは王として認めない。
アヌスヤは父親として息子を失いたくないからだと理由を話す。
するとプルは、息子としてバムニと話すと言い、バムニの元へ行く。

アレクサンドロスはハリカルナッソスへ向かう準備をしていた。
しかしヘファイスティオンとクレイトスから、ペルシャ兵を指揮官に据えたことに兵の士気が落ちていると言う。
しかしアレクサンドロスペルシャ兵が裏切ることはないと力説。
急いでハリカルナッソスへ向かう。
しかし、都市の守りが固く攻め方をあぐねるマケドニア軍。
その頃川が血で染まったのを見たダレイオスは怒りに震え、アレクサンドロスをハリカルナッソスで挟み撃ちにしようと海からも軍隊を送るよう命じる。
バルシネはピンチには駆けつけると言ったプルの言葉を信じる。
アレクサンドロスはハリカルナッソスの太守の姉が昔ハリカルナッソスを統治していたことを踏まえ、その姉を探し出すことが必要だと策を立てる。

第8話

プルは自分への愛情からバムニがペルシャ行きを許してくれないことに対し説得をする。
子どもへの愛から王の責務を放棄して欲しくないというプルに、バムニはある決断をして会議を開く。
その会議でバムニはプルのペルシャ行きを認め、次世代の人々にプルへの同行を要請する。
すると真っ先にアンビ王子が手を上げ、ハスティもプルへの忠誠心を語る。

アレクサンドロスはカリアの王女アダに会いに行く。
そこでアダはアレクサンドロスの来訪の目的を当てると、アレクサンドロスは都市への経路を教えろと言い、その見返りとして太守の座を約束する。
するとアダは、角の丸くなった石を渡し、水に囲まれた都市に関するヒントを与え、アレクサンドロスは笑みを浮かべる。
そして都市を落とした暁には太守になれることを約束してアダの元を去る。

第9話

プルに同行すると言うハスティに反対するプリタ。
しかしリプダマンの遺志を継ぎたいと言うハスティに止めるのをやめる。
ダスユからはラチが立候補。
そしてカニシカにもバムニは帯同を求めるが、シヴダッドは王子2人がいなくなることを反対。
プルもシヴダッドに賛同し、民に安心を与えるためにカニシカは残るべきだと言って残ることになる。
船着場でそれぞれの家族から見送られる面々。
アンビ王はプルに影響されてはならないとアンビ王子に釘を刺すが、アンビ王子は自分が成し遂げたいことをやると宣言。
アヌスヤが母親として育てられなかったことの悲しみを伝えると、プルはペルシャから戻ってきたらアヌスヤの側にいると誓う。

ペルシャに到着したダレイオスは、アレクサンドロスの軍勢が5万であることを聞き、各家庭から子どもを1人出すよう民に命令。
そしてイッソスアレクサンドロスを迎え撃つと伝えろと言い、民を鼓舞する。
不安を覚えるバルシネは、プルに手紙を送っていた。

第10話

プルの元にバルシネから手紙が届く。
それにはアレクサンドロスペルシャで2勝した話だった。
バルシネの手紙の目的が救援であることを知ると、アンビ王は救援を反対するが、プルはバルシネに恩があると言って救援すると宣言。
バムニは自分の信じる道を突き進めと言う。
出立する4人。
船の上でプルとラチが親しげにしているのを睨むアンビ王子。 すると森に火が上がっているのを見つけ、4人は針路を変えることにする。

アレクサンドロスはカリアの戦でも勝利し、カリアの王女アダを太守にすると宣言。
そしてアダはアレクサンドロスを自分の養子にすると言う。
アレクサンドロスは民を味方につけるため、こういった方策を取っていた。
アレクサンドロスはカリアの民の前でアジアの王となると宣言するが、アダはアジアの王となるためにはゴルディオスの結び目を解かなければならない故事を伝える。

プル達が出立した後、シヴダッドはカニシカを連れて怪しい場所に来ていた。
そこには蛇と娘がおり、カニシカは毒娘の世界であることに気づく。
シヴダッドはそれを使ってプルを亡き者にしようとしていた。

スポンサーリンク

BS日テレでも時期は遅くなるけどポロスは観れる!
スポンサーリンク

感想

第6話

なんか、進みが早いね。
これまでの『ポロス』とは思えないくらい。
そしてプル、ペルシャに行くんかい!!
こりゃダレイオスとまた会うフラグかしら?
アレクサンドロスの無慈悲さを知ってどうするつもりかね、プルは。
プルと一緒にラチとアンビ王子行ってくれないかな〜
アンビ王子もラチに気がありそうだから波乱になりそうだけど。

第7話

予告観る限りやっぱり若手勢で行きそうだね!
そしてバルシネもちゃんと助けそうな感じ。
アレクサンドロスは本当、サクサク進むね。
フィリッポス暗殺までがあんなに長かったのはダレイオスをペルシャに返すためね…
ダレイオス、アレクサンドロスを甘く見てるけどアレクサンドロスはヤバイぞー
まあコテンパンにやられて欲しいからいいけど!!
それにしてもアレクサンドロスはすごいね。
策を練っててさすが。

第8話

プルの言う通りで、王様が自分の子どもかわいさから戦に出せないと反発を食らうわな…
まあ普通の親の感覚としては真っ当なんだけど、戦争があった昔は大変だったんだよね…
ハスティがなんかかっこいいこと言ってるけど、どうしてもこれまでのハスティの嫌な部分が脳裏をちらつく…
また裏切ったりするんじゃないかと不安…
アレクサンドロスパート、今のところサクサク進むねぇ。
プルVSアレクサンドロスがすぐ来そうな感じ。

第9話

このドラマ、男女平等を描こうとする場面好きなんだけど、男女にそれぞれの役割を求めようとする描写は多いよね。
特に母親。
母親は子どもを育てるもの、それに喜びを感じるもの、っていう描写がすごく多い。
インドの考え方はよくわからないけど、日本でもまだその考えが根強く残ってるからしょうがないのかな…
なんか、その辺だけはモニョるのよね…
ラチの言葉はよかった!!

そしてダレイオスが着々とフラグを立てている…
頼むからコテンパンにやられてください!!

第10話

アンビ王子のあの不穏な空気…
三角関係勃発でヤバい感じ!?
ひぇ…
今度は恋愛パートに不安が…
まあプルとラチなら大丈夫だろうけども。

そしてアレクサンドロス、あっさりカリア攻略したのね。
最初わからなかったわ。
アレクサンドロスはゴルディオスの結び目、解けなくて剣で斬りそうな気がする…

そしてシヴダッドー!!
もう…あなたはいつまで経っても悪役なのね…
せっかくプルが牢屋から出してくれたのに…
改心する日は来るのか…?

『ポロス』を観るには?

2020/04/20時点ではシーズン3はHulu独占配信。
BS日テレも2020年の放送を予定してはいますが、最速はHulu!
1話約30分と非常にテンポよく観ることができるのでおススメです!

無料お試し期間中の退会もあり!

2週間無料トライアルもあるので、興味を持った方はどうぞ。↓

スポンサーリンク