働くダラ母

趣味の海外ドラマと時々仕事、家事、育児を綴るダラなワーママブログ。

新たなゾンビドラマの行末は… 『キングダム』シーズン2感想

いや~シーズン1観終えてすぐシーズン2も観終わってしまった。
Netflixの悪いところはね、全話すぐに乗っけちゃうこと。
全部観ちゃうじゃん!!(褒めてる)

シーズン1はあっさりめな記事を書きました。

poupe.hatenadiary.jp

f:id:poupe:20200502133509p:plain
※画像はNetflix公式サイトよりお借りしてます。

シーズン2はネタバレを織り交ぜながら、感想を書いていきたいと思います!
ネタバレNGな方は観てからいらっしゃってくださいね!

別れと覚悟

前半戦までで驚かされたのは、ムヨンの裏切り。
なんだかんだ怪しいヨンシンなんじゃないの~?なんて思ってたら…(私はなんて単純なんだ…)
そしてあっさり死んでしまうなんて…
世子様との間柄、好きだったのに… なんで奥さんをチョ・ハクチュ側に預けちゃうのよ、ムヨン!!
世子様ならどうとだってしてくれただろうに…
なんで…
と思うくらい、悲しかった。
その辺が細かく描かれてないのでモヤモヤも残るけど…

そして命からがら助かったチョ・ハクチュがあっさり王妃に殺されるのもまた驚き。
噛まれて死んでしまえばよかったのに、という悪い思想を持った私ですが生き返ってしまって落胆したものです…
ですので、ここで死ぬの!?と逆に驚かされましたね。
王妃はやはりチョ・ハクチュには従わなかった。
プラス、王座を守るために世子様軍団に囲まれた後やったことがゾンビの解放ってのがまた…
自分の目的を果たすことができなくなった時の自暴自棄になる気持ち、わからなくはないけどそれでは王座は守れるかわからんだろ、というツッコミをしたかった。
まあある意味王妃の覚悟なんでしょうけども…
そしてその王妃が襲ってくる姿もまた切ない…
因果応報なのかしらね…

生死草の謎とシーズン3に向けて

生死草の謎、だいぶ明らかになりましたね。
シーズン1でわかっていたことは「寒くなるとゾンビは昼夜関係なく動き始めること」だけでした。
それが今回のシーズン2でわかったことは以下の通り。

  • ゾンビになる原因は虫
  • 生死草についた虫の卵が孵化し、脳に到達することでゾンビ化
  • 噛まれても虫が脳に到達する前に噛まれた場所を水につけて虫が外に出てしまえばゾンビ化しない

実際、主役人の面々が全員噛まれたときは絶望的だったわー
「え!?これ全員ゾンビエンド??」って思ったもんね。
まあそんなわけもなく、無事に虫が外に出て助かったわけですけども。
そしてシーズン3に向けて残った謎がこちら。

  • 熱が苦手なはずな虫がなぜ加熱することで変異し、噛まれた人もゾンビ化するようになったのか
  • 王子が噛まれて虫が出ていったはずなのに、脳に向かう虫が見えたこと(卵が残り続けると、なんらかの理由で孵化する?それとも赤ん坊になにかある?)
  • 生きた人間の脳に直接虫が脳に行くとどうなるのか

あとよくわからない売人が出てきましたね…
私としてはあの売人いるかなーって思いましたが、シーズン3があるならそれを観てからどうだったかを決めたいと思います。

諸々の感想

世子様の決定、びっくりした。
王の血がつながっていないムヨンの子どもが王になるなんて…
なんて皮肉。
そして1番の被害者はムヨンの奥さん。
旦那は死ぬわ、自分の子どもは母親だと名乗れず見守らなければならないわ、かわいそすぎ。
その辺は救ってほしいし、王子も寂しそうだから誰か家族の元へ返してあげて…
世子様が王様になってもいいのに、なんて他人想いなんだ世子様…
そして全般通してソビがキーパーソンだったね!
ボムパルはいろいろやらかすんだけど、憎めない人だったわー
そして全編を通じてヨンシンが私好き。
あのミステリアスな感じと、献身的な行動がかっこいい。
たぶん、最初にゾンビ化させちゃったことを心の中で後悔してるんだろうね。
キャラクターもそれぞれ立ってて、そういうところがおもしろさの1つだったと思う。

さぁ、チョ・ハクチュと王妃が亡くなって盛り上げられるのかシーズン3に期待したいです。

スポンサーリンク