働くダラ母

趣味の海外ドラマと時々仕事、家事、育児を綴るダラなワーママブログ。

ポロス 〜古代インド英雄伝~ シーズン3 第16話〜第20話 ネタバレ感想

アレクサンドロスかっこいい!!

シーズン3その他のネタバレ感想はこちら↓

シーズン2のネタバレ感想はこちら↓

シーズン1のネタバレ感想はこちら↓

ネタバレ

簡易的に書いておりますので悪しからず。

第16話

ダレイオスが外に出てみると、ダレイオスが命じて襲わせたペルシャ兵が死んだ状態で外にいた。
アレクサンドロスが兵に止めを刺し送り届けたのだった。
しかしペルシャに奇襲を掛けられ、兵力でも劣ることに不安がるマケドニア兵。
アレクサンドロスは渡って来た橋を燃やし、帰りたければイッソスで勝つしかないと士気を煽る。

プル達は弟のマラヤを笑顔にさせようとコイン当てゲームをする。
見事当てたマラヤは笑顔になり、プルと食事をする。
プルはマラヤの名前を聞いてどんな困難でも乗り越えられると励まし、マラヤはプルに抱きつく。
2人が抱き合っているところにヴィシュッディがやって来てプルを殺そうとするが、マラヤが咳をして気づかせる。
そしてヴィシュッディはマラヤを連れて行った。

第17話

アレクサンドロスペルシャとの戦いの前に兵士達を鼓舞し、ダレイオスとの戦いへ向かう。

プルは毒蛇に襲われた話をラチにした上でヴィシュッディが怪しいと言う。
ヴィシュッディはプルと仲良くしたマラヤに怒り、柱に縛り付ける。
そして人間は身勝手な生き物だと言い、自分が父親からヴィシュカンニャに売られた話をする。
そしてプルも例外ではないと言い、船底に穴を開けて船を沈ませようとする。
しかしそんな中でもマラヤはプルは助けに来てくれると言い、それならば助けに来た時に殺すか、上陸した際に殺すと決意する。
プル達は船が沈む原因を突き止めるが、水を止めることができず船を降りることに決める。
全員海の中に飛び込んだことを確認したと思ったが、マラヤ達がいないことを知りプルは1人で助けに向かう。

第18話

プル以外の全員は岸に到着するが、沈みゆく船を見て不安になるラチ。
プルはヴィシュッディとマラヤを見つけて救出。
ヴィシュッディはプルを殺そうとするが、船の板が落ちて来て気を失ってしまう。
プルは2人を連れて岸まで向かうが、途中ヴィシュッディがワニに襲われそうになる。
プルは海に浮かんでいた桶に一時的にマラヤを避難させ、ヴィシュッディを助けにいく。
ヴィシュッディはプルを殺せる幸運だと思ったが、プルはワニと格闘し海に沈んでしまう。
ハスティはマラヤを救いに行き、ラチもプルの元へ行く。
すると、プルは無事ワニを殺すことに成功していた。

ダレイオスと対峙したアレクサンドロス
クレイトスは10万と予想していたペルシャ軍が倍以上いることに驚く。
そんな中、アレクサンドロスはダレイオスに1人で会いに行く。
ダレイオスはアレクサンドロスがやってくるのは和睦の申し入れだと考える。

第19話

アレクサンドロスの元へダレイオスも向かい、2人は対峙する。
アレクサンドロスはインドへの征服が失敗したことや商人の考え方をするダレイオスに宣戦布告。
姑息な手段を使うことに対しても責めるアレクサンドロスは自分のことを大帝(シカンダル)と呼ぶように言う。
そして火蓋は切って落とされるが、アレクサンドロスは明後日の方向に軍を向かわせる。
ダレイオスは、アレクサンドロスが怖気付いて逃げ出したと判断するが、軍を率いたモーセを向かわせる。
実はこれはアレクサンドロスの作戦通りで、モーセ達が出てきたところの空間を攻めたてようとしていたのだった。

ヴィシュッディは毒の筒をなくしたことに気づく。
プルは毒蛇が忍び込んだのも船に穴を空けたのもヴィシュッディだという話をみんなにして、ヴィシュッディに毒の筒を返しに行く。
気づかれたと悟ったヴィシュッディは、自分が毒蛇を忍び込ませて船に穴を開けたことを認める。
するとそこに毒矢が飛んできて、矢が刺さった乗船員の1人の体が青くなって死んでしまう。
ヴィシュッディがここはヴィシュカンニャの島だと言い、たくさんの毒矢を放つヴィシュッディの仲間達からプル達は逃げ出す。

第20話

ヴィシュカンニャの森で隠れるプル達。
しかし彼女達の森であるためすぐに見つかりそうになる。
そんな中ヴィシュッディがプル達を助けるためわざと仲間の前で倒れる。
プルはヴィシュッディを信じその間にヴィシュカンニャの武器を奪い、ヴィシュカンニャ達と戦う。
戦闘を制すが、プルはヴィシュカンニャに引っ掻かれ身体に毒が回る。
そこでヴィシュッディが解毒剤を渡し、信じたプルは飲んで解毒に成功する。
そしてヴィシュッディはペルシャへ急ごうと言い、自分は役立つと話す。

アレクサンドロスは戦術によりペルシャ軍を分断することに成功。
そしてファルスと対峙し、ファルスの首をはねた。
ダレイオスへ向かおうとしたが、日没が訪れたため今日の戦いは終了となる。
ペルシャ軍は1日で半分の兵を失い、マケドニア軍も想定より多くの兵を失って残り3万5千となる。
アレクサンドロスは明日戦いを制すと宣言。
ヘファイスティオンはアレクサンドロスならやってのけると話し、アレクサンドロスは母親のオリュンピアス以外に信じられるのはヘファイスティオンだけだと話す。
一方、ペルシャ軍ではモーセがファルスの死を嘆き悲しむ。
ファルスの首が見つからないと言って泣くモーセにダレイオスは明日こそは勝利すると軍を鼓舞する。

スポンサーリンク

BS日テレでも時期は遅くなるけどポロスは観れる!
スポンサーリンク

感想

第16話

いや〜予告のアレクサンドロスかっこいい!!
ダレイオスの戦闘姿初めて見たけどなんか似合わないね…
さあ!!
アレクサンドロス、がんばってダレイオスを叩きのめしてくれ!!

さて、ヴィシュッディはいつプルを殺せるかな…?
まあ失敗に終わるのは目に見えてるんだけどね。
マラヤ超いい子〜

第17話

ヴィシュッディは自分が捨てられたことを根に持ってプルを逆恨みしてる部分があるのね。
ただのマラヤへの嫉妬じゃんか…
まあ元はと言えばヴィシュカンニャの命令で来てるんだろうけど。
マラヤに八つ当たりしてるところはお子様だとしか思えん…
元はかわいそうとはいえね。
まあプルが怪しく思ってくれてるので大丈夫だとは思うけど、船が沈んでどうするの??
どうやって旅を続ける気なんだろう。
アレクサンドロスの元へ行くのはまだかかりそうね…

第18話

今日は久しぶりにツッコミどころ満載だったね!!
たぶんあの海ではみんな足がついてたよね??
普通に立ってただけっぽい。
そしてヴィシュッディは気を失って浮かんでたけど、それで船から脱出可能なの??
びっくりなんですけど…
本当、久しぶりに「なんで??」ってなっちゃったw
そして毎回暗殺に失敗するヴィシュッディはもはやコントw

ダレイオス、すごい自信ありげだよね〜
早く鼻っ柱をへし折ってね、アレクサンドロス!!

第19話

いや〜アレクサンドロスやっぱりかっこいいわぁ〜
嫌味なダレイオスと全然違う!!
そしてダレイオスはアホなのかしら?
あれだけ直前に豪語していたアレクサンドロスが逃げ出すとでも?
パウラヴァでは巧みに人間関係を壊していったけど、いざ戦争となると苦手みたいね。
全然人間心理読めてないじゃんかと思う。
まあそれでアレクサンドロスにやられてくれて全然いいんだけどね!!
アレクサンドロス、いやシカンダルがんばって!!

ヴィシュッディがあっさり自分のやったことを認めたと思ったらヴィシュカンニャの島なのね?
でもシヴダッドとカニシカがいたところではないよね?
支部でもあるのかしら?
それとも島までシヴダッド達も行ったの??

第20話

ちょっと今日は展開が盛り沢山すぎて整理ができん。

まず、なぜにヴィシュッディはプル達を助けたの??
あの船の中で殺そうとしてたヴィシュッディはどこへ??
もしかしてヴィシュッディ双子??
それともわざとヴィシュカンニャの島へ到着させて裏切った?
それなら毒蛇で殺そうとする必要はなかったのでは…
理由は明かされるのかな?
あとハスティ、本当に人が変わったのね。
昨日もプルを守ったし、プルを本気で心配してて改心したのにびっくり。
改心してもこれまでやったことは許さないと以前ブログで書いたけど、ここまで落ち着くとは驚きだわ。
昔やったことは忘れないけどね…
信用は少しできそうな気はしてきた。

そしてファルス。
びっくりした…
あまりにも一瞬で、1回巻き戻ししたもん。
「え?腕じゃなくて首切られた?」って。
あっけない死で…
モーセが悲しむのも仕方ない…
それにしてもダレイオスが戦いに関しては精神論なのが意味不明。
あんなにいろんな策を練ってパウラヴァを壊そうとしてたのに。
軍の参謀もあるだろうに、単にダレイオスが戦に弱いだけなのか…?
うーん…

あと唐突なアレクサンドロスとヘファイスティオンのラブシーン??がびっくり。
まあ史実?なのか噂はあるからねぇ。

とにかく今日はてんこ盛りの20分だった。

『ポロス』を観るには?

2020/04/20時点ではシーズン3はHulu独占配信。
BS日テレも2020年の放送を予定してはいますが、最速はHulu!
1話約30分と非常にテンポよく観ることができるのでおススメです!

無料お試し期間中の退会もあり!

2週間無料トライアルもあるので、興味を持った方はどうぞ。↓

スポンサーリンク