働くダラ母

趣味の海外ドラマと時々仕事、家事、育児を綴るダラなワーママブログ。

ポロス 〜古代インド英雄伝~ シーズン3 第26話〜第30話 ネタバレ感想

相変わらずのアヌスヤ〜

シーズン3その他のネタバレ感想はこちら↓

シーズン2のネタバレ感想はこちら↓

シーズン1のネタバレ感想はこちら↓

ネタバレ

簡易的に書いておりますので悪しからず。

第26話

アレクサンドロスペルシャ衣装が似合うかとスタテイラとドリュペティスに問う。
似合うと答える2人の次に、アレクサンドロスペルシャ帰りのバルシネに興味があると言い、市場が燃えた際に笑顔を溢していた理由を問う。
誤解だと言うが、アレクサンドロスは信じない。
そしてインドの話を教えて欲しいと言い、宴に行ってもてなすと3人を誘う。

バムニはアヌスヤにプルの腕輪を見せてプルが亡くなったと聞いたことを伝えて涙する。
しかしアヌスヤは母性からプルは死んでいないと言い、水の中で産まれて水に生かされたプルが死ぬはずもなく、ピンチになったら3人を救うはずだとバムニを励ます。
そしてバムニはアヌスヤを信じると言い2人は抱き合う。

プル、ラチ、ヴィシュッディはペルシャ人の衣装に着替え、宴の中に紛れ込もうとしていた。

第27話

プルは警備が厳重な先にバルシネがいると読み、ヴィシュッディに頼んで兵の注意を逸らしてもらって先に進む。
しかし中も兵がおり、なかなか進めない。
プルは1人の兵を倒して兵の格好に着替えると、アレクサンドロスが宴に呼んでいると言い兵を騙す。
しかしその先にも兵がいたため悩んでいると、バルシネから先へ進む方法が書かれた旗を見つける。
バルシネから窓から入るように言われたプルは、行こうとするがアレクサンドロスから遣わされた兵がやってきて挟まれてしまう。
しかしヴィシュッディが酔っ払ったフリをして兵の気を逸らしたうちにプルとラチは進むことに成功する。
バルシネはやって来た兵にドリュペティスが倒れたから、具合がよくなってから行くと嘘をつく。
そして窓から到着したプル達を見てバルシネは大喜びする。
その頃、アンビ王子とハスティは馬車の調達に成功していた。

第28話

アレクサンドロスの元にダレイオスからの書状が届く。
アレクサンドロスは王族の前で書状を読むと言ってバルシネ達の元へ向かう。
その頃バルシネ達を逃がそうとしていたプル。
アレクサンドロスが向かっていることを知らせる矢文がヴィシュッディから知らせを受けたアンビ王子から届き、プルとラチは窓辺に隠れる。
アレクサンドロスがやって来て、バルシネ達の様子を見て誰かが逃がそうとしていたことに感づく。
プルとラチが隠れる窓辺に近づこうとするのを気を逸らせて止めるスタテイラ。
アレクサンドロスは王族の前で書状を読み始める。
そこにはペルシャを共同統治しようと言う提案が書かれており、その条件の中にバルシネとの婚姻が描かれていた。
アレクサンドロスはその場でヘファイスティオンに返事を書かせ、ペルシャ王ではなくなったダレイオスが条件を提示することなどできないと言い、1ヶ月猶予を与えるから逃げてみよと言う。
そしてアレクサンドロスは書状からダレイオスが今バクトリアにいると言う。

第29話

アレクサンドロスは宴に向かう前に、気になることがあると言ってプルとラチがいる窓辺に近づく。
そこには誰もいなかったが、足跡が残っていた。
バルシネの支援者の存在に気づいたアレクサンドロス
プルとラチは直前に下に降り、なんとか邂逅は免れたがアレクサンドロスに気づかれたと悟る。
プルとラチはみんなと合流し、マケドニア軍の特徴を探る。
パウラヴァに帰ったら武器の特徴を真似たものを作ろうと言い、さらに探りを入れようとした時、兵に止められペルシャ市民が全員集まる場所に連れて行かれる。
アレクサンドロスはバルシネの支援者を明らかにしようとしており、バルシネにもなぜドリュペティスが具合が悪いのであれば窓は1つしか開けてなかったのかと問う。
バルシネは動転していたとしどろもどろの回答をする。
アレクサンドロスはバルシネにインドの話を聞かせて欲しいと言い、運命の相手であるプルのことを探ろうとする。
市民の元へ来たアレクサンドロスとバルシネ。
プルとバルシネはアイコンタクトを取るが、アレクサンドロスはバルシネの様子をしっかりと観察していた。

カニシカが王太子の立場を含め、すべてを奪ったプルに怒りを覚える。
シヴダッドはバムニにプルが死んだことを信じさせることはできなかったが、プルがいない間に必ずカニシカを王太子にすると約束する。

第30話

アレクサンドロスはバルシネの支援者を炙り出すため、ペルシャ市民を集めてアレクサンドロスの足に口づけを行わせる。
しかし、子どもが嫌がりアレクサンドロスを侮辱したため殺されそうになる。
そこへプルがやって来て子どもを救い、兵に囲まれるがヘファイスティオンと兵を蹴散らす。
兵がさらに増え囲まれたプル。
ヘファイスティオンが殺そうとするが、アレクサンドロスはそれを止める。

パウラヴァではバムニが民の話を聞いていた。
金細工職人がやって来て、長男がマガダに行商に行って以来行方不明になり店の跡継ぎをどうすべきか悩んでいると話す。
するとバムニは次男にも店を継ぐ権利があるため、次男に継がせて長男が帰って来たら長男に継がせればよいと言うが、バムニ自身の置かれた状況に酷似しておりバムニも悩む。
シヴダッドは計画通りだとほくそ笑む。

スポンサーリンク

BS日テレでも時期は遅くなるけどポロスは観れる!
スポンサーリンク

感想

第26話

アヌスヤさすが…!
かなりあり得ない話なんだけど、アヌスヤのその勘は当たるんだよな〜
母性すごすぎだけど、そんな勘は私にはないわ〜

そしてアレクサンドロスさすがシカンダル。
バルシネになにかを感じてる。
さあ、アレクサンドロスが認識するかは別にして、とうとう顔を合わせそうだね。

第27話

バルシネとプルの気持ちが伝わりすぎてて、ラチは嫉妬してないかしら??
そして優秀なヴィシュッディ。
連れて来て正解だね。
アレクサンドロスの勘はすごいわ〜
よくわかってらっしゃる。
アレクサンドロスがプルを認識したら、すぐ運命の相手だとわかりそう。
でも、今同じところに2人がいるから場面が切り替わらなくて変な感じ。
いつもパウラヴァとマケドニアの交互に観てたから。

第28話

アレクサンドロスはさすがだわー
最近感嘆することが多い。
でもプルもアレクサンドロスのことわかってきてるっぽいね。
そこもさすが。
それにしてもこんな状況でも面の皮が厚いダレイオスさすがw
負けといてあんな上から目線の手紙が書けるその心意気を見習いたいくらい。
バルシネはいつもダレイオスの手駒に使われててかわいそう…
史実ではダレイオスの娘がアレクサンドロスに嫁いでるけど、バルシネはこのまま嫁いでアレクサンドロスとプルとの戦いにも関わるのかしら…

第29話

いや〜ここのところのアレクサンドロスの頭の回転のよさがすごすぎる。
これ、プルは敵うのか?と心配になるレベル。
無事パウラヴァに帰れるかしら…
そしてバルシネを救うことは今回難しそうだな…
たぶん、アレクサンドロスと結婚してインドでプルと再会することになるんではなかろうか…
あと、プルはマケドニアの武器を真似するだけで大丈夫かな?
それだと同等にしかなれないから、もっとどうにかしないと…

シヴダッドは相変わらずですね。
バムニに毒蛇を使ってなにかするのかしら?
あんなに弟大好きなのに、今やそれよりもプル憎しなの…?
大好きな弟を傷つけるの…?

第30話

とうとう、アレクサンドロスもプルを認識したねー!!
いや〜感慨深い!!
しかも予告を観ると決闘しそうな上に自分がインドから来たことをバラしてる?
楽しみだわ〜
それにしてもプルはもう少し頭を使った助け方をするのかと思ったら、なにもひねりのない助け方で笑った。
まあそれがプルなんだけどね〜

バムニはもしかして一旦カニシカに継がせるのか…?
プルが帰ってきたら継がせ直すのかしら?
バムニが病気になるフラグ?
シヴダッドはそこまでしてプルが憎いのか…

『ポロス』を観るには?

2020/04/20時点ではシーズン3はHulu独占配信。
BS日テレも2020年の放送を予定してはいますが、最速はHulu!
1話約30分と非常にテンポよく観ることができるのでおススメです!

無料お試し期間中の退会もあり!

2週間無料トライアルもあるので、興味を持った方はどうぞ。↓

スポンサーリンク