働くダラ母

趣味の海外ドラマと時々仕事、家事、育児を綴るダラなワーママブログ。

ポロス 〜古代インド英雄伝~ シーズン3 第31話〜第35話 ネタバレ感想

早速喧嘩を売るプル、大丈夫なの!?

シーズン3その他のネタバレ感想はこちら↓

シーズン2のネタバレ感想はこちら↓

シーズン1のネタバレ感想はこちら↓

ネタバレ

簡易的に書いておりますので悪しからず。

第31話

インド人っぽい見た目に興味を持ったアレクサンドロスはプルに話しかける。
そしてヘファイスティオンを倒したことへの謝罪をせよと言い、ヘファイスティオンの足元への口づけを求める。
もししなければ命はないと言われたプルは従おうとヘファイスティオンの元へ行くが、口づけをせずヘファイスティオンを転ばせたためアレクサンドロスの怒りを買う。
しかしプルは自分がインドから来たことを認め、母国を脅かす者がいれば立ち向かうと言い、そんなプルを見てアレクサンドロスは牢屋に閉じ込める。
牢屋に閉じ込められたプルの元にやって来たアレクサンドロス
プルがバルシネの支援者で確信したアレクサンドロスは、ペルシャの民の前でその気概を見せてみよと言い、マケドニア兵士と決闘させると宣言する。
プルは受けて立ち、インド人の力を見せると言う。

アヌスヤはバムニの元に行き、民を安心させるためにもプルが不在の間はカニシカを王太子に擁立すべきだと話す。
しかしプルが戻ってきたことを案ずるバムニ。
そんなバムニをアヌスヤは過去にも同じような事例があったと説得し、バムニはカニシカを王太子にすることを決める。

第32話

アレクサンドロスはプルに剣闘試合をさせると言う。
プルはインドの底力を見せてやると意気込むが、心配するラチたちはなんとかプルを救い出そうとする。
しかしプルは今は俺の命よりインドのことを考えて行動して欲しいと言う。
心配するアンビ王子だが、ラチはアレクサンドロスはプルの底力を知らないと自信を見せる。

その頃パウラヴァではカニシカの灌頂式が行われていた。
そこへプルの従者とマラヤがやって来るが、シヴダッドの部下がそれを目にしてシヴダッドに報告する。
その間マラヤはアヌスヤの元へ行ってお菓子をもらい、アヌスヤと話すことになる。
マラヤの名前の由来をプルから聞いていたマラヤはその話をアヌスヤにし、アヌスヤは誰に聞いたのか問う。
マラヤがプルの名前を口にしようとしたところにシヴダッドの部下が現れマラヤが宮廷料理人ゴパラの子だと嘘をついて連れて行く。
胸騒ぎがしたアヌスヤはマラヤを探す途中でゴパラに会い、マラヤのことを尋ねるがゴパラは独身だから息子はいないと答える。
そうしてアヌスヤはマラヤを連れていった兵が嘘をついていたことを見抜く。

第33話

アレクサンドロスはオリュンピアスと巫女に言われたことを思い出していた。
するとそこへ、オリュンピアスがやって来る。
オリュンピアスはプルと対峙すべきではないと言うが、アレクサンドロス聞く耳を持たない。
闘技場へやってきたプル。
アレクサンドロスはプルが生き残るには勝利しかないと言い、その力を見せてみよと言う。
そして第1試合が始まろうとしていた。

パウラヴァではプルについて行った従者が殺され、シヴダッドはマラヤを処分しようとしていた。

第34話

プルは剣闘試合を開始。
1人目は負け知らずだから心配ないとオリュンピアスに話すヘファイスティオン。
しかしプルはあっさりと1人目に勝ってしまう。
それを見たラチ達はプルの願い通り剣闘試合が終わる前に任務を終えるために動き出す。
プルは剣闘試合で負けた1人目の戦士にトドメを刺すことなく助けてあげる。
その行動に驚くマケドニアの面々。
プルは敵であれ、降参する者には慈悲の心で向かうのがインド人だと言う。
そして第2試合。
アレクサンドロスはプルがただ強いだけではなく知恵もあると見抜き、プルの目的がダレイオスの消息を知ることだと考える。
第2試合では馬に乗った2人の戦士に囲まれるも、あっという間に倒してしまうプル。
その2人にも降参の意思が見られるとプルは攻撃をやめたのだった。

第35話

マラヤはシヴダッドの兵に殺されそうになるが、プルの言いつけを守り自ら兵士の腕を噛んで逃げ出す。
アヌスヤもマラヤを探し、逃げ出したマラヤを救う。
その頃灌頂式ではアヌスヤの欠席を訝しむシヴダッド。
バムニもアヌスヤになにか起きたのではないかと心配していた。
探しに行こうとするバムニだが、カディカに王と父の責務を果たす時だと止められ探しに行くのをやめる。
シヴダッドはマラヤが逃げたと聞き、探しに行く。
アヌスヤはマラヤから船が沈んだ時にプルに助けてもらったと聞き、プルが生きていることを喜ぶ。
そして自分はプルの母親であること、シヴダッドが黒幕であることを知り、マラヤを守るために戦うことを決意する。

プルは第3試合で4人の兵士と戦っていた。
その戦いでも兵達を倒したプル。
その頃、ラチ達はマケドニアの武器庫や船を襲い、油を撒いていた。

スポンサーリンク

BS日テレでも時期は遅くなるけどポロスは観れる!
スポンサーリンク

感想

第31話

プル、喧嘩っぱやすぎやしない!?
心配になるレベルでトントン拍子で2人が絡み始めたよ!!
まあ残虐非道なことをするアレクサンドロスを許せないのはわかる。
わかるけど、そんな感情で動かなくてもよくないか??
少しはその明晰な頭脳を使って立ち振る舞おうよ、プル。
というくらいプルが喧嘩売りすぎてて心配。
そして大好き決闘がやって来るのね。
まあまたコテンパンにするのだろうけど、ほんとこのドラマ決闘好きよね。
でもプルが勝ったらアレクサンドロスはどうするつもりなんだろ?

そしてカニシカ王太子にしちゃって大丈夫か??
不安だよ…
今回はアヌスヤからの進言だけどさ。

第32話

シヴダッド、手下がアホで大変だねw
シヴダッドの言う通り見張りもつけずにいるのはダメだ。
それにしてもマラヤは危険な目に遭うなー
大丈夫かな?
まあアヌスヤが助けてくれるね、きっと。
マラヤは今後もキーパーソンになるんだろうか?
親も死んでいないし、成長してプルと一緒にアレクサンドロスと戦うとか?

さてそんなプルの剣闘試合にアレクサンドロスは出るのかしら?

第33話

唐突なオリュンピアスw
まあこの人がなにをしてもあんまり驚かないんだけども。
でもかなり久しぶり!!
相変わらずで!!

闘技場でのアレクサンドロスとプルの睨み合い、あれはインドでの戦いで見ると思ってたのに今見てることを不思議に思う。
いや〜主人公2人の姿はかっこいいわ〜
さ、プルはいつものごとく苦戦しながらも勝ってね!!

第34話

なんか試合があっさりすぎてびっくり!!
ペルシャとの試合の時には結構な尺を割いてたイメージなんだけど、展開が早いね。
だからこそ余計にマケドニア兵士が弱く感じてしまう…
ペルシャ兵より屈強ではないしね。
それにしてもアレクサンドロスは賢いなー
プルの動きや目的を完璧に読んでる。
やっぱり恐ろしいよ、アレクサンドロス
プル、どうやって立ち向かうのか…

第35話

さすがアヌスヤ!
プルの立ち向かう姿はアヌスヤを彷彿させるのよね。
プルのあの気概は絶対アヌスヤ譲りだと思う。
マラヤがんばったね〜
アヌスヤについてれば大丈夫だよ!

それにしてもアレクサンドロスは容赦なくプルを殺しに行ってるね…
1対4かつ武器持ちとかめっちゃ不利じゃんプル…
まあそれでもあっさり勝つんだけどね。
これを見てるとマケドニア兵がペルシャ兵と熊より弱いと思ってしまう…
これまでの決闘、プルが少し苦戦したことがあったからさ。
やはりマケドニアが勝ったのは一重にアレクサンドロスの頭脳のお陰なのかもね…

『ポロス』を観るには?

2020/04/20時点ではシーズン3はHulu独占配信。
BS日テレも2020年の放送を予定してはいますが、最速はHulu!
1話約30分と非常にテンポよく観ることができるのでおススメです!

無料お試し期間中の退会もあり!

2週間無料トライアルもあるので、興味を持った方はどうぞ。↓

スポンサーリンク