働くダラ母

趣味の海外ドラマと時々仕事、家事、育児を綴るダラなワーママブログ。

ポロス 〜古代インド英雄伝~ シーズン3 第51話〜第55話 ネタバレ感想

チャーナキヤがすごい。

シーズン3その他のネタバレ感想はこちら↓

シーズン2のネタバレ感想はこちら↓

シーズン1のネタバレ感想はこちら↓

ネタバレ

簡易的に書いておりますので悪しからず。

第51話

シヴダットはアヌスヤを侮辱し、これから娼婦として生きていくのだと告げるがアヌスヤは侮辱に負けず毅然とした態度を取る。

アレクサンドロスの元にチャーナキヤが到着したとの連絡がヘファイスティオンより入る。
アレクサンドロスは書状の内容を問うが、チャーナキヤは自分が会って話すと伝えられる。
その言葉にアレクサンドロスはチャーナキヤを斬って書状を代読しろと言うが、ヘファイスティオンはその言葉を聞いて驚く。
アレクサンドロスが言った言葉をチャーナキヤが伝えてきたからだった。
そのことを知ったアレクサンドロスはチャーナキヤに興味を示し自ら会うことを決める。

アンビ王とアンビ王子が口論しているところに出くわすプル。
アンビ王は戦いの方針について古い考えではなく新しい考えについていかないといけないと言うが、アンビ王子は怪訝な表情。
戦略について問うと2人は顔を見合わせる。
プルはその後ラチとハスティを連れて戦象の元へ着く。
アレクサンドロスに勝つためにアレクサンドロスが見たことがない戦象を使うと言う。

第52話

チャーナキヤは学僧だと名乗るが、興味がないアレクサンドロスは去ろうとする。
しかしチャーナキヤが巧みな話術で興味を持たせ、天幕内で今後について話すことになる。
チャーナキヤはタクシラの安全を保証するのであればプルの身柄を引き渡すと約束。
ただし、少しでもタクシラの安全を脅かせばその約束は白紙に戻ると言い、アレクサンドロスは快諾する。

アヌスヤは娼婦達に助けられなくて申し訳ないと謝罪されるが、アヌスヤはいずれプルが助けに来てくれると話す。

プルは像を手懐けようとするも苦戦。
しかし像の足に縄をかけ力比べを行い、縄が切れた後像に対峙するとプルは像の上に乗ることに成功する。

第53話

アンビ王はプルを差し出すことを決めるが、アンビ王子はインドのために反対する。
チャーナキヤは2人が対立するのは観点の相違からだと言い、どうするか決めて欲しいと言う。
アンビ王はプルを騙して渡すことを決め、作戦を練る。
プルはハスティとラチに準備を頼み、アレクサンドロスとの対決に備える。
バムニの元へ行くと、バムニが目覚めインドのために戦ってこいと王命を下す。
そしてプルは2人でアヌスヤを助けに行こうと言い、バムニはアヌスヤも国のために戦うプルを誇りに思うだろうと話す。

そしてタクシラでのアレクサンドロスとプルの対決の日。
アレクサンドロスが準備しているところへルクサナがやって来て、プルを脅威に感じていると指摘。
アレクサンドロスはプルの首をダレイオスの首の返礼として贈るとルクサナに告げる。

第54話

ハスティはタクシラ軍が裏切るのではないかとプルに警告する。
ハスティに対しプルは自分を信じていればよいと言う。
アレクサンドロスはタクシラ軍が待っているところへやって来る。
チャーナキヤはアレクサンドロスとの戦いでは必ず負傷者が出ると言ってその場を離れる。
プルはマケドニア軍に向けて戦象の群れを向かわせる。
初めて見る戦象に驚くアレクサンドロス達。
戸惑っている中、ラチ率いるダスユ達が岩を落としアレクサンドロス軍に打撃を与える。
また、ダスユが矢を放つことでさらに打撃を与えることに成功する。
そんな中、ルクサナが戦象に襲われ馬車から放り出されてしまう。
戦象に踏まれそうになるところへアレクサンドロスが助けにやって来る。
そしてそこへプルが戦象に乗って姿を現す。

第55話

マケドニア軍は戦象から逃げ惑うが、アレクサンドロスは戦象の周りに火を放ち戦象を怯えさせることに成功する。
また、自らがプルが乗った象を倒すことでマケドニア軍に倒し方を示し戦象を次々と倒すことに成功する。
プルは戦象が倒される前にラチ達に撤退を命じ、ラチはプルから言われた次の責務へと移る。
プルは馬に乗りパウラヴァとタクシラを繋ぐ橋へ向かう。
アレクサンドロスは橋の上に立つプルに向けて兵を向かわせるが、プルに次々とやられて川に落ちてしまう。
その様子を見たアレクサンドロスは一旦兵を向かわせることをやめる。

スポンサーリンク

BS日テレでも時期は遅くなるけどポロスは観れる!
スポンサーリンク

感想

第51話

シヴダットも諦めないねー
アヌスヤはプルを失って気が狂っただけで、目的を持っていれば侮辱されても平気だと思うけどな。
プルが死んだと聞かされた方がよっぽど精神的にヤバくなるだろうね。
アヌスヤの自尊心は簡単には崩せない。

で、チャーナキヤすごいね〜
アレクサンドロスをよくわかってらっしゃる。
アンビ王とアンビ王子がなんか揉めてたけど、タクシラが本当に裏切るとか?
ならチャーナキヤの言葉も理解できるかも。
アンビ王子、味方でいてね…

第52話

あちゃー。
やはりか、アンビ王。
シヴダットと同じく、あなたも自己保身が強い人で…
インドのために戦うことはしないのよね…
プルを差し出して、っていうのがまたなんとも…
自分の甥よ?
なにか考えがあってのことならいいけど、これまでの行動からそれは考えにくいなー
たぶん、チャーナキヤの言葉はこれを指していたのではと予想。
さて、どうなる。

プルの戦闘は相変わらずピンチになっても不安はないw
勝つのがわかってるからね〜
アレクサンドロスとはどうなるかわからないけど。

第53話

アレクサンドロス・ルクサナ夫妻がおもしろすぎるんですがw
1回ダレイオスの首を持って行ってだけでルクサナが首を贈るのが趣味と決めつけるのとかw
まあでもあれだけ堂々とアレクサンドロスに物申せておもしろいやり取りできるからアレクサンドロスもベタ惚れなんだろうねぇ。
まさか自ら狂おしいほど愛してるとか言うとは思わなかったよ。

ていうか予告だとたくさんの象が出てきたけどどこから調達してきたんだw
あれだけの象に対抗しないといけないアレクサンドロスも大変だ。
プルはアンビ王が裏切ること、気づいているだろうか…

第54話

さすがプル!!
いや〜マケドニア軍にここまで痛手を与えられるのはすごい。
アレクサンドロスが珍しくやられっぱなし。
まあでもアレクサンドロスは一筋縄ではいかないからなー。
これからが怖い。
そしてプルのあの格好。
いつの間に着替えたんだ。
象につける籠みたいなものまで用意して。
さすがこのドラマ!!(褒めてる。)

第55話

やっぱりアレクサンドロスだわー
混乱せずに解決方法を示して鼓舞してしまうなんてマジで有能。
アレクサンドロスは戦略家でもあるから、組織としていいのか?とはたまに思う。
優秀な部下があまり育たないよなーと。
まあこれはアレクサンドロスのドラマでもあるから仕方ないけどね。
予告、あの爆破はラチへの指示では?
プルは絶対死んでないわ。
川は友達だもん。

『ポロス』を観るには?

2020/04/20時点ではシーズン3はHulu独占配信。
BS日テレも2020年の放送を予定してはいますが、最速はHulu!
1話約30分と非常にテンポよく観ることができるのでおススメです!

無料お試し期間中の退会もあり!

2週間無料トライアルもあるので、興味を持った方はどうぞ。↓

スポンサーリンク