働くダラ母

趣味の海外ドラマと時々仕事、家事、育児を綴るダラなワーママブログ。

ポロス 〜古代インド英雄伝~ シーズン3 第56話〜第60話 ネタバレ感想

クレイトスの表情が気になるんだけど、どうした?
※今回からルクサナではなくロクサネと記述します。
誰も正しい名前で呼ばないもんだから…

シーズン3その他のネタバレ感想はこちら↓

シーズン2のネタバレ感想はこちら↓

シーズン1のネタバレ感想はこちら↓

ネタバレ

簡易的に書いておりますので悪しからず。

第56話

プルは橋にアレクサンドロスをおびき寄せ対峙する。
しかしプルはラチに頼んで橋を爆破してもらいプルはジェーラム川へ沈んでしまう。
それを見たアレクサンドロスはプルをこんな形で死なせてたまるものかと川へ飛び込むが意識を失ってしまう。
そこへアレクサンドロスの部下がやって来てアレクサンドロスを救い、アレクサンドロスは息を吹き返す。
しかしアレクサンドロスが息を吹き返したことに喜ぶ周りとは異なり、クレイトスは怪訝な表情をしていた。

プルは意識を失ってしまうが、母なるジェーラム川の助けによりラチに救われ目覚める。
プルはアレクサンドロスにプルが死んだことを信じさせる必要があったと言う。
そして橋を爆破させることでパウラヴァへアレクサンドロスが攻め入ることがないようにしたのだった。
プルとラチはハスティとも合流してとある場所へ向かう。

第57話

プルはバムニの元にやって来た。
バムニはチャーナキヤによってその場に来れたのだった。
チャーナキヤはタクシラの裏切りを嘆き、アレクサンドロスとの戦いについてプルと語る。
アレクサンドロスは数手先を読んでおり、このままいけばパウラヴァやマガダまでもが制圧されるとチャーナキヤは言う。
プルはアレクサンドロスと軍を編成して戦うために死を偽装したと言い、時間を稼いだと語る。
チャーナキヤは今アレクサンドロスを阻むものはジェーラム川しかないと言うと、プルはアレクサンドロスがジェーラム川を渡るのを阻止すると宣言する。

その頃アレクサンドロスはタクシラでアンビ王に出迎えられていた。
アレクサンドロスはインド制圧の本拠地をタクシラにすると言い、タクシラは守ると宣言。
そしてアンビ王にプルを殺すために橋を爆破したのはすばらしいと言う。
アンビ王は自分ではないとわかっていながら自分がやったと嘘をつく。
その後バムニがいないことを知ったアンビ王はバムニを探しに行かせ、橋を爆破した人物を知るためにチャーナキヤも探しに行かせる。

アヌスヤの元にシヴダットがやって来てプルがアレクサンドロスとの戦いで死んだと告げる。
しかしアヌスヤはプルのことをなにもわかってないと言い、プルは生きていると言う。

第58話

プルはジェーラム川に入り、母国を守ることを誓う。
そして1度パウラヴァに戻りバムニの王位を奪還した上でアレクサンドロスと戦うと宣言。
ラチやハスティもプルの力になると言う中、チャーナキヤにも力を借りたいと頼むプル。
チャーナキヤはもちろん力を貸すが、バムニが王となるならば力を貸すことはできないと断る。
理由を尋ねるプルにバムニはその理由がわかると言い、国を守るために必要な王がプルだからだと話す。
チャーナキヤも民が王を選ぶと言い、選ばれたプルが王になることが必要だと言う。
その話を聞いたプルは即位する決意をし、そのためにはアヌスヤに即位式を行ってもらうと言う。

その頃プルが死んでアヌスヤが不要になったシヴダットはアヌスヤを殺そうと剣を投げる。
しかしアヌスヤは剣を手で受け止め、シヴダットに投げ返す。
アヌスヤはシヴダットに当たらないよう敢えて外したと言い、プルがシヴダットの死を見届けられるまでシヴダットを殺さないと宣言する。

ロクサネはプルを果敢な戦士だと称賛。
アレクサンドロスは生き残った自分が勝者だと言うが、それでロクサネの気持ちは変わらないと突っぱねる。
そこへオリュンピアスがやって来てなぜプルの死を確かめるために川に飛び込んだのか尋ねる。
アレクサンドロスはプルの死を確かめることこそが重要だったと言い、自分の運命を決めるのは予言ではなく自分自身のみだと証明したかったと話す。

第59話

アヌスヤを殺そうとするシヴダットに対し、1人の娼婦がアヌスヤを侮辱することは許さないと庇う。
するとシヴダットはその娼婦を殺し、アヌスヤをすぐ殺すのではなく苦しみをたくさん与えてやると言ってその場を去る。
アヌスヤは娼婦達にこの悔しさを持って女の底力を見せてやろうと鼓舞し、シヴダットと戦うことを決める。
その頃プルは老夫婦に変装してラチとともにパウラヴァに到着。
春祭りでみんなが浮かれる中宮殿に入るが、そこでシヴダットに呼び止められる。

ロクサネが入浴中にやってきたアレクサンドロス
なぜ自分の力を見せても愛してくれないのかと問うアレクサンドロスに対し、ロクサネは些事が見えてないと言う。
そういう人は足元を救われるとロクサネは言い、爆破のことを聞いた時のアンビ王の表情が曇ったことを指摘する。

第60話

シヴダットに呼び止められたプルとラチだが、通行手形を落としたからだった。
一言残してその場を去ったプルの後に、ダスユが目印にしている魚を持った人物が通りかかり、プルが生きてパウラヴァに入国したことを悟ったシヴダット。
カニシカに伝え、マラヤを人質に取るように命じる。
シヴダットが捜索を始めるも変装を変えるプルとラチ。
祭りの中に紛れ込むもそこへシヴダットがやって来る。
隙を見て逃げたプルとラチはパウラヴァへ入国したチャーナキヤに会う。
チャーナキヤはプルがパウラヴァを離れてから起こったアヌスヤのことを話し、シヴダットへの怒りを露わにする。
そしてシヴダットを殺すことの躊躇いが消えたと言う。

アレクサンドロスはアンビ王が嘘をついていたことを責める。
そして川の捜索を始めるがプルが見つからず、日没まで必ず捜し出せとヘファイスティオンに命じる。

スポンサーリンク

BS日テレでも時期は遅くなるけどポロスは観れる!
スポンサーリンク

感想

第56話

プル、本当は途中まで意識を失ってたってことだよね?
たまに出てくる母なるジェーラム川のナレーションが気になるわ。
あとクレイトスのあの表情も気になる。
いきなりどうした?
なんかあった??
アレクサンドロスを裏切るの?
この段階ではさっぱりわかんないや…

さて、プルが死んだと思ったアレクサンドロスはどうする?
そしてアレクサンドロスを騙したプルもどうする?

第57話

チャーナキヤは味方でよかった!
チャーナキヤがいれば心強いわ〜
そして相変わらずアヌスヤに精神攻撃は効かない…
まあプルのピンチを肌で感じ取れる人ですから。
というかアヌスヤへの侮辱は娼館に置いておくだけ??
もっとひどいことするのかと思ってたけど描写的に厳しいのか…

さあ、プルの反撃が楽しみだわ。
ぜひにともアレクサンドロスに勝って欲しい。
アレクサンドロスには負けて欲しいわけではないけど、プルにはインドを守って欲しいなぁ。

第58話

アレクサンドロスとロクサネの異端夫婦はおもしろい上にそこに元からおもしろいオリュンピアスが参戦するとすごくおもしろいよねw
オリュンピアスは変な人…って思ってたけど、ロクサネが登場してからその変な人加減がすごくいい風に作用してる気がする。
「続きは私の質問に答えてからにしなさい!」とか、喧嘩して嫁が自分の息子に盾ついてるのにそれをやってもよいと認めるオリュンピアスさすが!

そしてとうとうプルが即位かー
シーズン3 、即位まで観たいな…

第59話

夫婦といえど覗きかいw
アレクサンドロス、振り向いてくれないロクサネに結構焦ってる。
なんでも思い通りにいったからこそ、簡単に手に入らないロクサネが気になってしょうがないんだろうなー
逃げるものを追いたくなるあるあるですな。

そしてプルとラチは変装が確かにうまい!
ていうかそのカツラとかどうやって調達したのか知りたいわ、ラチ。
でもあっさりバレそう??
あんなムキムキな老人はなかなかいないからね〜
でも残り7話…
どこまで放送してくれるのだろうか…
続きが気になる!!

第60話

あと6話かぁ…
寂しいな。
シヴダットが殺される直前で終わりそうな気がする。
そして怒り狂うアレクサンドロス
ロクサネがめっちゃ優秀よね。
そしていつも無理難題を言われるヘファイスティオン、お疲れ様…

それにしてもプルラチの変装が毎回すごすぎて。
声まで変えてて本当にすごい。

『ポロス』を観るには?

2020/04/20時点ではシーズン3はHulu独占配信。
BS日テレも2020年の放送を予定してはいますが、最速はHulu!
1話約30分と非常にテンポよく観ることができるのでおススメです!

無料お試し期間中の退会もあり!

2週間無料トライアルもあるので、興味を持った方はどうぞ。↓

スポンサーリンク