働くダラ母

趣味の海外ドラマと時々仕事、家事、育児を綴るダラなワーママブログ。

『如懿伝』 第2話 ネタバレ感想

あの甄嬛が嫁いびりしとる…(世界線が違うのはわかってるけど…)

『如懿伝』を観るには?

2020/07/25現在、『如懿伝』はユーネクスト独占配信中。(BSなどの地上波は除く)
今回、初めてユーネクストに入りましたが、華流ドラマ好きにはぴったりです!
31日間の無料期間もあるので、ぜひ試してみてください!

また、これから私も観ようと思っていますが、同時期に放送され同じ乾隆帝の時代を描いたドラマに『瓔楽』があります。
こちらも一緒に観るとより楽しめると思います!
こちらもユーネクストで観られます!!

スポンサーリンク

『如懿伝』をさらに楽しむには同じ脚本でその前段のストーリーである『宮廷の諍い女』もぜひ!

ネタバレ含むストーリー

※感想メインのため簡易的に書いておりますがあしからず…

青桜の輿入れの際、弘暦の初夜の相手となる。
弘暦は富察氏とは初夜を迎えていなかったのだった。
そして6年後、雍正帝崩御
弘暦が乾隆帝として即位する。
即位後、ウラナラ氏は自分が母后皇太后になりたいと思い、青桜になんとかしろと言うが、青桜は乾隆帝が悩んでいることを知り母后皇太后の位は与えず禁足を解いて後宮から出した方がよいのではと提案する。
しかしそれを聞いた熹貴妃は青桜を呼び出し、毒を渡して自分が死ぬか叔母(ウラナラ氏)を殺すかどちらかにしろと言う。
このことを乾隆帝に話せば青桜が亡くなった後にウラナラ氏も亡くなることになると熹貴妃は脅す。
青桜は泣きながら乾隆帝に別れを告げるのだった。

※これまでのネタバレ感想はこちら。

感想

なんかね〜
最初からただ愛される青桜、どうしても感情移入ができないんだよね。
声がイメージとも違うこともある。
理由を考えたら、『宮廷の諍い女』の時のように、主人公がなんで皇帝に好かれるのかさっぱりわからないからなんだよね。
青桜の魅力も特に描かれてないし。
ドラマの最初から乾隆帝が好きだから、なんで魅力的なのかわからなくて…
これからわかるのかな?
だから青桜がピンチになっても特に…って感じ。
今後の展開に期待。

熹貴妃、こんな嫁いびりする人じゃなかったでしょ…
単に青桜にいじわるして乾隆帝を自分の思い通りにしようとしたのかと思えば違うし…
なんだかなー…と。
世界線が違うのがわかってても、どうしてもあの甄嬛を思い浮かべてしまうわ。

話は脱線するけど、富察氏は黒木瞳さんに似てるよね〜
ツイートする時は黒木さんって呼ぼうかな。

スポンサーリンク