働くダラ母

趣味の海外ドラマと時々仕事、家事、育児を綴るダラなワーママブログ。

『如懿伝』 第3話 ネタバレ感想

熹貴妃とタッグ!?と思ったら…
そして全体的に暗いね…

『如懿伝』を観るには?

2020/07/25現在、『如懿伝』はユーネクスト独占配信中。(BSなどの地上波は除く)
今回、初めてユーネクストに入りましたが、華流ドラマ好きにはぴったりです!
31日間の無料期間もあるので、ぜひ試してみてください!

また、これから私も観ようと思っていますが、同時期に放送され同じ乾隆帝の時代を描いたドラマに『瓔楽』があります。
こちらも一緒に観るとより楽しめると思います!
こちらもユーネクストで観られます!!

スポンサーリンク

『如懿伝』をさらに楽しむには同じ脚本でその前段のストーリーである『宮廷の諍い女』もぜひ!

ネタバレ含むストーリー

※感想メインのため簡易的に書いておりますがあしからず…

ウラナラ氏の元へ行った青桜。
しかしウラナラ氏は熹貴妃がウラナラ氏に持ってきた毒薬を自ら飲み自殺してしまう。 ウラナラ氏は最期に青桜へ雍正帝の愛が欲しかった話とウラナラ氏の繁栄のために弘暦に愛されるのだと訴えた亡くなる。
青桜はウラナラ氏が急死したと言うが、疑う面々。
しかし青桜は弘暦、熹貴妃、張氏の前で長らくの禁足と雍正帝を失った悲しみから急逝したと嘘をつく。
弘暦の前でも同じ嘘をついた青桜は、熹貴妃がウラナラ氏を殺した疑いの目を晴らすために熹貴妃に保護を求める。
しかしそんな青桜に対し熹貴妃は弘暦が即位したことによる妃嬪の位から青桜を排除するだけだなく、ウラナラ氏の弔いのために王府に3年禁足を命じたのだった。
弘暦は皇太后となった熹貴妃に怒るが、富察氏の勧めもあり、皇太后の機嫌がいい時になんとなしようとすることにした。

※これまでのネタバレ感想はこちら。

感想

えー…
太后と青桜が手を組んだと思ったのに…
尽く嫁いびりされる話になってて今のところあまりおもしろみがなくて暗いわ…
昼ドラ好きなのでこれからの展開に期待するけども…

そして青桜が好きならちゃんと皇太后と戦ってよ、乾隆帝!!
肝心な時に役に立たないんだから…
この人も嫌な皇帝になっていくのかしら…
皇帝としては優秀でも、女のこととなると途端にダメになる皇帝の方が多いイメージ…
女が選り取り見取りだからそんなものよね…

とにかく如懿のいいところが今ひとつわからないので、これからのお話に期待。

スポンサーリンク