働くダラ母

趣味の海外ドラマと時々仕事、家事、育児を綴るダラなワーママブログ。

『如懿伝』 第5話 ネタバレ感想

まだ本格的な争いにはなってないけど、いろんな争いの種は撒かれ始めたね。

『如懿伝』を観るには?

2020/07/25現在、『如懿伝』はユーネクスト独占配信中。(BSなどの地上波は除く)
今回、初めてユーネクストに入りましたが、華流ドラマ好きにはぴったりです!
31日間の無料期間もあるので、ぜひ試してみてください!

また、これから私も観ようと思っていますが、同時期に放送され同じ乾隆帝の時代を描いたドラマに『瓔楽』があります。
こちらも一緒に観るとより楽しめると思います!
こちらもユーネクストで観られます!!

スポンサーリンク

『如懿伝』をさらに楽しむには同じ脚本でその前段のストーリーである『宮廷の諍い女』もぜひ!

ネタバレ含むストーリー

※感想メインのため簡易的に書いておりますがあしからず…

如懿は西洋人の郎さんから一夫一婦制の話を聞いて乾隆帝に話をするが、乾隆帝は気分を害してしまう。
身勝手なことを言ってしまって申し訳ないと話す如懿だが、乾隆帝にいたずらをして去ってしまう。
如懿がそんな話をしたことを聞いた皇后も如懿の行動に怪訝な表情を示す。
その後如懿の元へ訪れなくなった乾隆帝だったが、如懿が乾隆帝の絵を描いて乾隆帝の側を通った時乾隆帝から呼び止められる。
お互いにお互いの絵を描いていた2人は仲直りし、お互いの絆を確かめ合う。
2人は芝居を一緒に楽しむが、その後乾隆帝が皇太后の元を訪れると皇太后は妃嬪は平等に扱えと乾隆帝に言う。
その後、乾隆帝はその言葉を守りいろんな妃嬪の元へ訪れたが、久しぶりに如懿の元へやって来て乾隆帝直筆の言葉を授ける。
それを内務府が額縁に収めて持っていく前に如懿の侍女阿ジャクが自慢してその話をするところへ他の妃嬪の侍女がやって来る。

皇后は後宮の浪費が激しいため、浪費を控えるよう妃嬪に命じる。
如懿の侍女ズイ心は幼なじみの江侍医と会って笑顔を見せる。

※これまでのネタバレ感想はこちら。

感想

慧貴妃陣営、結構皇后に盾つくのね。
確かに皇后ママが言う通り、皇后は弱いところがあるわ。
今のところは公平でいい人に見えるから私は好感度高いけど。

如懿のことを好きな乾隆帝が少しわかったかも。
ああやって本音でいろんな話をしてくれて気心が知れてるところがいいのね。
内務府になにかされても特に気にしないところも好感的。
さすが前皇后を叔母に持つだけあって、後宮のあれこれをよく知ってるみたいね。
余裕が感じられる。

新しく妃嬪も増えそうで、ザ・後宮しぐさ(いじめること)はまだなりを潜めてるけど、これからいろいろ来そうだね〜

スポンサーリンク