働くダラ母

趣味の海外ドラマと時々仕事、家事、育児を綴るダラなワーママブログ。

『如懿伝』 第12話 ネタバレ感想

今回ばかりは慧貴妃を応援するわ。

『如懿伝』を観るには?

2020/07/25現在、『如懿伝』はユーネクスト独占配信中。(BSなどの地上波は除く)
今回、初めてユーネクストに入りましたが、華流ドラマ好きにはぴったりです!
31日間の無料期間もあるので、ぜひ試してみてください!

また、これから私も観ようと思っていますが、同時期に放送され同じ乾隆帝の時代を描いたドラマに『瓔楽』があります。
こちらも一緒に観るとより楽しめると思います!
こちらもユーネクストで観られます!!

スポンサーリンク

『如懿伝』をさらに楽しむには同じ脚本でその前段のストーリーである『宮廷の諍い女』もぜひ!

ネタバレ含むストーリー

※感想メインのため簡易的に書いておりますがあしからず…

玫常在が懐妊し、玫常在は玫貴人に昇格する。
玫貴人は皇后への挨拶時に周りへ懐妊を自慢し、慧貴妃などの怒りを買う。
その場で皇后は王欽と蓮心の結婚を発表。
嫌がる蓮心だが断れない状況になっていた。
月日は経ち、玫貴人のお腹も大きくなってきたが気分が悪くなると他の妃嬪のところにいても乾隆帝が来てくれることから玫貴人はますます調子に乗っていた。
しかし皇太后から釘を刺されており、産んだ後に鬱憤を晴らすように言われる。

阿ジャクの父が治水の件で手柄を上げ、阿ジャクは乾隆帝直々に褒められる。
調子に乗った阿ジャクはズイ心に命令したり、女官が着ないような派手な衣装を身につけて乾隆帝の目を引くなどの行動をする。
如懿からそのことを注意されて泣く阿ジャク。
その後、王欽と蓮心の結婚式が行われその夜太監の部屋から女性の泣き声が聞こえ、蓮心ではないかと噂になる。
その噂話の直後、如懿の忘れ物を届けにきた蓮心に阿ジャクが子どもができなくてうらやましいなどとひどい言葉をかけ、慧貴妃がそれを聞いていたことで阿ジャクを罰すると言う。

※これまでのネタバレ感想はこちら。

感想

今回は慧貴妃もっとやれ事案だわ。
慧貴妃は全く好きではないけど、阿ジャクが調子に乗りすぎ&ひどすぎる。
罰せられても当然なことを何回もやってて最悪。
これ、確実に乾隆帝の妃嬪の座を狙ってるでしょ。
こんな女に騙されて欲しくないけど…
わからんなぁ。
阿ジャクはかなりムカつく部類なのだけど、結構後宮ドラマでは早々に退場する人物なのでそういうタイプだと思って気長に観るか…

そして玫貴人、かなり出世したね!
太后の言うことを聞かないとどうなるかわかんないよ…

蓮心めっちゃかわいそう…
救いがあるといいけど…

スポンサーリンク