働くダラ母

趣味の海外ドラマと時々仕事、家事、育児を綴るダラなワーママブログ。

『如懿伝』 第45話 ネタバレ感想

今回は珍しくすっきりした!

『如懿伝』を観るには?

2020/07/25現在、『如懿伝』はユーネクスト独占配信中。(BSなどの地上波は除く)
今回、初めてユーネクストに入りましたが、華流ドラマ好きにはぴったりです!
31日間の無料期間もあるので、ぜひ試してみてください!

また、これから私も観ようと思っていますが、同時期に放送され同じ乾隆帝の時代を描いたドラマに『瓔楽』があります。
こちらも一緒に観るとより楽しめると思います!
こちらもユーネクストで観られます!!

スポンサーリンク

『如懿伝』をさらに楽しむには同じ脚本でその前段のストーリーである『宮廷の諍い女』もぜひ!

ネタバレ含むストーリー

※感想メインのため簡易的に書いておりますがあしからず…

乾隆帝からの命で啓祥宮の面々に字を書かされる。
その中で貞淑が1番下手な字を書き、連行される。
乾隆帝の前に行った貞淑は自分ではないと否定するが、様々な証拠を突きつけられ慎刑司に連行されることになる。

ズイ心が慎刑司から戻ってきたが、元の通りには歩けなくなる足になってしまっていた。
そんなズイ心を娶りたいと江侍医が如懿に申し出、如懿は乾隆帝に願い出ると約束する。
李玉も江侍医にズイ心を頼むと言う。

貞淑は自供するものの嘉貴妃の関与は否定する。
しかし如懿は嘉貴妃の関与がないとできないと話し、乾隆帝は嘉貴妃を嘉嬪に降格させ禁足とし、皇子達も嘉嬪から引き離す。
そして貞淑は玉氏の元へ返すことが決まるが、ズイ心のことを思う如懿は不服に思う。
すると乾隆帝は如懿を皇后にするためには周りを説得するためにズイ心が犠牲になる必要があったと言う。
如懿は乾隆帝と信頼し合えれば皇后にならなくてよいと話すが、乾隆帝はまた話そうと言う。

貞淑が玉氏の元へ戻される際、レイ貴人は嘉嬪に玉氏の件を話す。
驚いた嘉嬪は禁足の命を破って乾隆帝に玉氏を許して欲しいと嘆願する。
しかし乾隆帝の逆鱗に触れ、嘉嬪は嘉貴人に降格となり、これ以上訴えると庶人に落とすとまで言われる。
その命を乾隆帝に代わり如懿から伝えられ、嘉貴人は自分を陥れたのだろうと如懿に怒るがその結果産気づいてしまう。
嘉貴人は子どもを死産し、それを哀れんだ乾隆帝は玉氏への罰を軽くする。
玉氏が国に帰ると知った嘉貴人は追いかけ、一目会うことが叶う。

※これまでのネタバレ感想はこちら。

感想

久しぶりにすっきりしたー!
嘉貴人、焦りすぎたね。
それにしてもあんなに堂々と追いかけて大丈夫??
バレない??
それにしてもまだまだ嘉貴人は諦めないと見た。
これからも要注意人物だけど、だいぶ位が落ちて安心したわ。

ただ…
乾隆帝は周りの意見を大事にするから、如懿とはこの先も合わなくなりそう。
乾隆帝の言うこともわかるのだけどね。
如懿は2人の世界で信じ合えれば終わりなんだけど、乾隆帝外聞が大事。
このすれ違いは如懿が皇后になっても尾を引きそう…

それよか凌雲徹といい感じだな…って思ったのだけど、この2人はどうにかなったりしないのかね?
心傷ついた如懿を凌雲徹が励ます展開が今後もありそうな気がした。
恋愛には発展しないかもだけど…
如懿の支えになってくれるといいな。
乾隆帝とはどうもすれ違って行きそうだし。

ズイ心…
結婚するからいなくなるよね。
寂しくなるけど、江侍医がいてよかった。
李玉も辛かったはずなのに偉すぎる。
ズイ心大変だったね。
生家からついてきた阿ジャクとは全然違うわ。

スポンサーリンク