働くダラ母

趣味の海外ドラマと時々仕事、家事、育児を綴るダラなワーママブログ。

『如懿伝』 第57話 ネタバレ感想

あぁ…

『如懿伝』を観るには?

2020/07/25現在、『如懿伝』はユーネクスト独占配信中。(BSなどの地上波は除く)
今回、初めてユーネクストに入りましたが、華流ドラマ好きにはぴったりです!
31日間の無料期間もあるので、ぜひ試してみてください!

また、これから私も観ようと思っていますが、同時期に放送され同じ乾隆帝の時代を描いたドラマに『瓔楽』があります。
こちらも一緒に観るとより楽しめると思います!
こちらもユーネクストで観られます!!

スポンサーリンク

『如懿伝』をさらに楽しむには同じ脚本でその前段のストーリーである『宮廷の諍い女』もぜひ!

ネタバレ含むストーリー

※感想メインのため簡易的に書いておりますがあしからず…

第10皇子が亡くなったばかりなのに歌を歌っていたレイ妃は如懿より第10皇子のために1日跪く罰を受ける。
今後の対応に困ったレイ妃は、再び進忠のアドバイスを受け舒妃を追い詰める。
それはわざと舒妃が飲んでいた子宝薬の話をすることだった。
信じられない舒妃は乾隆帝を問い詰めるが、乾隆帝は致し方なかったと言う。
舒妃はショックを受け、1人部屋に閉じこもると部屋に火を放つ。
そのことを知った如懿はショックから産気付き、和宜公主を産む。
しかし和宜公主は生まれつき心疾患を抱えていた。
舒妃がレイ妃の企みにより自害を図ったことを知った皇太后はレイ妃を呼び出し、レイ妃が舒妃に盛っていた薬を見せてそれを飲むよう命じる。
レイ妃は皇太后に許しを請うが皇太后は聞き入れない。

※これまでのネタバレ感想はこちら。

感想

あぁ…
舒妃…
やっぱりなのか…
まあ追加制裁したレイ妃が悪いけど、私的には乾隆帝の方が許せない。

なーにが「ボクちゃんの立場もわかってよ〜」じゃ!!

はぁ!?っていう感想しか出てこない。
悔い改めるなりなんなりすればよかったのにそれもなし。
偉いボクちゃんは謝らないよね!
はー…
第10皇子が死んだのも、元々身体が弱かったのも全部乾隆帝が飲ませてた薬のせい。
でも自分の非は認めなくない。
雍正帝の時も思ったけど、やっぱり皇帝がすべての原因なんじゃないの??

というか、レイ妃が脚本上うまく使われすぎてて、これで乾隆帝から寵愛を受けるようになったら本当にはぁ!?って感じなんだけど…
でも芸を磨いてるって言うし…
嫌な展開だなー…
進忠は悪を貫いてるので嫌いにはなれないw
嫌味な感じはあるけどね。

スポンサーリンク