働くダラ母

趣味の海外ドラマと時々仕事、家事、育児を綴るダラなワーママブログ。

『如懿伝』 第74話 ネタバレ感想

如懿も意地張ってるなー…

『如懿伝』を観るには?

2020/07/25現在、『如懿伝』はユーネクスト独占配信中。(BSなどの地上波は除く)
今回、初めてユーネクストに入りましたが、華流ドラマ好きにはぴったりです!
31日間の無料期間もあるので、ぜひ試してみてください!

また、これから私も観ようと思っていますが、同時期に放送され同じ乾隆帝の時代を描いたドラマに『瓔楽』があります。
こちらも一緒に観るとより楽しめると思います!
こちらもユーネクストで観られます!!

スポンサーリンク

『如懿伝』をさらに楽しむには同じ脚本でその前段のストーリーである『宮廷の諍い女』もぜひ!

ネタバレ含むストーリー

※感想メインのため簡易的に書いておりますがあしからず…

レイ妃が婉嬪の純情を利用して孝賢皇后を詠んだ詩をまとめるよう依頼する。
最初は断った婉嬪だったが、乾隆帝に振り向いてもらえるかもしれないという思いから引き受けることにする。
婉嬪が和敬公主にできあがった詩集を渡し、乾隆帝に渡ったことで乾隆帝は大いに詩集を気に入り後宮のみならず皇族にも配布されることが決まる。
しかしそのことで孝賢皇后の方が如懿より優れているという話が広まってしまう。
婉嬪は乾隆帝から一時的に寵愛を受けて喜ぶものの、如懿を貶める意図はなかったと如懿に謝罪しいつかお詫びをすると話す。
如懿が永キを尚書房に送り届けた際に乾隆帝と会うが、如懿は意地を張って乾隆帝と口論になってしまう。
そのことで乾隆帝は永キの養育を愉妃に任せると決定する。
そして秋狩りの季節となり、乾隆帝は蒙古への体面から豫妃を秋狩りへ連れて行くことに決める。
そしてレイ妃は豫妃に自分が出られるように手配したと嘘をつく。

※これまでのネタバレ感想はこちら。

感想

あーあー…
如懿も皇后の体面を気にしなくなって感情で動くようになってきたね…
わからなくはないんだけど…
どんどん悪い状況になってるじゃん。
如懿らしくないけど、大好きだった人がそこまで変わってしまったことがショックなんだよね。
というかここのところフラストレーションしか溜まらないんだけど、いつかスッキリするの??
もう最終回も近づいてるのに。
報われることがあるわけ??
うーん…
観るのがだんだんつらくなってきたぞ。
まあここまで来たら完走するけどさー
レイ妃のウザさも相変わらずだし…
観るのが疲れる…

スポンサーリンク