働くダラ母

趣味の海外ドラマと時々仕事、家事、育児を綴るダラなワーママブログ。

『如懿伝』 第85話 ネタバレ感想

もしかしてみんなお芝居してる??

『如懿伝』を観るには?

2020/07/25現在、『如懿伝』はユーネクスト独占配信中。(BSなどの地上波は除く)
今回、初めてユーネクストに入りましたが、華流ドラマ好きにはぴったりです!
31日間の無料期間もあるので、ぜひ試してみてください!

また、これから私も観ようと思っていますが、同時期に放送され同じ乾隆帝の時代を描いたドラマに『瓔楽』があります。
こちらも一緒に観るとより楽しめると思います!
こちらもユーネクストで観られます!!

スポンサーリンク

『如懿伝』をさらに楽しむには同じ脚本でその前段のストーリーである『宮廷の諍い女』もぜひ!

ネタバレ含むストーリー

※感想メインのため簡易的に書いておりますがあしからず…

春嬋が容珮と愉妃の侍女葉心に連れ去られる。
春嬋にこれまでのことを吐くように言うが春嬋は口を割らない。
レイ皇貴妃の元に戻った春嬋だったが、レイ皇貴妃は春嬋が話したのではないかと疑心暗鬼になる。
レイ皇貴妃は永琰に乾隆帝の言うことはすべて聞かなくてもいいと言い、母親である自分を大切にするように話すがそれを和敬公主の太監に聞かれていた。
和敬公主は乾隆帝に話して乾隆帝は子ども達全員を乾隆帝から引き離すことを決める。 その前に如懿が皇太后に会って永キをお願いしたため、永キは皇太后のいる宮殿へ移りレイ皇貴妃の魔の手から逃れていた。
その中で永キがレイ皇貴妃が出していた食材に執心していたため調査が始まる。
自分は子ども達から話され如懿の子どもが皇太后に匿われていることに怒りを露わにするレイ皇貴妃。
春嬋が喋ったに違いないと思い始め、春嬋に口紅を塗ってあげて殺そうとするが、愉妃の命で後をつけていた江侍医のお陰で事なきを得る。
その頃、乾隆帝が倒れていた。
江侍医は乾隆帝重篤だと偽の情報を流して乾隆帝の体調を管理する。
レイ皇貴妃は皇太子が決まってないと分かると、皇太子を書いた紙を納める場所に狙いを定め始める。

※これまでのネタバレ感想はこちら。

感想

乾隆帝の体調不良は嘘??
みんなどこまでお芝居してるんだろう。
太后はあからさまにお芝居っぽいけど…
あー…
あと2話で終わってしまう。
早くにこの展開を見たかった。
ここ1、2話で怒涛の展開すぎるよ。
どうしてもっと早くこうできなかったの…
それで永琪が死んだし諸々つらいことがあったのに…
ダメなことをする人間を後宮にのさばらせちゃダメだよ、如懿。
でも皇太后との会話、すごくよかったなー…
ウラナラ氏は皇后に向かない。
これはこのドラマが架空とは言えど『宮廷の諍い女』と続いててそれを見てこれたからこそのずんと心に重く来るセリフだった。
2人とも愛を求めすぎたのね。
確かに、皇后には向かないわ。
2人とも違った方向に動いてたけど。
雍正帝のウラナラ氏は恋敵を排除しようとし、乾隆帝のウラナラ氏は愛を貫いた…
どっちも皇帝の愛し方じゃなかったのね。
難しい。
さあ残り2話。
じっくり噛み締めよう。

スポンサーリンク