働くダラ母

5歳、1歳兄弟のダラなワーママ。仕事・育児・趣味・外出など雑多に気ままにつづるブログ。

宮廷の諍い女 感想

大好きオスマン帝国外伝と同じ後宮ドラマで、Googleでの評価も高かったので観始めた「宮廷の諍い女」。
中国ドラマは初めて観たような気がしますが、いや〜おもしろかった!
今回は軽いネタバレを挟みながら登場人物ごとの感想を書いていきます。
「宮廷の諍い女」を観て思ったのはやっぱり私は後宮ドラマ大好きだな、ということ。
でも後宮ドラマにもいろいろあるというのもこのドラマを観てわかったので、また他の後宮ドラマを探していこうと思います〜

目次

あらすじ・概要紹介

1722年、9人の皇子達による皇位争い「九王奪嫡(中国語版)」の末、愛新覚羅胤禛が康熙帝の後を継いだ。 それは清の第5代皇帝・雍正帝の時代の幕開けと同時に、皇帝の寵愛を巡る妃嬪たちの激しく哀しい諍いの始まりでもあった……。 宮廷の諍い女 - Wikipedia

ウィキペディアがかなり充実しててネタバレだらけなのでご注意を。
歳をとったせいなのかハラハラするのが嫌で?ネタバレ読んで観ましたがそれでもおもしろい。
私がドラマを観る基準がネタバレ観ててもおもしろいかどうか、となってます。
話が逸れますが、このブログで書いてた「ダウントン・アビー」はネタバレ読んで観てましたがどんどん観る気がなくなってやめました…
でもこの「宮廷の諍い女」は衣装、セットが豪華かつ女優の皆様の演技がすばらしく、観ていて飽きませんでした。

後宮ドラマの比較

このブログを書いている2018/11/13時点でHuluでシーズン2が終わったばかりのオスマン帝国外伝という後宮ドラマと比較してみると全然違う。

宮廷の諍い女はこんな感じ。

  • 緻密な計略
  • 皇帝のことをみんな好きなわけじゃない
  • しょっちゅう流産させたり妃嬪を殺したり
  • 妃嬪の寵愛は父親の仕事に直結
  • 主人公に肩入れしやすい

逆にオスマン帝国外伝はこんな感じ。

  • アホなご都合主義の計略たくさん(シーズン2は頭使う計略も増えた)
  • みんな皇帝大好き
  • 流産させることはないし、メインの皇帝妃は死なない
  • 側女は基本奴隷だから側女の家族はほぼ関係ない
  • 主人公に肩入れしにくいwでも魅力のある主人公

後宮ドラマでこんなに違うか!って感じ。
オスマン帝国外伝はみんなでわいわい言いながらつっこんで観るのが楽しいドラマだと思うけど、宮廷の諍い女はそんな感じではなく感想をお互い強く言い合うドラマな感じ。
基本宮廷の諍い女はつらいことが多いドラマだけど、女の戦いに関してはすごいすっきりするドラマ。

どっちもHuluで観られますので興味を持った方はぜひ!
宮廷の諍い女も観終わったのでHuluを再度解約するか検討中。
もちろんオスマン帝国外伝シーズン3始まったら再び加入予定です!

スポンサーリンク

感想

ではでは、登場人物ごとの感想を。
一部ネタバレありです。
あと書かない登場人物もおりますのでご容赦ください。

甄嬛(主人公)

最初は肩入れしやすい性格で、がんばれ〜負けるな!って応援してたけど、再び後宮に戻った後の化粧や出で立ちがどうしても華妃を思い出させたなぁ。
強くなって帰ってきた覚悟が見える演技だった。
ちなみに私はひどい人なので後宮を去って果郡王と恋してる間はさっさと後宮に戻って妃嬪達ぎゃふんと言わせて!って思ってたという…(苦笑)
私が観たいのは純愛じゃなくて争いなのよ!って感じでひどい人でございます。
まあ昔ほど恋愛映画に興味がなくなってるのでやはりそれより女同士の争いを観たいということなんだよね…
でも後宮に戻った後の争いは凄まじかったし、そしてそこではいろんなところで涙した。
ネタバレ読んで知っててもやっぱり観るとウルっとくるもんで…
気丈に振る舞ってた甄嬛がつらそうに泣いてるところとか、胸がしめつけられる(表現が古い)思いだったわ。

いや〜演じてる孫儷綺麗だった〜
目力あるよね!
あと声が本人じゃなくて声優さんだったのもびっくり。

沈眉荘

この人は不幸な人だったよな…
最初に華妃に目をつけられて陥れられたばっかりに不遇の目を見て…
まあでも温侍医と結ばれて子どもを陛下の子どもとして産んだのは1番の仕返しだったかもね。
一時甄嬛と仲違いしたけど、それ以外はずっと甄嬛のことを信じてお互い支え合ってたのはよかったわ〜
亡くなった時は涙したよ…

安陵容

この人本当、自分のために甄嬛や沈眉荘はなにもしてくれない!と自分勝手な思い込みで進む人だよな〜という印象。
まあ女性3人組でいると自分が溢れてイライラする、というところなんだろうねぇ。
その気持ちはわかるけど、2人はあなたのためにいろいろしてくれましたよ?
恩を忘れたの?と言いたいこと山ほどな人だったな。
まあその報いは受けたし、結局皇后にいいように使われただけでご愁傷様でした、って感じかな〜
それにしても彼女の香の知識が凄すぎて。
媚薬まで作れるなんて恐れ入ります。

華妃(年世蘭)

いや〜わかりやすい悪役!
前半のこの人の嫌がらせには何度嫌な思いをしたことか…
でも本当は陛下が好きなだけで嫉妬からの行動だったのはわからなくもない。
だけど人殺しすぎ!!
その分子どもができないようにされてたと知らされた時にはすっきりしたけど。

皇后

裏ボス。
華妃ほど嫌味は表に出さず、前半はいい人かな?と思わせるけど、実は陰湿な手ばっかり使う最悪な人でしたね。
その悪事がバレて陛下に会えなくなったのはすっきりしたけど。
まあバックグラウンドを思うと陛下への愛というより単に嫉妬心から出た行動だったみたいだけど。
皇后に関しては自分が正妻になれるはずが姉にその立場を取られ、自分の子どもが亡くなった時に陛下は寄り添わず姉の妊娠を喜ぶという最低最悪な仕打ちを受けてるので同情はする。
ただ陛下が言う通りそれは他の妃嬪や子どもじゃなくて陛下に向けてくださいな…

陛下(雍正帝

お前が1番の元凶じゃあー!!
結局人間ってのは次から次へと新しい楽しいものが手に入るといかに好きだったものでも蔑ろにする生き物だよな、ってことがこの人見てよくわかった。
甄嬛が好きって言ってても他の新しい妃嬪が入ればそっちへ行くのは、私がこのドラマずっと好き!って思ってても他のおもしろいドラマが出てきたらそっちへ夢中になるのと似てるよね。
まあそのドラマが好きなことには変わりないし、シーズン2が始まれば再びそっちへ意識が行くけど…みたいなのに似てるかなと。
だがすべての元凶はお前じゃあ!!と言いたい男だった。
なんも同情できん。

果郡王

イケメンよね〜
まあーおモテになりますわ。
それでも甄嬛一筋なのすばらしい。
いろんな女を泣かせてきたけど、最期まで甄嬛のために生きて不器用な男だなと。
まあしょうがないよね。
兄は天下の陛下だし、その妃嬪を好きになったらどうしようもないわ。

浣碧

お前はダメだ!と言いたくなる人の1人。
恨みまではしないんだけど、あんた何様?と思うことが多々。
陛下に目に留まりたいと思ったり、果郡王が帰ってきた時に甄嬛より先に抱きついたり。
好きなのわかるけど、相手がなんも思ってもないのになんなのよ、と。
皇后に似てるとこあったよね。
まあ立場としては皇后と同じで甄嬛の妹といえど本妻の子どもじゃないからね…
そういった嫉妬にまみれて人を愛して行動するタイプ。

全編を通しての感想

いや〜現代技術でどうやってんの!?と思うところは多々。
流産させる薬、脈を見るだけでわかる胎児の状態などなど。
まあフィクションなんだけどね。
びっくりすることはたくさん。
妃嬪の長いつけ爪の飾り?とか裸で布団に包まれて陛下のとこに夜伽に行くとか。
文化的背景があるのかもしれんが不思議なところいっぱいあったな〜

とにもかくにもおもしろい後宮ドラマであることは間違いなし。
他の人の感想読むとこれを観た後は他の後宮ドラマがしょぼく観えるらしいので他の後宮ドラマは心してかからねば。
オスマン帝国外伝好きな人にも断然おすすめですよ!

スポンサーリンク

オスマン帝国外伝〜愛と欲望のハレム〜 シーズン2 第76話〜第79話 ネタバレ感想まとめ

長かったシーズン2もあと4話なんてめちゃくちゃ悲しい…
第76話〜第79話のネタバレと感想です!

※シーズン2その他のネタバレ感想はこちら↓

※シーズン1ネタバレ感想はこちら↓

目次

オスマン帝国外伝(シーズン2)を観るには?

実はYouTubeで全話無料で観られるっぽいです!全部トルコ語だけど…トルコ語なんぞさっぱりわからん!!でもどんなドラマか雰囲気だけ観たい!と言う方も以下の公式YouTube動画の第1話を観てみてください。

YouTubeを観て興味を持った方、どうやって観られるか?ですが、2018/07/24時点でシーズン2はチャンネル銀河を除きHulu独占配信のため他では観られません。
Amazonでレンタル!と思いましたが、日本Amazonではシーズン1のDVDは発売されていますがシーズン2は発売されておらず、もちろんシーズン2はレンタルもされていないようです。

なので、シーズン1から一気に観るにはHuluで観るのが1番よいかと思います。
私もシーズン2が始まってHuluに再加入しました。
シーズン2が終わったらまた辞めるつもりです。
2週間無料トライアルもあるので、興味を持った方はどうぞ。↓

スポンサーリンク

ネタバレ含むストーリー

第76話

ダイェを市場で見かけたと報告を受けたヒュッレムは理由を調べるようにスンビュルに命じる。
スンビュルがダイェの元へ向かうと、ダイェはスレイマンとヒュッレムからもらったお金はハフサの設立した慈善団体に寄付したと言う。
ダイェはニギャールの不倫を黙っていたことに苛まれる。
自分のせいでハフサが死んだと思ったダイェは、スレイマンからもらった首飾りを困窮者に渡して首を吊って死ぬ。

マヒデブランはユダヤ人行商人に借金を重ね、以前借りたものも返せない状況になっていた。
しかしマヒデブランはハフサの部屋の改修にお金を多く使い続けていた。

イブラヒムはフィガーニーから聞いた尊師との仲介者セイフィを泳がせ、尊師を突き止めようとする。
そして尊師がエディルネの館に住んでいることを突き止める。

ニギャールを探すイブラヒムはニギャール宅で人影を見たと報告を受けてニギャール宅へ向かう。
イブラヒムらがやってきたことに気づいたギュルシャーはニギャールと地下に隠れ事なきを得る。
その頃ヒュッレムはイブラヒム邸宅を訪れた際にハティジェへの匿名の手紙を置く。
手紙に気づいたハティジェが中身を読むと、イブラヒムが不貞を働いていること、その相手の女の住所が書かれていた。
イブラヒムが朝帰りしたことや冷たかったことを思い出したハティジェは再び疑心暗鬼に陥り、ギュルフェムと姉のベイハンに相談する。
ギュルフェムは違うだろうと言うが、ベイハンは行ってみるのかとハティジェに問い、明朝1人で行くと言いハティジェは1人で向かう。
ニギャールはギュルシャーが寝ている隙にギュルシャーを襲おうとするが取っ組み合いになる。
どうにかギュルシャーを気絶させたニギャールが外に出ると、そこにはハティジェが待っていた。

第77話

ハティジェに妊娠のことがバレたニギャールは咄嗟に父親はマトラークチュだと嘘をつく。
離婚後も関係を持っていて子どもができたと話すニギャールを不審に思ったハティジェはニギャールをイブラヒム邸宅に連れて帰る。
ベイハンの前でも同じ説明をしたニギャールは、手紙が誰から届いたのかと問われてヒュッレムだろうと話す。
ハフサ殺害未遂の罪をマヒデブランに被せようとしてニギャールのせいで失敗したのを恨んでのことだと話す。
ハティジェはニギャールをイブラヒム邸宅に監禁し、マトラークチュに真実を確かめようとする。

ニギャールのことを知らないイブラヒムは、尊師を捕まえにエディルネの館にいた。
襲撃をかけたイブラヒムは、前宰相ピリーメフメトの息子アラウディンが尊師だと知り驚く。
アラウディンはピリーと弟が死んだ火事はイブラヒムのせいだと思っていた。
イブラヒムは否定するがアラウディンは信じず、連行される直前に自害する。
アラウディンのことをスレイマンに報告したイブラヒムだったが、まだイスケンデルの関与を疑う。
しかしスレイマンは尊師の件は解決したとイスケンデルを疑うことをやめるように諭す。
その頃、イスケンデルはアヤス宰相とアラウディンのことを話していた。
実は本当の尊師はイスケンデルであり、アラウディンは自らを尊師と名乗って犠牲になることで尊師の正体をごまかしていたのだった。

ムスタファの赴任を間近に控え、ムスタファはヒュッレムの皇子達と棒術で訓練していた。
そこへスレイマンがやって来たが、ムスタファがスレイマンが早く死んだ際には帝国の皇帝になることもあると話していたことを聞き心穏やかでいられず、ムスタファを棒術で打ち負かしてしまう。
そんなことがあったとは知らないヒュッレムはムスタファが赴任することを悲しんでると思い、スレイマンを励ます。

マヒデブランは借金が増え、とうとう首が回らなくなって来ていた。
そこにハフサの部屋の改修が中断されたことを知り怒るマヒデブラン。
ヒュッレムがスレイマンに告げ口してスレイマンから中止を言い渡されたことを知ったマヒデブランはヒュッレムに文句を言う。
しかしヒュッレムは逆に浪費の件を問い、マヒデブランは捨て台詞を吐いてその場を後にする。
その頃マヒデブランにお金を貸した両替商はイスケンデルの元を訪れマヒデブランがお金を返してくれないと話すと、ヒュッレムの元を訪れるように言う。
マヒデブランは借金が後宮の年間予算の数倍となってることをイブラヒムに相談してどうにかしてもらおうとする。
イブラヒムは呆れて怒るが、どうにかするとマヒデブランに告げる。
そしてとうとう、ムスタファが赴任する日が翌日に迫る。

スポンサーリンク

第78話

ムスタファがマニサに赴任する日が訪れる。
レイマンから言葉を送られ、その言葉を胸にムスタファは赴任した。

ハティジェからニギャールの子どもについて問われたマトラークチュは自分の子どもだと認める。
事前にニギャールと打ち合わせをして、バレることがあったらそう嘘をつこうと相談していたためだった。
イブラヒムとニギャールとの関係をマトラークチュに聞くが、マトラークチュは否定した。
それでも疑念を拭えないハティジェはヒュッレムに手紙を書いたのはヒュッレムかと問う。
ヒュッレムは認めて証人としてギュルシャーを連れてくる。
ギュルシャーの話を聞いて絶望するハティジェ。
その頃マトラークチュはハティジェにニギャールの不倫がバレたことを話していた。
手紙でハティジェは知ったが、その手紙の差出人はわからないとマトラークチュが語り焦るイブラヒム。
その後ヒュッレムはイブラヒムに不倫のことを知っていると話し、手紙を書いたのもヒュッレムであることを認める。
イブラヒムはハティジェに離縁を言い渡され、すべてを没収されて終わると言い放つヒュッレムになにも言い返せずフラフラとその場を立ち去るイブラヒムだった。
イブラヒムが邸宅に戻るとハティジェが待っており、イブラヒムとハティジェは不倫の件について話す。
ハティジェはニギャールを連れて来させ、ヒュッレムの陰謀だと言うのかとイブラヒムを責める。
イブラヒムは子どもの父親は自分だと認め、ショックを受けるハティジェ。
ニギャールを監禁するよう命じたハティジェに話をしようとするが、何も聞きたくないとハティジェは拒否する。
イブラヒムは1度聞いてくれれば二度と現れないと言い、ハティジェを引き止める。

宮殿に戻ったギュルシャーはファトマを襲い、復讐するとファトマに語る。
ファトマはマヒデブランにギュルシャーが戻ってきたことを話し、ヒュッレムの庇護下にいることを知る。
そのマヒデブランはユダヤ人行商人が借金の返済を迫り困っていた。
ユダヤ人行商人は返してもらえないことをギュルフェムに訴える。
ギュルフェムから返せないならスレイマンに話すと言われて焦るマヒデブラン。
その様子をスンビュルからの報告で知ったヒュッレムはギュルフェムが襲われないよう見張っておくようスンビュルに伝える。
そしてギュルフェムは1人でいるところを女に襲われ首を絞められ、危険な状況に陥っていた。
その頃マヒデブランはヒュッレムの元へ行き、ギュルシャーのことを問いただすが、なにがいけないのかと逆にマヒデブランに問いかける。

第79話

イブラヒムはハティジェが原因で不倫したと言い、一度は嘘の世界(ニギャールの元)にいたが真実の世界(ハティジェの元)に戻ったと弁明する。
しかしハティジェはイブラヒムを家から追い出す。

ギュルシャーのことは自分の好きにすると言い放つヒュッレムだが、マヒデブランはスレイマンに言うと話す。
その頃女に襲われていたギュルフェムはスンビュルが助けに入り治療院へ送られた。
スンビュルからの報告でギュルフェムが襲われたことを知ったスレイマンは治療院へ向かいギュルフェムに話を聞く。
ギュルフェムは大丈夫だと言い、襲った女が何様のつもりでマヒデブランを脅すのかと言っていたと報告する。
なぜかと理由を問われたギュルフェムはマヒデブランの借金のことを話す。
ギュルシャーのことを話しに来たマヒデブランだったが、ギュルフェムから話を聞いたスレイマンから逆にギュルフェムのことを問われる。
ギュルフェムの件は罠だと言うも後宮の借金の件を問われ、借金の件を認めざるを得なくなる。
レイマンはマヒデブランを後宮の管理者から解任し、スンビュルにマニサに追放するよう命じる。
マヒデブランはイブラヒムに助けを求めるが、ハティジェに家から追い出されたイブラヒムはマヒデブランに長年のお世話に疲れたと言って突き放す。
マヒデブランはヒュッレムにギュルフェムを襲わせただろうと詰め寄り、ヒュッレムはあっさり認める。
マヒデブランは後宮の支配はイブラヒムが許さないと言うが、イブラヒムの許可は必要ないと言う。

ハティジェは悲しみに暮れるが、イブラヒムなしでは生きられないとも言う。
ベイハンはハティジェを慰め、別れなくてもいいと話す。
ハティジェはニギャールの元へ行き、まずは子どもを産んでその後ニギャールに処罰を下すと語る。
ハティジェは悩んだ末イブラヒムを呼び出し、イブラヒムに離婚を告げる。

レイマンはマヒデブランを解任した後の後宮の管理者は誰がいいかとギュルフェムに問う。
2人の意見は一致し、ヒュッレムが後宮の管理者となる。
後宮の管理者となったヒュッレムは後宮だけにとどまらず、世界を支配すると野望を胸にする。

感想

第76話

ダイェー!!(涙)
なんで死ぬ必要まであるのさ…
悲しすぎる…

そしてハティジェにバレたか!?
妊娠にも気づいてたと思われるし…
イブラヒムも大ピンチで、これでシーズン2終わるの…!?
シーズン1の時みたいな終わり方しないでよ〜
めっちゃ気になるから!

第77話

ニギャール、本当に最悪だね!!
この後に及んでマトラークチュが父親だって嘘つくとか…
本当、マトラークチュがかわいそう。
マトラークチュもサドゥカの件があったからってイブラヒムなんて庇うことないのに!
ニギャールと結婚しただけでも十分禊は済んだでしょ。
オスマン帝国外伝シーズン1がBS日テレで放送されてて感想を5ちゃんで読んでるけどニギャール1番好き!って言ってる感想読んで、シーズン2は観ない方がいいよ…と言いたい。
ここまでニギャールが嫌になるとは…

そして尊師、途中からイスケンデルじゃないかな〜と思ってたけど、本当にそうだった!
マヒデブランはさっさと痛い目に遭って欲しいわ〜

第78話

イブラヒムざまぁー!!
おっと、言葉が汚かった。
でもヒュッレムから不倫のこと言われてなにも言えずに後ずさったのおもしろかったー!
すごいすっきりした!!
その後ハティジェの前で認めたのは意外だったけど、まああそこまで責められれば堪忍して言った方がいいわな。
さてイブラヒムとハティジェどうなる?
シーズン1からは考えられないシーズン2の終わりになりそうだね…

マヒデブラン、やっぱあんたダメだわ。
ギュルフェム殺そうとするなんて最悪も最悪。
さっさと悪事が明るみに出て欲しい!!
でもヒュッレムさすが、ちゃんとマヒデブランの行動が読めててすごい。
このヒュッレムもシーズン1からは考えられない成長だよね〜

第79話

終わってしまったー!!
寂しいよ…
ごめん、マヒデブラン。
ギュルフェム襲わせたのあなたじゃなかったね。
私もまんまとヒュッレムの罠にハマったわ。
シーズン1ほどではないけど、イブラヒムの離婚のことは気になるとこで終わったなー。
はよシーズン3!!
最後のヒュッレムの独白、世界を支配するに変わってて野望がすごいと思った。
マヒデブランがヒュッレムに勝てないところはこういうとこだよね。
野望のスケールが違う。
シーズン3もどうなるのか楽しみだからHuluさん、放送してくれー!!

※イブラヒムとヒュッレムが恋仲になっているらしいドラマからは想像もつかない漫画、気になります↓

※シーズン2その他のネタバレ感想はこちら↓

※シーズン1のネタバレ感想はこちら↓

スポンサーリンク

いちばんやさしいAI超入門 まとめと感想

お仕事関係の本、8月頃に読んでまとめるのを放置してたのを重い腰を上げてご紹介!
今回もAI関連の本になります。

目次

概要

これからの時代を生きるすべての人、必読!

■■同僚に、上司に、取引先に、面接官に、子供に、親に、知人に、【AI(人工知能)ってなんですか?】と聞かれたら、あなたは答えられますか?■■

今や新聞やテレビで「AI(エーアイ)」(人工知能)という言葉を見聞きしない日はありません。「AIに仕事を奪われる」というフレーズもよく聞きます。

ですが、いざAIって何?と聞かれても、「人工の知能って…? 何でもできるロボットみたいなもの…?」としどろもどろになってしまう人が多いでしょう。

本書は、やさしい文章とイラストで、AIってなあに?というところからAIの歴史、機械学習ディープラーニングなど、AIのキホンを最初から解説します。 数式なし、専門用語なし! 【誰でも・ゼッタイ】わかります。
それでいて、「機械学習」や「ディープラーニング」といった一歩踏み込んだ部分も説明し、さらに実際にAIを仕事で活かすヒントになるような具体的なことも紹介します。

また、PART2では「AIとシゴト」と題して、AIでこれからの仕事はどう変わるかを説明します。
そして実際にAIの導入で変わった・変わっていく仕事の一部 (コールセンター、教師、医師、農家、秘書…等々)を、 実例を挙げて解説しています。

人工知能を知りたいけれど、IT系ではない人、普通の入門書でも挫折してしまった人、かたい文章を読み慣れない人、就職活動中の学生さん、転職を考えている社会人の方、子供の将来の職業を憂う親御さんなど、とにかく【普通の人向けのAI入門書】です。

これからの時代を生きるすべての人、必読です!

Amazonの書籍紹介より引用(リンクは↑)

次のまとめにいろいろ学んだことを書きましたが、絵が豊富で実際に読むのがおススメ!

まとめ

感想

いちばんやさしいとタイトルに書いてある通りでした!
本当にわかりやすかったです。
機械学習の知識はなんとなくあると思ってたものの、教師あり学習教師なし学習強化学習をしっかり理解できたなとこの本を読んで思いました。
システムに触ったことのない人でも興味があれば理解できる内容に落とし込まれてたと思います。
今の時代の経営者は絶対読むべきかと。
もちろん、IT関係の仕事をしてる人はこれは最低限理解してないとマズイのでは?と思う内容でした。
なんとなくAI導入!とか言ってても、今何ができて何ができないのか、そしてどういう方法論があるのか、これは今後仕事をする上で最低限の知識をまとめてる内容ではないかと思います。
人工知能に関する本はそこまで読んでいませんが、人工知能とは?を理解するにはとてもいい入門書だと思います。
おススメです!!