ワーママのドラマ記録

趣味の海外ドラマを綴るダラなワーママブログ。

琅琊榜 第2話 ネタバレ感想

梅長蘇の周りにいる偉そうな人たちの関係性が未だに整理がつかない。
イケおじの大渋滞。

その他のネタバレ感想はこちら↓

ネタバレ

梅長蘇を警護する飛流は、皇帝直属の軍である禁軍を統括する将軍、蒙摯と互角の戦いを行いそれを見た謝玉は皇太子に梅長蘇が自宅にいることを伝える。
しかしその頃、話を盗み聞きしていた謝弼も誉王にそのことを伝えていた。
穆霓凰の婿選びを観戦に来た梅長蘇は皇太子と誉王からそれぞれの陣営へ招待されるものの、梅長蘇はのらりくらりとかわす。
2人から逃れて太皇太后へ挨拶することになった梅長蘇は、太皇太后から穆霓凰と一緒に呼ばれ、2人の手を繋いでいつ結婚するんだ?と問われる。
太皇太后がボケて変なことを言っていると周りは苦笑するが、繋いだ手をぎゅっと握る梅長蘇。
穆霓凰は驚くが、梅長蘇になにかを感じて散歩に誘う。
散歩の最中、太監が1人の奴婢に辛くあたっているところに2人は遭遇する。
そんな中、頑固者で皇帝の寵愛を全く受けていない靖王が帰ってくる。

感想

梅長蘇の周りにいるおじさま達が見分けつかないー!
それにしても梅長蘇が意外と積極的というか。
手繋いだけどバレても大丈夫なの?
謀士だけど感情隠せない感じ?
みんなあんまりまだ梅長蘇に注目してないから大丈夫なのかな?
恋愛要素が少ないドラマだと思ってたから、なんか最初からヒロインと距離縮めてるからもしかして恋愛要素も多めなのかな?
私大好き後宮も出てきたので、これからも期待。

『琅琊榜』を観る!

2021/07/26現在、AmazonプライムとHuluで観られます〜

スポンサーリンク

琅琊榜 第1話 ネタバレ感想

登場人物が多くてよくわからん!!

その他のネタバレ感想はこちら↓

ネタバレ

梁の跡目争いで競う皇太子と第5皇子誉王。
2人は天下の様々な疑問を解く琅琊閣で「麒麟の才子を得るもの、天下を得る」と言われ江左盟の盟主、梅長蘇を探すことになる。
しかし事前に2人の皇子が自分を探すことを察知していた梅長蘇は蘇哲と名を変えて、梁の高官である蕭景睿の元に身を寄せる。
梅長蘇は12年前のとある事件に関与しており、身分を隠して梁の都である金陵に来たのだった。

雲南府の穆霓凰を嫁がせようと、皇帝が婿選びのための催しを行うことに決める。
しかし穆霓凰は自分と戦って勝った者を婿にすると言う。
皇帝は自身直下の調査機関である懸鏡司の夏冬を呼び、慶国公が土地を奪って人殺しを行った件の調査を命じた。

感想

テンポが早いのにびっくりするくらい登場人物が多くてついていけない…
人物相関図見て復習しながらようやく理解していく感じ。
だけど、おもしろそうなのはよくわかる。
視聴継続決定!
さすが男版『宮廷の諍い女』と言われるだけある。
まだまだ始まったばっかりでいろんな伏線や謎が散りばめられてて全容が見えないけど、1個ずつ解き明かされていきそうだからそれを楽しみにしよう。

『琅琊榜』を観る!

2021/07/26現在、AmazonプライムとHuluで観られます〜

スポンサーリンク

『琅琊榜』 全話ネタバレ感想

とうとう手を出してしまった、琅琊榜。
女版『宮廷の諍い女』と言われる本作。
可能な限りネタバレと感想を書いていきたい!

ネタバレ感想

第1話

第2話

ブログ執筆次第追記予定

『琅琊榜』を観る!

2021/07/26現在、AmazonプライムとHuluで観られます〜

スポンサーリンク