働くダラ母

4歳、0歳兄弟のダラなワーママ。仕事・育児・趣味・外出など雑多に気ままにつづるブログ。

誤解だらけの人工知能感想

久しぶりに仕事関係の記事です。
Twitterでフォローしているマスクド・アナライズ氏のツイートを見て興味を持った&わが社でも「AI!IoT!機械学習!」とかよくわからず言ってる人が増えてきたので、ざっくり勉強しようと思って「誤解だらけの人工知能」を読んでみました。
ちなみに私は大学で機械学習の論文を読んでおり、機械学習についてはなんとなーく知識がある感じのレベルです。
かといって大学では論文を読んだだけで手を動かしてない実務に乏しい感じの残念な人間だったので、本当に薄ーく知識があるだけのなんちゃってであることは周りとあまり変わりがありません…
しかも高校時代は数学が大の苦手で、機械学習の数式はさっぱりな人間です。
その前提で感想を書きました!

誤解だらけの人工知能まとめ

ツイートしながら読んでいたので、ポイントとなるところについてはツイートを貼り付けます。
プラスして印象に残ったところを追記していきたいと思います。

人工知能ってなんだろう、と私も常々思っていましたが、この本を読んでわかったことが人によって定義はバラバラということ。
著者の田中氏は人工知能とはディープラーニングそのもの、と定義づけていますが、他の人の定義ではディープラーニングとは限らないというのが困り物です。
なぜかというと本にも書いてありましたが、ただのルールベースのプログラムでも「人工知能が考えて答えを出しました!」のように発言する人がいること。
IT関係の人でもぼんやりとしか人工知能をわかっていない私みたいな人がいるのに、「IT?なにそれ?」という人が人工知能かルールベースのプログラムかなんて見分けがつくわけがないのです…
ですが、現状は人工知能の定義が曖昧でしかも技術が発展すればその定義も変わっていくだろうという難しいものだということがこの本でよくわかりました。


これだけで日本が競争で負けそうなことがわかる一文。
本当に会社のお偉いさんに読ませたいです…
これ読んでわかってくれる人いないかなぁ…
ただ、田中氏は人工知能ブロックチェーン技術が今後結びついて活用されていくだろう、と予測しており、ブロックチェーン技術については日本は世界の先頭の方にいるとのことでしたので、そこだけ希望が持てました。
ブロックチェーン技術はいろいろお騒がせの仮想通貨の件で盛り上がってますが…

この間タイムリーに説明できる人工知能として電通国際情報サービスが販売権を取得したとニュースになっていました。

monoist.atmarkit.co.jp

どの程度のものなのかわかりませんが、着々と技術が進歩しているのがわかります。
※ただ日本が開発したのではなく、販売権を取得しただけなのがこの本の予想通りでした。

感想

この本、とても読みやすかったです。
本にも書いてありましたが、人工知能の本は「わかりやすいが技術的に説明が乏しい」か「技術的に説明が詳しいがわかりにくい」2パターンが多いのだそうです。
ですがこの本は読書のスピードが遅い私でも3時間ほどでサクッと読み終えることができました。
そして平易な言葉で書いてあるので、IT系の人なら難なく理解できるレベルではないかと思います。(あくまで個人の感想です。)

Twitterにも書きましたが、今後人工知能がますます仕事や生活に必要不可欠になるにあたり、どういったものか肌感覚で理解することは、1IT技術者として必要だなと改めて思えた本です。
ですのでこの本を読み終えてすぐに、うだうだ悩んでいたPCの買い替えを行いました。
そしてPythonでプログラミングできる環境を入れて、少しずつはてブの「あとで読む」タグをつけていたAI・機械学習記事を読み始めながら手を動かすことを始めました。
私はおそらく「自分を売り込む仕事」ができないと思うので、少しでも人工知能などIT技術者として仕事をしていきたいなと思います。
それには高校でやってこなかった数ⅢC、統計学の知識が全く無いので勉強をしないといけないのですが…
2人目を産んで、自分が産む子どもはこれで最後かなと思っているので、自分の将来を見据えて勉強を始めようと思います。
モチベーションの維持が1番難しいですが、頑張らないとーと思う次第です。 勉強を続けてそのことをブログにできたら1番いいな…(ただ挫折したことがあるので*1今度は失敗しないようにしないと…)
仕事・育児をしながらモチベーションを保ちつつ新しい勉強するの難しい!!

あ、最後は1人語りになりましたが、この本はわかりやすいので人工知能が気になる方はぜひ読んで見てください。

*1:もう1つプロジェクト管理の勉強をするためのブログを作ったのに途中までやって結局やめたことがある…今はそのブログを別で活用しようと思案中。それも今途中になっててだめだめなダラです。

生ごみ処理機の導入はストレスと家事時間の減少に繋がってエコとか最強なんじゃないの?

2人目の育休から復帰しバタバタの毎日を過ごしています。ブログも音沙汰気味ですが、4歳、0歳の2人を抱えて朝ワンオペ、夜もお風呂まではワンオペ生活なので生活に慣れるのにいっぱいいっぱいでした…2人目が産まれて、家事も増えてげんなりしているダラなのですが、自分のストレスを減らしたいとの思いから家事を時短にすること・なくすことに楽しみを見出し、1つのライフワークになりつつあります。(仕事も自分の面倒なことは減らしたいタイプで、単純作業があるとマクロとかをすぐ作っちゃうタイプ。)

先日も勝間和代さんのロジカル家事を読んで導入したこと、導入したいことが山積みになって楽しい毎日。ロジカル家事については別途記事にしますが、この本を読む前に導入した生ごみ処理機が時短家事アイテムとして神だったので今回はそのすばらしさを記事にしたいと思います。

目次

生ごみ処理機導入前の生活

わが家は普通の賃貸2LDK
毎日ご飯を作るので生ゴミが出るし、子どもの食べ残しもあるので生ゴミを三角コーナーに放置することができない生活。

生ごみ処理機を導入する前までは、夜ご飯を朝作るので作った際に出た生ゴミを朝袋に入れて外のゴミ箱まで運ぶことをしていました。細かく分解すると以下の手順。

  • 生ゴミを三角コーナー、排水溝のネットごと袋に入れる
  • 袋に入れただけでは水がポタポタするし、臭いも出るのでもう1枚袋でくるむ
  • 外のゴミ箱まで運ぶ
  • 三角コーナー、排水溝、シンクにキッチンブリーチをかける
  • 三角コーナーと排水溝にネットをセット
  • 週1で外のゴミ箱のゴミ袋を捨てる

ただ、これら一連の作業には嫌なこと満載…

  • 朝時間がないのにやることいっぱい
  • 夏場は袋を二重にしてもゴミ箱から独特の臭いが出るらしく虫が寄ってくる
  • 虫が洗濯物を干したりする時に家に入ってくる

特に虫(多いのはハエ)が入ってくるのが1番のストレス!!
育休中も冬なのに何度かハエが入ってきて、すっごいストレスでした。
まあ袋を臭わない袋に変えることで虫が入ることは減りましたが。

余談ですが、入ってきた虫にはファブリーズなどを吹きかけると効果覿面で弱ります。弱って落ちたところを捕獲してことなきを得ました。

…と、ストレスだらけだった生ゴミ処理。共働きのいとこの家にディスポーザーがあってめちゃくちゃ楽と聞いてうらやましい…と思っていたところ、生ごみ処理機の購入に自治体からの補助金が出ることを知りました。(物を知らなすぎる…)

調べたところ私の自治体も購入金額の一部が出るとのことだったので、購入することに!

生ゴミ処理機導入後の生活

補助金の申請をして、購入へ。
調べたところあまり選べる機種はなく、近くの家電量販店に行くとパナソニックのこの機種しかありませんでした。

早速購入して使い始めたのですが、まー楽々!
なんでもっと早く購入しなかったんだ!と後悔しました。

購入後の生ゴミ処理の手順はこちら。

  • 生ゴミの入った三角コーナーを生ゴミ処理機に捨てる
  • 三角コーナーのネットをゴミ箱に捨てて、新しいネットをセット
  • 夜スイッチを押す
  • 2〜3週間に1度生ゴミ処理機の中身を捨てる

なんと!毎日は3ステップだけ!
しかも!

臭わない
虫が来ない
ゴミ捨て回数が減る

のいいとこづくし!!
虫が来ないのは本当にストレスだったので、これがなくなっただけでも天にも昇る気持ちです(大げさ)。

しかもわが家は息子がミニトマトを育ててるので、追肥もできて環境にもいい!

実際どれくらいゴミが減るのか写真でご紹介。
生ゴミなので汚いです。見るのが嫌な方は目を閉じてスクロールしてください。
2週間ほど生ゴミを投入し続けたところに追加で生ゴミ投入。

これが一晩で…

こんな感じで減りました!
生ゴミ入れたままでも全然外には臭わないし、処理した後は香ばしい臭いがして全然嫌じゃない。
生ゴミ処理機を購入してから1ヶ月以上経ちましたが、生ゴミ処理機の中身を捨てたのは1度だけ。
そろそろ捨てるかな〜と考えてるところです。

新しい手順を読んで、排水溝のネットはどうしたの?とお思いの皆さん。お答えしますね。(あ、気にならない?)
生ゴミ処理機導入前までは100均の安い三角コーナーと排水溝受けを使ってたのですが、とにかくやることを減らしたい、との気持ちから網の目の細かいものに変えました。

そして排水溝の上の蓋も取っ払いました。
排水溝は網の目が細かいのでネットはせず、基本三角コーナーにゴミを捨てるようにし、取りこぼした細かいゴミだけが排水溝カゴに入るようにしました。
排水溝の蓋がないのでどれくらい汚れているか一目見てわかります。
三角コーナーに基本的に捨てるのであまり排水溝カゴは汚れず、基本は三角コーナーの中身を捨てるだけ。
排水溝カゴが汚くなったなーと思ったら三角コーナーへトントンしてゴミを落とし、落としきれなかった分はティッシュで取ってゴミ箱にポイ。
ゴミがすごく少量なのでゴミ箱にティッシュを捨てても臭いません。

三角コーナーと排水溝カゴのお手入れは残るものの、前より格段に素材がよくなったためか、ぬめりもつきにくく2〜3日に1回キッチンブリーチする程度です。

もっと楽したくて、三角コーナーをなくせないかな〜とか、生ゴミ処理機に運ぶまでに水滴垂れるのどうにかなんないかな〜とまだまだ改善余地はあるものの、今はこの手順で落ち着いています。
三角コーナーをなくすいい方法があったら誰か教えてください!

まあそんなこんなで生ゴミに関してはかなりストレスが減りましたので、生ゴミの取り扱いにストレスを感じている皆さん、導入してみてはいかがですか?

2018/07/11追記
購入して約3ヶ月。 暑い毎日ですが、なんと!!1度も虫を見ていません!!
奇跡!!
本当に生ゴミのあのいや~な匂いはなくなったし、虫が全然来ないので虫が大嫌いな私としてはいらぬストレスがなくなって本当に楽です。
虫嫌いの人は導入すべき道具ですね。
かなりおすすめです。
毎日たくさんの生ゴミ生ごみ処理機に入れて、翌朝すごく少なくなっているのを見てホクホクしてます。
ぷち幸せが増えてこれもまた満足。
これ、一家に1台必要なんじゃないの?と思うレベル。
皆様も騙されたと思って導入してみてください!

スポンサーリンク

上の子の時に買って下の子に役立ったorイマイチだったおもちゃ・育児グッズまとめ(生後6ヶ月まで)

次男は無事6ヶ月になり、すくすくと成長して4月からは保育園に通っています。
このツイートのように次男坊らしく?保育園でも過ごしているようで一安心。

長男の時から4年、おもちゃ・育児グッズはほぼお下がりです。
今回は長男の時に買って次男でも役立っているおもちゃ・育児グッズと買わなくてもよかったかな…というイマイチだったおもちゃ・育児グッズを生後6ヶ月まででまとめておきたいと思います。

目次

お役立ちおもちゃ・育児グッズ

長男と次男、実は全然違うことがあります。
それはおもちゃをなめなめするかどうか、ということ。

長男は全くと言っていいほどおもちゃや物を口に入れませんでした。
最初は第1子だったこともあり、なんでだろう…なんて悩むことも多かったですが、後から振り返ると長男の性格的に慎重派なので口に入れたくなかったんでしょうね。
そしてそれが親としても口に入れて欲しくないな〜というものも全然口に入れなかったのですごく楽でした。
ママ友の子どもも口に入れないタイプらしく、一定数いるのかな?って感じです。

が、次男は普通の赤ちゃんで口にものを入れる入れる。
これが普通の赤ちゃんなんだ〜と感心してますが、長男のおもちゃもあるし、動き出したら大変…と戦々恐々としています。
長男と次男が逆だったら楽だったのに…と思わなくはないですが、まあしょうがないですね。
そんな感じなので、長男の時はまーったく役に立たなかった歯固め、今では次男に大活躍!!ってな具合で、わが家では2人とも役立った!と言えるおもちゃって少ないんです。
長男が使わなかったおもちゃを次男が使ってくれて置いておいてよかったと思う感じw

プーメリー

そんな長男と次男、どちらも使って大活躍なのがプーメリー(正式名称は6WAYジムにへんしんメリー)。

長男の時に出産祝いでたまたまもらって使い始めたのですが、4年前の5ちゃんねる(当時は2ちゃんねる)の0歳児スレでも大絶賛されてて、次男の時に見た時も大絶賛されてたおもちゃ。
次男も大好きで毎日使っています。
産まれてからはメリーがメイン。
目が見えてくるようになるとじーっとメリーを追っています。
音楽も流せて、その音楽で歌を歌ったりして私が子どもと遊ぶこともあります。
3ヶ月からジムとして使うのがメインになりますが、わが家ではメリーとも併用しています。
その方法はこちら。

次男はまだまだメリーも使えそう。
まだまだこれからも変身して大活躍してくれることだと思います。
出産祝いとしてもおすすめなおもちゃです。
毎日使えてコスパが最高です!

電動鼻水吸引器

これは生後6ヶ月以降におすすめになるような育児グッズだと思っていたのですが、わが家では次男が生後1ヶ月から使っています。
長男は4歳で自分で鼻をかめるためもう出番はないですが、3歳頃までは本当に役立っていて、以前こんな記事も書いています。

子持ち共働きでは鼻水が出ても耳鼻科に行くのは大変なので、本当にこれがあると便利。
こちらの記事やはてブコメントでもいいよ!って書いてありました。

ツイートの通り、私はスマイルキュート派です。
メルシーポットとは見た目と値段、お手入れの楽さくらいしかほとんど違いがないので、お好みでどうぞ。
子持ち共働き家庭には必須と言えるものだと思います。

次男はツイートの通り、長男からもらった風邪で生後1ヶ月で鼻水ダラダラになりました…
鼻がふがふが言っていて、夜中も寝づらそうで見ていてかわいそうでした。
しかしこの鼻水吸引器で吸ってあげると一時的に楽になるので、夜寝てくれて助かりました。
こまめに吸っていたお陰か治りも早く、病院にも行くことなく生後6ヶ月になるまで鼻水からの発熱はないです。

上の子がいない場合も、保育園に行き始めたらすぐ鼻水ずるずるになるので、保育園入園前には買っておくことを超おすすめします!!

抱っこ紐

これは言わずもがな、なお品ですね。
わが家ではエルゴを使っています。
長男も2歳くらいまで使っており、次男も生後1ヶ月頃から大活躍。
ベビーカーだとどうしても公共交通機関での移動がしにくいので、抱っこ紐様様です。

長男でやや使用感が出ていますが、まだまだ現役で活躍中です!

プレイヤード

長男の時にようやく日本のメーカーも発売し始めたプレイヤード。
ベビーベットのようなものなのですが、折りたたみもできる赤ちゃんが外に出られないようにすることができる小さな遊び場件お昼寝場所。
わが家は長男の時からグレコのプレイヤードを使っていましたが、超大活躍!
ベビーベット代わりにもなるし、なによりおむつ替えが屈まなくていいので超楽チンです。
わが家では生後3ヶ月まで下に収納場所があるタイプのものを使っていて、本当に役立ちました。
今でも現役で使用中です。

次男が動き始めて家事で手が離せない時も、プレイヤードに入っててもらっておもちゃで遊んでもらうこともすると思います。
長男とは4歳差で言うことが聞けたので特に問題なかったのですが、2歳差で産んだ知人はこのプレイヤードに赤ちゃんを寝かせててもネットがあるため上の子が手を入れることがなくていい、といっていました。
私が買ったオムツ替えの場所はついてないですが、プレイヤードとして1万円くらいで買える安いものもあります。

折りたたみできるので、長男が使わなくなった後もあまり場所を取らずに収納できたのも便利。
デスパレートな妻たち(アメリカのドラマ)でこのプレイヤードが出てきた時は「あ!同じだ!」と声を上げたくらい。
アメリカではメジャーなんでしょうかね?
これもとってもおすすめですよ〜

イマイチだったおもちゃ・育児グッズ

ノンキャラ良品シリーズ 5分はもちます ゴハンまで

先程も書きましたが、長男と次男ではおもちゃのなめなめ有無で違いがあるので、イマイチだったおもちゃっていうのもあまりないのですが、どちらも食いつかなかったのがこちら。

5分も持たなかったよ…
長男は1秒でポイしてその後も一切興味を示さない。
次男は3秒くらい覗くけどそれだけ。
手で持ってなめなめしようとするけど大きめだからうまくいかずにポイ。

と言うことで全くもって効果なしなおもちゃでした…
食いつくお子様もいらっしゃるかもですが、おもちゃ屋さんでパッケージからでも集中して見ようとするか試してみるのをおすすめします。

電動ベビーラック

これは長男がなかなか寝なくて、電動で揺らして寝ないかな…と期待して買ったもの。
長男は一切効果がなく、買って後悔したものNo. 1でした…
次男には実は効果があったのですが、電動で揺らして寝たのは生後3ヶ月頃まで。
それまでは長男もいて家事で手が離せない時にあってよかった!と思いましたが、その後に使うのは離乳食の時や私と長男がご飯を食べる時に座らせてる時のみ。

離乳食も腰が座れば長男で使ってるストッケを購入するし…(これは生後半年以降、買ってよかったものに入る予定!)

ということで長く使えない割には高かったかな、場所も取るしあんまりスペースを取らないバウンサーの方がよかったかな…と後悔してます。

もちろん泣いて抱っこ抱っこの生後3ヶ月頃までに電動ベビーラックでおとなしくしてくれる子であれば買う価値はあると思います!
なので購入前にお店で試してみるか、レンタルをおすすめします。

スポンサーリンク

高額なベビーカー

長男の時はなにがいいのか、ベビーカーをどのくらいどんなところで使うのか、一応シミュレーションしてみたものの、やっぱり高い物の方がいろいろいいよね…と思って結構値段がはるものを買ったんです。

ですが蓋を開けてみたら、公共交通機関では邪魔だし、抱っこ紐の方が機動力高いしあんまり使わなかった…
次男の今は長男の時より体力も落ちてベビーカーのことも増えましたが、別に凸凹道が多いわけでもないし、高いベビーカーである必要性なかったよね…と後悔しております。
重いし。
これはコスパ悪かったですね。
私はA型B型どちらもいけるベビーカー買ったのですが、A型の安いものを買ってB型に変えた方がよかったのではと思ってます。
それかA型B型兼用の安いやつか。
高いなりのメリットもあるにはあるので、次男にもこれから使っていきます。

搾乳機

長男の育休明けを前にして授乳間隔が空くのと、搾乳したおっぱいを保育園で飲ませられるとのことから買ったもの。
だけど全くといっていいほど使わなくなった…
働き始めると忙しくてミルクでいいか、になるし、搾乳機じゃ手絞りより実は取れなかったりする。
次男の時も病気をして一時的に薬を飲むから授乳やめよう、ってなった時に使ったけど、ガチガチになったおっぱいはほぐれなかった…

産後入院中に他の妊婦さんが使ってた電動搾乳機ではめっちゃ取れてたから気にはなったけど、そもそも私はさし乳タイプ(赤ちゃんが欲しがった時に生産するタイプ)なので、あんまり意味なし。
ということで、母乳がじゃんじゃん出て困る!という人以外はいらないのでは?というのが感想です。

これまでに挙げたものはあくまで個人の感想なので、合う合わないあると思います!
次男に合う育児グッズ、おもちゃは私もまだまだ探していきたいと思います。
そして長男の時には買わなかったけど、次男の時に買って、長男の時に買えばよかった!と思う育児グッズも出てきたので、日を見てまとめたいと思います。