働くダラ母

趣味の海外ドラマと時々仕事、家事、育児を綴るダラなワーママブログ。

ホルト・アンド・キャッチ・ファイア 制御不能な夢と野心 シーズン1 第2話ネタバレ感想

第1話視聴からだいぶ間が空いてしまった…
でも第2話も相変わらずおもしろい!!
シーズン2もHuluで配信が決まってるのでゆっくり追いつこう!

目次

ストーリー

IBMをなんとか追いやり、訴訟も回避したカーディフ
キャメロンは部屋に隔離されゴードンと話すことを禁じられ、監視下の元BIOSコードを書くように言われる。
しかしジョーはキャメロンがBIOSコードを書いたらお払い箱にしようとしていた。
新PC部門を立ち上げるということでカーディフの従業員を盛り上げるジョー。
しかしIBMカーディフの顧客を横取りし、上位3社が取られてしまうと新PC部門も2ヶ月で立ち行かなくなる苦境に立たされてしまった。
盛り上げたジョーを冷たい目で見るカーディフの従業員。
ジョーはなかなかBIOSコードを書けないキャメロンにIBMのコードを渡し、パクるように言うが反発するキャメロン。
BIOSコードを書けない苛立ちから隔離部屋から出て万引きをしていると、キャメロンはIBMから引き抜きに合う。
自分はどうせBIOSコードを書けばお払い箱になるのだろうとゴードンに問い詰めるキャメロン。
ゴードンは最初否定するも、最終的に認めてしまうが、ジョーはパソコンを持ち運びできるようにしようと話し、また2人を鼓舞する自身の生い立ちの嘘をつき3人でやっていこう、やっていくなら翌日会社に来てくれと言う。
そして翌日ゴードン、ジョーの生い立ち話が嘘だと気づいたキャメロンも会社に集まる。

IT用語解説

FUD

今回話の中で出てきた用語は第1話で解説したものが多かったので、タイトルで出てきたFUDについて。

ウィキペディアではこう説明されています。

FUD(英: Fear, Uncertainty and Doubt、直訳すると「恐怖、不安、疑念」)は、販売、マーケティングパブリック・リレーションズ[1][2]、政治、プロパガンダで使われる修辞および誤謬の戦術の一種。FUDとは一般に、大衆が信じていることに反するような情報を広めることで、大衆の認識に影響を与えようとする戦略的試みである。
この用語は、コンピュータハードウェア業界での偽情報戦術を表す言葉として生まれ、その後より広い意味で使われるようになっていった[3]。FUDは恐怖に訴える論証の具体例でもある。

FUD - Wikipedia

ごめんなさい、解説できるほど知らなくて聞いたことがある程度の単語でした。
でもウィキペディアわかりやすいので解説不要ですね。

感想

なぜ、殴り合うのか。
自分がIT業界にいるのもあって、殴り合いするような人がいるイメージが少なくて。
まあドラマだからしょうがないのでしょうが。
それにしてもジョーがどんな人なのかさっぱりわからん!!
最後についた嘘も本音が混じってるのかなんなのか。
ITのハード、ソフトの開発って目に見えてドラマ的に映えるところがないので そこまでドラマに向いてないかなーと思っているのですが人間ドラマ絡めるとおもしろいね。
そして過去のことをやってるのもよい。
PCがどうできるのか知れるのでまた続きを観ていこうと思います。

ホルト・アンド・キャッチ・ファイアを観るには

2019/01/28現在Huluで独占配信。
Huluには観たいドラマがある時しか加入してないので、このドラマを観る目的で加入していると言っても過言ではない。
観たいドラマがなくなったら解約する予定。
それまでは楽しもうと思います〜
興味がある方はこちらからどうぞ。
2週間の無料期間もあるので、2週間試して観るものがなくなったら辞めるのもあり。

スポンサーリンク