働く母ちゃん

ワーママとして3歳、0歳の兄弟育児や仕事、趣味(ドラマ鑑賞など)のことなど雑多に書いてます。最近は息子の影響で鉄道&仮面ライダーにはまってます。海外ドラマではGOT大好きです。現在産休・育休中。

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン7 第5話 ネタバレ感想まとめ

やっと放送分に追いついたー!と言ってもどうやらHBOスペインが第6話を間違って放送しちゃったみたいだけど…私はまだ観てないので普通に次回を楽しみにしてます!では、第5話ネタバレ感想書きます。

目次

デナーリス@ラニスター軍キングズランディングへの道中→ドラゴンストーン城

負けたラニスター軍にデナーリスは

「私に跪き、共によい世界を築くか、私に逆らい死ぬか」

と言います。ランディル・ターリーと息子のディコン・ターリーは死ぬことを選び、ドロゴンに炎で焼かれます。それを見た他のラニスター軍の兵士は跪きます。

ドラゴンストーン城に戻ったドロゴンとデナーリスですが、降り立ったドロゴンはジョンに近づきジョンはドロゴンを撫でます。その場にジョラーが現れ、ジョラーをデナーリスは抱きしめます。

サムのお父さんと弟あっさり死んでしまいましたね…そしてドロゴンを撫でられたのはターガリエンの血を引いているからなのが証明されたっぽいですね〜そしてジョラーお帰り!

サム@シタデル

ブランが三つ目の鴉の力で夜の王とホワイトウォーカーが近づいていることを見ます。それをシタデルにいるメイスターたちに連絡するよう伝えます。しかしそれを受け取ったメイスターたちは信じようとしません。サムはその様子を見てメイスターたちに夜の王とホワイトウォーカーのことを信じるよう説得しますが、信じてもらえず終わります。

サムは古書の写本を続けますがその内容が昔のメイスターの排便の記録だということを知り、限界が訪れます。シタデルからメイスターしか入れない特別室に入って古書を盗み、ジリたちと一緒にシタデルを離れます。

ジリがここで重要なことを言いましたね!写本していた本の中にレイガーが婚姻契約を無効にし、リアナと結婚したという記述がありました。これがジョンのターガリエンの血筋の証明になりそう。

デナーリス・ジョン・ティリオン・ジョラー@ドラゴンストーン城とキングズランディング

ブランからの遣い鴉でジョンは戻ることを決意し、北にいる兵で戦う、とデナーリスに伝えます。デナーリスは自分が援軍を出せばサーセイに攻めいれられる、と言いますが、デナーリスのやり方に不安を覚えているティリオンは、サーセイにホワイトウォーカーの存在を信じさせればよい、と言います。そのために死者を生け捕りにできないか、とジョンに提案します。ただしサーセイに会えばければ意味がない。そこでダヴォスとともにキングズランディングに潜入し、ジェイミーを説得する、とティリオンは言います。また、死者は自分が捕まえる、とジョラーが言い、自分も一緒に行って自由民(トアマンドら野人)と一緒に捕まえると言います。

ティリオンとダヴォスはキングズランディングに向かい、ティリオンはブロンの手助けでジェイミーに会います。その間ダヴォスはバラシオンの落とし子、ジェンドリーを見つけます。父親を殺したのは兵士たちのために武器を作っていることに耐えられなかったジェイミーはハンマーを持ってダヴォスと一緒に行く、とついていきます。

ジェンドリーがジョンに会った際、出自は伏せるようダヴォスに言われていたが、ジェンドリーはすぐさま明かします。そこでお互いの父の話をして打ち解けます。そして自分も一緒に東の物見城へ行く、と伝えます。

ジェンドリー久しぶり!それにしてもキャラ少し変わって積極的になった気がする…ここ展開が早すぎてびっくりしました。ティリオンとブロンの再会シーン観たかった…ティリオンとジョラーの再会シーンが少しだけあったけど、なんだか物足りない…話数が少ないからしょうがないんだけど、残念。ジョンとジェンドリーが会ったシーンでジェンドリーがジョンに背が低いね、って言ってたのには笑ったwどうやらバラシオンとエダートの再会シーンのオマージュだっていうのは後で何かを見て知りました。今シーズンそういったシーン多いみたいですね。もうだいぶ前に観たので忘れてますが、そういった楽しみもあるのもゲームオブスローンズのいいところですよね〜また6シーズンまで観なおしたいな〜

サーセイ・ジェイミー@キングズランディング

ジェイミーはブロンに助けられ、キングズランディングに戻ります。サーセイにドスラクの軍隊は恐ろしいこと、ドラゴンにクァイバーンの蠍も効かなかったことを伝えます。また、ジョフリーを殺したのはティリオンではないことも伝えます。しかしサーセイは諦めません。

ブロンが仲裁してティリオンとジェイミーを会わせた後、ジェイミーはサーセイにデナーリスから停戦の申し入れがあったことを伝えます。理由は夜の王たちが近づいているため。サーセイはそれを受け入れいます。そしてすべてを利用する、この子のために、言ってお腹をさすります。サーセイはジェイミーの子を妊娠したのです。

サーセイ妊娠かー。でもすんなりは産まれなさそう。子どもは3人って昔予言されてたし…サーセイはこのまま生き残りそうだ…最大の敵はもしかして夜の王とホワイトウォーカーじゃなくてサーセイ?

スポンサーリンク

サンサ・アリア・小指@ウィンターフェル

北の諸侯たちは北の王は北にいるべきだ、と愚痴を零しています。それに対しサンサはジョンは北の王として最善を尽くしている、と言います。アリアはサンサに対し、ジョンの侮辱を言う者は首をはねればいい、と言います。そしてジョンが戻って来なければいいと思っているのでは?とサンサに問いますが、サンサは答えません。

そんな中小指(リトルフィンガー)がウィンターフェルの使用人や諸侯たちに何やら話をしているのをアリアは見つけます。そしてある手紙を手渡され、それを小指が部屋に持ち込んだのを見て小指の部屋へ忍び込みます。そこで見つけた手紙にはこう書かれていました。

「彼の玉座を奪おうと…サンサ」

そしてその様子を陰から見ていた小指…

アリアバレてるじゃんー!そして仲違いする姉妹…元々仲悪かったのを思い出しました。どうやらアリアが見つけた手紙はシーズン1でサンサがサーセイに書かされた手紙の模様。さて、周りが大変なことになっている中、ウィンターフェルでは内輪揉めしてて大丈夫なんでしょうか…

ジョン・ダヴォス・ジョラー・ハウンド・トアマンド@東の物見城(イースト・ウォッチ)

ジョン、ダヴォス、ジョラー、ジェンドリーが東の物見城に着くと、牢屋にハウンドとブラザーフッドのソロスとベリックがいました。同じ目的を持っている、とジョンに伝え、ジョンは夜の王のところへ一緒に行くことを許可します。そしてジョン・ジョラー・ハウンド・トアマンド・ソロス・ベリック・ジェンドリーの7人は壁の向こう側へ行きました。

ここも端折られてるーハウンドたちが牢屋にいたのはなぜ??まあシーズン7第1話で炎の中に死者たちを見てたのは知ってたけど、そこから何もなかったからいきなりすぎてびっくり。とにかく展開の早い回でした。

ゲーム・オブ・スローンズシーズン7を観るには?

シーズン7は現在スター・チャンネル独占放送中。私もどうしても観たいからスター・チャンネル契約しようと最初は思ってましたよ、ええ。でもスター・チャンネル契約するには、スカパーかJ:COMひかりTVを契約しなきゃいけない。しかもスカパーやJ:COMは専用チューナーまで用意する必要があって、

「もーめんどくさい!!」

テレビはほぼAmazonプライムの再生機器にしかなってないし、子どもが起きてる間はゲーム・オブ・スローンズ観られないし、子どもが寝た後観るのはめんどいからスマホタブレットで観るの一択な私は、ネットから簡単にオンデマンド契約できないスカパーなどの選択肢はなく、Huluでの約半年に後になるであろう放送を待つしかないか、と諦めていました。

※Huluは動画サイト内でゲーム・オブ・スローンズを独占配信してるので、観たことない方はぜひ!夏休みの間で時間があれば無料体験で頑張ればシーズン6まで観られるかも…?まあ1ヶ月千円払う価値はゲーム・オブ・スローンズにはある!
スポンサーリンク

ですが、ひょんなことからなんと!シーズン7がAmazonでレンタル・購入できることを知りました(嬉泣)

レンタルだと300円、購入だと500円ですが、シーズン7は全7話なので、購入しても3,500円!スカパー、スター・チャンネルを契約すると1ヶ月2,000円以上するので、観返すことを考えるとすごく安い!しかもAmazonならダウンロードできるので、オフラインでも視聴可能だし。

ただ、Amazonはやはりスター・チャンネル同時配信よりは(当たり前ですが)遅れてて、月曜にスター・チャンネルで放送があった後、火曜の朝までにはレンタル・購入できるスケジュールです。

あと字幕もスター・チャンネルより間違いやこれまでの話を交えない部分もあるとのことなので、そういったところが許容できればおすすめしたいです。

※レンタル・購入は1話ずつ。↓