働くダラ母

趣味の海外ドラマと時々仕事、家事、育児を綴るダラなワーママブログ。

NYガールズダイアリー 〜大胆不敵な私たち〜 シーズン1第1話 ネタバレ感想

オスマン帝国外伝が終わったのでHuluは一旦解約したのですが、Twitterでたまたま流れてきておもしろそうだな、と思って観始めたドラマ。

. ※こちらはアメリカ版なので字幕なしですね…

各回のネタバレ感想記事はこちら↓

目次

第1話を観て感じたのは、「プラダを着た悪魔」や「アグリー・ベティ」を詰め込んだよ!って感じのドラマってこと。
シーズン3の放送まで決まってるようなので、受けてはいるんだろうな、と。
観てて嫌な気もしないし、毎回トラブルはあっても最後にはポジティブになれるドラマかな?といった期待があるので視聴継続決定。
まだすっごいおもしろい!って感じではないので今後に期待。
ただドラマにバイブレーションが普通に登場したりするので、性にも赤裸々なドラマだな、という印象。
その辺は前に上げたドラマにはなかったとこかも。
プラダを着た悪魔」のミランダほど上司がパワハラ気質じゃないし、「アグリー・ベティ」のウィルミナほど敵!って感じでもない。

日本ではパワハラだめ!みたいな空気でアメリカの雰囲気はよくわかんないけど、パワハラって感じにはならずにトラブルがあって成長が感じられる作りになってるな、と。
今後どんな展開が待ってるのかわからないけど、仕事へのダメ出しはあるけどいざという時動いてくれて褒めてくれる上司はめっちゃいいなぁ、と思う。
今の時代、こういった上司が求められてるんじゃないかな?と。

雑多にドラマの印象を書いてしまいましたが、第1話のストーリーと感想を。

ストーリー

世界中で読まれている雑誌「スカーレット」にいる3人の女性が主人公。
アシスタントからライターに異例の昇格となったジェーン、アシスタントのサットン、SNS担当のキャット。
アシスタントから昇格したジェーンは企画を出すも編集長のジャクリーンにダメ出しされて落ち込む。
しかし自分の体験を話したことから、「SNS嫌いの元カレをストーキングする方法」で記事を書くように言われる。
元彼の現状を調べるものの、本人に直接会う勇気がないジェーン。
サットンはスカーレットの社員であるリチャードと付き合っている。
リチャードとの関係はジェーンとキャットにも秘密。
リチャードにはセックスフレンドだと言うが、本音は好き。
キャットはスカーレットで本人の要望でダメになった記事がSNSでウケると見込み、イスラム教徒でレズビアンの写真家アディーナを訪ねる。
最初は邪険に扱われるもアプローチが功を奏し仲良くなる。
しかしアディーナに渡したバイブレーションをアディーナの国に持ち帰ろうとしたことで拘束されてしまう。
アディーナはSNSで拡散しようとするが、なんとか留まりジャクリーンに助けてもらってアディーナは解放される。
ジェーンとキャットはサットンとリチャードの関係を知り別れるべきだと告げるが、サットンは好きだからできないと言い、サットンはリチャードに外で食事に誘って欲しいと言う。
スカーレットの60周年記念パーティーで自分の志望動機をジャクリーンが話してくれたことで勇気を持てたジェーンは元カレに会い、最初のタイトルとは違うものの記事を書いてジャクリーンに認められる。

感想

上でも書いたけど、ハードルが高い仕事を与えたり、本人はやりたくないことをやらせたりした上司であるジャクリーンがあとでジェーンとキャットを褒めてくれるのがいい。
この後の話次第でどうなるかわからないけど、こういった上司の元で働きたいなぁ、と思った。
ただ、ジャクリーンが高いヒール履いてるんだけど、その歩き方がなんか慣れてない感じでちょっと残念だったかな。
ちなみに、このドラマが好きな人はもれなく「プラダを着た悪魔」と「アグリー・ベティ」もおすすめ!

このドラマを観る方法

2018/12/19時点でHulu独占配信。
Huluで観るのが1番よいかと思います。
私もオスマン帝国外伝が終わって退会しましたが、Huluに再加入しました。
NYガールズダイアリーが終わったらまた辞めるつもりです。
2週間無料トライアルもあるので、興味を持った方はどうぞ。↓

スポンサーリンク