働くダラ母

趣味の海外ドラマと時々仕事、家事、育児を綴るダラなワーママブログ。

工事現場の車両大集合!『工事中』レポ

長男が2歳の時大ハマりだった車。
1歳4ヶ月の次男も長男ほどではないものの車が好き。
以前はたらく車関連の記事を書いたことがあることと、はたらく車のまとめ記事がちょこちょこアクセスがあるので、2019/2/8から始まった日本科学未来館の企画展『工事中』に行ってきたレポを書きます!

目次

『工事中』とは?

『工事中』とは2019/2/8〜2019/5/19まで開催されている日本科学未来館の企画展です。

油圧ショベルやブルドーザ、ホイールローダや最新の四脚クローラ式双腕型コンセプトマシンなど、本物の重機が迫力いっぱいに並びます。 さらに、大型重機に使われている巨大な部品や貴重な工事映像なども展示。普段は立ち入り禁止の重機の現場にもぐりこみ、工事現場に秘められた人類の知恵や熱意、重機の力が文明の発展に与えた影響、重機の仕組みなどを、科学的に“掘り”さげましょう!

※出展
企画展「工事中!」~立ち入り禁止!?重機の現場~

常設展とは別の場所でやっていて、企画展のチケットを買えば常設展も見られるのでお得です。

レポ

『工事中』の企画展は主に車両の展示とその車両の説明や仕組みなどの説明でした。
子どもは小さいので仕組みなどは難しく、主に企画展の体験コーナーで楽しんだ感じです。

一眼レフを持っていくの忘れてスマホで撮ったんですが、中々迫力ある写真が撮れました!自画自賛

まずは最新の双腕重機(四脚クローラ方式双腕型コンセプトマシン)。
これは知らなかったです。
重機も日々進化してるんですね!

次はブルドーザがお出迎え。
公式Twitterでもアピールしてましたが、この説明プレートがかわいい。

次はホイールローダー
トミカはわが家に2台あるけど、実際に見たのは初めてかもしれません。
大きい。

お次はユンボ
銀色の車体は中々見る機会がないです。

それ以外にも重機があったものの、暴れる次男がどこかに行こうとしてしまい、ちょっと写真を撮り損ねてしまいました…
なので飛ばしますが次はミニ・クローラークレーン。
ミニというだけあって、確かにこれまでのものよりは小さかったですね。

そして工事現場の看板!
これだけ種類があるとは圧巻でした。
1つ1つ見ていくだけでもおもしろいし絵になります。

こちらに展示重機の情報が載ってます!

体験コーナーと混雑度合

で、こちらは体験コーナーです。
私は行かなかったのですが、重いものを少ない力で持てるようになるための技術を体験できるコーナー。
旦那が長男に説明してましたが、理解したかな…?

最後に重機に乗れる体験コーナー。
3台並んでましたが、このコーナーの前にも1台だけ別の重機に乗れるところがありました。
私が行った時は休日だったので、並んでも1人1台しか乗れず、しかも重機を選べなかったので他の重機に乗りたい場合は再度並ぶ必要がありました。
休日朝一(10時)から行って10時半頃にはこの体験コーナーにいましたが待ち時間は10分くらいでした。

生き物になれる展がものすごく混んでたので、それに比べたら全然混んでませんでした。
春休みになったら混むのかな?
生き物になれる展の時は公式Twitterが整理券の配布状況をつぶやいていましたが、10時の時点で次の整理券が午後の分だったりしました…

ただ2月時点では公式Twitterで工事中の整理券の配布はつぶやいていませんし、私が行った時も整理券はありませんでした。
ですが、行く前には公式Twitterで情報を得た方がいいかと思います。
休日は駐車場は12時前には満車になるみたいで、その情報はつぶやいてます。

感想

1歳4ヶ月の次男が車が好きだから!と思って行った企画展でしたが、次男の反応が微妙でした笑
最初の双腕重機を見てびびってました。
その後も次男は工事現場の足場が体験できる(写真撮れなかった…)ところの階段を登りたがり、重機そっちのけで体を動かすことに夢中笑
階段の登り降りは周りの迷惑になるので引き剥がしたら泣いて暴れて怒ってました…
長男は2歳の時に車にハマっていたので、次男にはまだ早かったかな…

でも重機に乗れる機会なんて中々ないので長男にはよい体験だったかなと思います。
長男も楽しんだようです。
私も次男が暴れなければ乗ってみたかった笑

日本科学未来館の企画展はおもしろいものが多いので、またあれば行ってみたいです!

スポンサーリンク