働くダラ母

趣味の海外ドラマと時々仕事、家事、育児を綴るダラなワーママブログ。

ポロス 〜古代インド英雄伝~ シーズン2 第36話〜第40話 ネタバレ感想

あぁ…ダスユと仲直りできたと思ったのに…

シーズン2その他のネタバレ感想はこちら↓

シーズン1のネタバレ感想はこちら↓

ネタバレ

簡易的に書いておりますので悪しからず。

第36話

プルが去った後、舟の積荷を確認すると金は上にしかなく石や土が詰められていた。
ダスユはプルに騙されたと思っていると、そこへパウラヴァ兵が大量に攻めてくる。
すべてダレイオスの計画であり、ダスユは撤退を余儀なくされる。

プルはホーリー祭の影響で城への到着に時間が掛かってしまう。
そんな中カニシカは無礼な態度をバルシネに取り、バルシネはカニシカに愛想を尽かして1人去ってしまう。
そんなカニシカを追うハスティ。
そしてそのハスティを追うアヌスヤはハスティを呼び止める。
ハスティを行かせないようにしようとすると、ハスティはアヌスヤを殺そうとする。
アヌスヤはリプダマンのことを訴えるが、見返りがなにもなかったリプダマンの人生を嘆き邪魔するならアヌスヤを殺そうとする。
そしてそんなハスティを止めるべくアヌスヤは戦うが、ハスティは隙を見て剣を格納している入れ物をアヌスヤの方へ押し出した上火を放ってハスティは逃げてしまう。
そしてハスティはバルシネに対する愚痴を言うカニシカの元へ向かったのだった。

第37話

プルはアヌスヤを救ってハスティを追いかける。 するとそこにはカニシカを刺そうとするハスティがいた。
ハスティはカニシカを刺し、さらに刺そうとするハスティをプルが止める。
刺されたカニシカは倒れる際、プルが刺したと思って意識を失う。
プルはハスティを捕らえるが、カニシカの様子が気になり手を離してしまう。
その頃バムニの元にダスユが食糧庫を襲ったと連絡が入る。
ダレイオスはバムニに誰かが内部事情を漏らしたのだろう、とプルに疑いを向けるような発言をする。
そこへカニシカをプルが連れてくる。
治療に当たりながらも、バムニは門の閉鎖を命じ、プルはハスティを探しに出かける。
誰が刺したのかと疑問に思う中、アヌスヤはハスティだろうと言う。
アヌスヤは事情を説明した上で、バムニはハスティの手配を命じる。
ダレイオスはハスティが万が一捕まったら殺せと命じ、ハスティを逃がそうとする。
そしてハスティが逃げている最中、母親のプリタがやってくる。
ハスティは母親を連れて船着場まで逃げ出すが、プリタは事情を尋ねた上、置いてきた荷物には思い出が詰まっていると訴える。
ハスティはプリタの意見を聞いて荷物を取りに行くが、船着場へ戻るとそこにはプルが待ち構えていた。

第38話

プルは逃げようとするハスティを止めようとハスティを殴る。
2人の騒ぎを聞きつけてやって来たプリタは、ハスティがカニシカを襲ったことを知りショックを受ける。
プリタはハスティを殺してくれと言って、これまでのハスティの苦労を訴えた後、死ぬしかないと言って自殺を図ろうとする。
プルはそれを止め、ハスティは殺させないと2人に誓う。
ハスティを殺そうと様子を伺っていたモーセはハスティを殺さずにおいておいた。
バムニの元へ連れて行かれたハスティは殴られ、縛り首の刑に処すと言われる。
しかしプルはハスティを庇ってすべては自分の計画でハスティがやったことだと言い、実際にカニシカを刺したのは自分だとプルは言う。
しかし信じないバムニとアヌスヤ。
バムニはカニシカを襲った理由を問うが、そこへカニシカの病状に関する情報が入る。

第39話

カニシカは峠を越し、目を覚ます。
するとカニシカは襲ったのはプルだと明言。
襲った理由を問うバムニに、ダレイオスはバルシネとの婚姻を反対したのは王の座を狙ってのことだったこと、そしてダスユと結託して食糧庫とペルシャの船を襲ったことも話す。
ダレイオスはプルは国賊であり、根っからの盗賊だと言う。
アヌスヤは違うと言うが、聞き入れられずバムニはプルに直接問う。
プルはダレイオスが言ったすべてを認め、牢に入れられて鞭打ちの刑に処された後、明日民の前で処刑されることが決まる。

第40話

バムニは処刑の朝申し立てがあるなら言えと言い、なければ無残に死ぬだけだと話す。
プルの鞭打ちの刑が始まり、その刑を眺めて悪態をつくカニシカ。
しかしプルは頭を使って考えろ、俺が刺したならカニシカは生きていないと訴える。
プルはラチを想い、ラチは不吉な予感がしていた。
ダレイオスはハスティにお金を渡したが、まだプルへの復讐が終わっていないと話す。
そこへバルシネがやって来て話が中断。
ダレイオスがしようとしていることを聞こうとするバルシネだったが、ダレイオスはダレイオスの計画を暴くことを禁じた。
そして処刑当日。
バムニは剣を握りしめ血を垂れ流していた。

マケドニアではヘファイスティオンとクレイトスが司令官に就任。
そこへアリダイオスが連れてこられ、殺されそうになるがアレクサンドロスが何人もアリダイオスを傷つけてはならないと命令する。
そんな中ギリシャが反乱を起こしたとの連絡が入り、アレクサンドロスは反乱鎮圧へ向かう。
巫女が東方になにかを見たことを察したオリュンピアスは巫女に尋ねる。
すると巫女はアレクサンドロスは戦場では無敵だが、戦場外で負けることもあり、そしてアレクサンドロスの運命の相手がインドにいることを告げる。

スポンサーリンク

BS日テレでも時期は遅くなるけどプルは観れる!
スポンサーリンク

感想

第36話

あぁー…
せっかくプルとダスユが和解したと思ってたのに…
これで溝が深まってしまった…

そしてカニシカウザい。
プルの考えが現代に近いからこそバルシネを自分の意思のまま従わせようとするカニシカがダサい。
なんもしてなくてシヴダッドかダレイオスの言うことに従ってるだけ。
でも立場が低い人間には横柄な最悪男ですね、うん。
ハスティの次くらいに嫌いだわ。
まあでも殺されなくてもいいかな…
それよか早くダレイオスの裏の顔を知って欲しいしダスユとプルが仲直りして欲しい!!
今はダレイオスが上手だなー

第37話

えぇー!!
ただでさえ今日の流れで行けばカニシカが目覚めるとプルがやったと答えそうなのに、予告でハスティ庇うとか何事!?プル!!
ハスティ真っ黒なんだから縛り首でいいんだよ!!
操られてるとはいえ、カニシカを実際に刺したんだから!!
最悪だよ。
これからプルの右腕になると言われても完璧無理。
今までも無理だったけどさらに無理。
ないない。
処刑は免れたとしても本当にこれまでの罪を認めてご退場いただきたい…
ダレイオスの手腕はあっぱれだけど、プルがピンチすぎてハラハラするー!!
それにプル、ダレイオスの裏は全部暴いてないし今はまだ形成逆転は無理でしょー
あー、ダスユもパウラヴァも敵に回りそうでヤバい…
唯一の救いはアヌスヤとラチか…
まああの2人も周りから信用されてないからピンチに変わりないけど…

てかプル、ハスティ刺すの止められたでしょーよ…
まあドラマの都合上しょうがないんだけどさ。

第38話

えぇー!!
プールー!!
なんで…なんで…
てかハスティもここまでしてもらっててダレイオスのことなにも言わないとか本当性根がクズだね。
クズ中のクズ。
いや、プリタが言いたいことはわかるよ?
でもそれってプルのせいというより、リプダマンが愛を示さなかったのが悪くない?
ダスユに行ったのはプルのせいだとしてもさ。
そもそもダスユに行かなきゃ行けなくなったのもダスユとシヴダッドのせいだし。
不倫相手の女が悪い!って責める奥さんみたい。
いや、不倫したのは夫よね、と。
夫が愛をかけなかったのがダメよね、と。
プルを大事にするのと同時に自分の子も大事にできたでしょーに。
まあとにかくハスティ、あんたはどうするつもりよ!!
真実話してどっか消えてくれ!!!

第39話

あぁー!!
プル!!
この絶体絶命のピンチをどう切り抜けるというの!?
思った通りのピンチになっちゃったじゃん…
誰が助けられるのよ、プルを…
ハスティのあの嫌味ったらしい笑顔…
もうハスティへの怒りだけはヤバい。
もちろんダレイオスもだけど、あれは完全悪党なので…
本当ハスティは自分のことしか考えてない!!
プル、どうするの!?
このままじゃペルシャに乗っ取られちゃうよ…
そしてここでシーズン2が終わるのではと危惧している…
気になるから放送お願いします!!

第40話

アレクサンドロス、アリダイオスは生かしたのになんで赤子は殺したんだよ…
全然納得いかないけど、なにか策略でもあるの??
王に担がれる可能性があるからアリダイオスなんて真っ先に排除しないといけないのに…

でもってカニシカ。
プルの言う通りだよー
王の座を奪われると思ったなら絶対殺しに掛かるよ、プルは。
本当、カニシカも頭を使わないよねー

『ポロス』を観るには?

2019/12/02時点ではシーズン2はHulu独占配信。
BS日テレも2020年の放送を予定してはいますが、最速はHulu!
1話約30分と非常にテンポよく観ることができるのでおススメです!

2週間無料トライアルもあるので、興味を持った方はどうぞ。↓

スポンサーリンク