働くダラ母

趣味の海外ドラマと時々仕事、家事、育児を綴るダラなワーママブログ。

ポロス 〜古代インド英雄伝~ 第31話〜第35話 ネタバレ感想

プル達は無事逃げ切れるのか!?

その他のネタバレ感想はこちら↓

ネタバレ

簡易的に書いておりますので悪しからず。

プルはファルス達一行とレストランにいたペルシャ人を倒す。
そこへバムニ王に成果を上げるまでご飯を食べるなと言われて怒りに震えるカニシカ王子がやってくる。
プルはアヌスヤ王女を連れてラチと逃げ出し、カニシカ達を巻くものの追ってくるカニシカをシヴダッドだと認識したアヌスヤは子どもを殺される恐怖から飛び出してしまう。
カニシカ達に気づかれたプル達は再び逃げる。

カニシカは応援を要請し、シヴダッドが向かう。
プルは物を倒してファルス達兵を足止めし、カニシカと相対する。
アヌスヤをバカにしたカニシカを許せないプルは、戦ってカニシカを地面に平伏させる。
シヴダッド達が来たため再び逃げ出したプル。
シヴダッド達はプルを見失う。
シヴダッドの命でパウラヴァ国民は外出を禁じられる。
チンタンやスメルは安全な場所に避難。
プル達に避難場所のメッセージを残す。

一方マケドニアでは戦勝を祝う宴が開かれていた。
そこでフィリッポスは今後の戦で両翼を担うものとしてアレクサンドロス、そしてフィリッポスのもう1人の子どもであるアリダイオスが紹介される。

スメル達の隠れ家に到着したプル達。
スメルはアヌスヤがいることに驚き、女の面倒まで見てる余裕はないと言う。
しかしプルはアヌスヤは女ではなく誰かの母親だと言う。
この先どうすべきかの話になった際、プルは明日ダレイオス王が到着するときの人の多さに乗じて逃げるべきだと言う。
しかしチンタンはもうついていけないと言い逃げようとする。
どこに逃げるのか問うプルに対し、チンタンはどこに行こうが自由だろうと言う。
ラチはチンタンに一緒にいてくれればダイヤモンドをあげると言い、チンタンを説得しにかかる。
一方怪我をしたカニシカを見てバムニ王はそのダスユは何者だと問う。
カニシカはプルだと答え、バムニ王はプルの血を流してやると怒りを露わにする。
バムニ王はカニシカに食事を勧めるが、怒りでお腹が空いていないと言うカニシカ。
バムニ王達は明日のダレイオス王が来るタイミングでプル達も脱出を試みることを予測する。

スポンサーリンク

チンタンはダイヤモンドをもらうものの、過去のシヴダッドに対する侮辱へのバムニ王の仕打ちについて語り、やはり命が惜しいと言ってダイヤモンドを返す。
そしてチンタンは外に出て行き、兵士の前に進みでる。
残された面々は今後どうすべきかわからなくなる。
そんな時ラチとアヌスヤがプルが導いてくれると言う。
そしてアヌスヤは私も一緒に連れて行って欲しいと願う。
しかしプルは家族が悲しむから連れて行けないと断る。
アヌスヤに家族の存在とアヌスヤの名前を問うがアヌスヤはどちらも答えられない。
アヌスヤが連れて行って欲しいと懇願するため、ラチは承諾する。

マケドニア王国ではアリダイオスが腕相撲をして強さを証明していく。
オリュンピアスはアレクサンドロスの祝勝会ではなく、アリダイオスのお披露目会だと不満を漏らす。
アレクサンドロスはアリダイオスを味方につけると言うが、オリュンピアスは敵にしかならないと言う。
そしてアリダイオスに腕相撲の勝負を挑むアレクサンドロス
アリダイオスが優勢に見えたが、アレクサンドロスは力を出し切っておらず、その戦況を一気に覆して勝利する。

チンタンはバムニ王の元に行き、ダスユの隠れ家を見つけたと申し出る。
しかしバムニ王はチンタンが長らくダスユと繋がっていたことを知っており、チンタンが嘘をついていると見抜く。
チンタンは命乞いし、隠れ家を教えると言うが、バムニ王は手助けなど不要でダスユを一網打尽にできると言ってチンタンの首を絞める。
アヌスヤは置いていかれるのが不安で眠れない。
そんなアヌスヤに置いていかないと言い、膝枕をしてあげるプル。
安心したアヌスヤは眠りに落ちる。
プルは子のない母と母のない子存在のお互いが近い存在だと感じ、アヌスヤをダスユに連れて行きたいと言う。
しかしラチはアヌスヤの子どもが探してるだろうから正しくないのではないかと言い、アヌスヤを置いて出発することにする。
その頃ダレイオスはインドを自分の支配下に置くべくバムニ王に罠を仕掛けようとしていた。

BS日テレでもポロスは観れる!
スポンサーリンク

感想

第31話

アヌスヤ、幻覚を見たね…
やっぱりあの子どもを殺されるトラウマはキツイよなー…
というか今さら気づいたんだけど、プルって名前はプルショータムから来てるのね。
リプダマン、ちゃんと2人がつけた名前をそのままつけたんだ…
アヌスヤがプルの名前を聞いて反応してたからもうそろそろ…まあこのままダスユにうまく戻れれば気づけるね。

第32話

カニシカ屈辱だねー
ボコボコにやられちゃって…
これはプル捕まったら命はないぞ…

そしてオリュンピアスがフィリッポスに負けじと男の人達に囲まれてたのと、フィリッポスに愛人がいたことにお怒り気味だったけど、結局フィリッポスが気になるのよね?
好きかどうかはおいておいて、気になることは間違いない。
意地はって喧嘩する子どもみたいでなんか少しかわいく思ってしまったw

第33話

プルとバムニ王、知恵比べがさすが。
どっちも同じことを考えてるね。
そしてアヌスヤがバムニやダレイオスといった名前に反応しはじめた。
もしかして自分が何者かも忘れてる?
この先逃げられないとアヌスヤがプルの母親であることはわからないから逃げ切れるとは思うんだけど…
展開が気になる。

第34話

チンタン逃げちゃったー…
てか出て行った方がチンタンが殺される率上がらない?
だってそもそもダスユの上陸手伝っちゃったんだから確実に殺されるよね。
プル達と逃げた方が絶対いいのにー
アヌスヤやっぱり自分の名前も忘れてた…
そりゃそうだよねぇ…
じゃなきゃいろいろわかるし行動も変わるはず。
プル、君の母上なんだ…
連れて行ってあげてくれ…

第35話

アヌスヤ置いて行っちゃうの!?
母を探してる息子はすぐ側にいるのに!?
そしてチンタンやっぱりダメじゃーん!
バムニ王全部お見通し。
わかってて理論立てて責めるの怖いわー
まあチンタンアホよね…
一緒に逃げればよかったのに…
残念だけどご愁傷様です…としか言えない…

『ポロス』を観るには?

2019/09/05時点ではHulu独占配信。
BS日テレTVerでも放送が始まりましたが、最速はもちろんHulu!
1話約30分と非常にテンポよく観ることができるのでおススメです!

2週間無料トライアルもあるので、興味を持った方はどうぞ。↓

スポンサーリンク