働くダラ母

趣味の海外ドラマと時々仕事、家事、育児を綴るダラなワーママブログ。

『如懿伝』 第34話 ネタバレ感想

第7皇子大丈夫かな…

『如懿伝』を観るには?

2020/07/25現在、『如懿伝』はユーネクスト独占配信中。(BSなどの地上波は除く)
今回、初めてユーネクストに入りましたが、華流ドラマ好きにはぴったりです!
31日間の無料期間もあるので、ぜひ試してみてください!

また、これから私も観ようと思っていますが、同時期に放送され同じ乾隆帝の時代を描いたドラマに『瓔楽』があります。
こちらも一緒に観るとより楽しめると思います!
こちらもユーネクストで観られます!!

スポンサーリンク

『如懿伝』をさらに楽しむには同じ脚本でその前段のストーリーである『宮廷の諍い女』もぜひ!

ネタバレ含むストーリー

※感想メインのため簡易的に書いておりますがあしからず…

乾隆帝の看病を他の妃嬪には誰にもさせず、皇后が1人で行う。
舒嬪も看病を願い出るが、皇后から断られてしまう。
乾隆帝も全快したところで皇后の懐妊がわかる。
乾隆帝も大喜びするが、皇后の身体が弱っており大事を取る必要が出た。
そのため、如懿が皇后の代わりに祭りなどを取り仕切りおもしろくない皇后。
そんな中、純貴妃が公主を産みまた嘉妃の妊娠もわかる。
皇后はまだ8ヶ月だったが第7皇子を産み、乾隆帝も大喜びする。
第7皇子は永瑢と名付けられ、1ヶ月の祝いを迎えるが、その中でか細い泣き声を上げ妃嬪に心配される。

舒嬪は乾隆帝自ら子宝薬を賜って服用していたが、なかなか授からず皇太后はその薬になにか含まれているのではないかと疑う。

※これまでのネタバレ感想はこちら。

感想

皇后おめでとう…?
なんか心配な皇子だね。
今でも8ヶ月で産むと結構な早産で大変なんだけど…
この時代だとさらに大変では??
私は長男を36週で産んだけど、それでも大変だったから、8ヶ月とか身体がまだしっかり出来上がってないと思うんだよね…
これは危ない兆しでは。
しかもまだ茉心の復讐が出てきてないことからも…
大丈夫だといいけど。
子どもに罪はないからね。
それにしても和敬公主大きくなったね!
妃嬪と言われても全然遜色がないわ。
みんな若くして子どもを産むから、30代でも子どもがこんなに大きくなるんだね!

如懿はなかなか子どもができないけど…
いつかできるのかな?
そして舒嬪が子どもができないのもなぜだ…
乾隆帝、如懿を愛してると言いながら、やっぱり皇后との嫡子が愛おしいと言うのはなんだかなーと思う。
やっぱり嫡子がいいのね…
別に嫡子が継がなくたっていいじゃないか。
乾隆帝だって嫡子じゃないし。

スポンサーリンク